ビューティフル・ボーイ(ネタバレなし)のレビュー・感想・評価

ビューティフル・ボーイ

劇場公開日 2019年4月12日
44件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

作品を彩るあらゆる要素が、光り輝くエモーションを紡ぎ出していく

ドラッグ依存に陥った息子を救おうと全力を尽くす親。その立ち位置そのものには目新しさを感じないし、そこから発展する余地があるのか疑問符さえ浮かぶ。だがこの映画はタイトル通りの透明感と飛翔感によって限界の壁を軽やかに突破していくのだ。

現実の一点を見つめるのみならず、そこに過去の記憶を散りばめたり、時系列を少しずらすことでストーリーに緩急をつける。そして柔らかな肌触りを大切にしながら、暗闇の中の輝きを際立たせる。かくも希望や光を失わずに前に進むことこそ、親子の歩むべき道なのだとということを痛いほど突きつけられる。

カレル&シャラメの演技もさることながら、彼らを包み込む風、木々、光、水、音楽、詩といったものこそ、空気感を成す欠かせない要素だ。その中央にeverythingという言葉があり、すべてを受け入れる愛がある。こんな絶妙なニュアンスを表現し得たベルギー生まれの監督にも賞賛を送りたい。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2019年4月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

親子の“分かり合えなさ”の普遍性

薬物依存の問題を真正面から描く、なかなかにヘビーな映画ではある。依存症に苦しんだ若者の手記と、その父親の手記、それぞれの視点を原作から引き継ぎ1本の脚本にに紡ぎ合わせたのも新味と言えるだろう。だがいかんせん、何らかの依存症に深くはまった人かその身内でもない限り、この話をストレートに自らへ引き寄せて共感することは難しい。でも視点を変えて、親の心子知らずと言うように、家族の相互理解の困難さを扱う作品と考えてはどうだろう。こんなに苦しいのに親に分かってもらえない、愛する家族を助けたいのに思いが通じない…そんな普遍的な体験を象徴する話ととらえるなら、共感できるかも。

もともと気が滅入る筋に、不穏なBGMが流れてさらに心が重くなるが、タイトルになったジョン・レノンの「ビューティフル・ボーイ」が対照的に優しく美しい。だがジョンも家ではDV親父だったという逸話を知ると、この曲も一層複雑に響いてくる。

AuVis
AuVisさん / 2019年4月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

人は個々の空間で生きる孤独な生き物

なぜ、人は覚醒剤にはまるのか?当事者でない限り、否、当事者すら意識していないちょっとした気の緩み、好奇心、自分への甘さから、代償が大きすぎる依存へと堕ちていくプロセスを、ティモシー・シャラメがその筋肉のない、細い身体で演じている。彼の薄い胸と、小さなウエストが主人公の心理と健康状態を如実に表現していて、とても痛々しい。我々の生活の中でも、すぐそこまで迫っている覚醒剤中毒の恐怖が、若手随一の人気俳優の肉体を介して伝わって来る、これは必見の作品だと思う。そして、最愛の息子が別人に変貌していくのを、ただ見守るしかない親の視点で眺めると、何と人は個々の空間で生きる孤独な生き物であるかという厳しい現実が、胸に突き刺さる。名曲の"ビューティフル・ボーイ"がここまで皮肉めいて聞こえるなんて、思ってもみなかった。

MP
MPさん / 2019年4月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

そして彼は今、生きてる

生まれたばかりの弟をおっかなびっくり抱く、小さな息子。愛して、信じて、何があって、こんな事に、、あんなに可愛く、聡明な自慢の息子が。けれど父は真っ正面から向き合う。家族全員が。
何度も信じ、喜び、裏切られ、涙する。それでも捨てきれない。諦めきれない。愛情いっぱいだ。
息子も同じ、愛情いっぱいだ。だから苦しむ。
幼い息子とのふれあいが現実との狭間で繰り返される、あんな幸せがあった事が、今の絶望をより深く映し出す。[everything]言葉では表せない、何物にも敵わない、私の全てなんだよ。お前は。

モナチン
モナチンさん / 2019年5月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

depressing reality

私ならどうするか、どう答えるか、ずっと考えていた。子供の立場なら?親の立場なら? 正解なんてないのが現実で頭じゃないんだろう。それが薬の怖さ。崖っぷち感の危うい演技力はすごい(全員)! 回想が入り乱れ時間がわかりにくかったので、マイナス1⭐️ 兄弟があまり変わってないから数年間なのかな⁈

Meg
Megさん / 2019年5月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人を救うことはできない

ドラッグ依存が主軸だけれど、家族や福祉や死について考えさせられる。

それにしても、アメリカ人のドラッグによる死亡が、こんなにも多いのは驚きだし、遅れて日本もいずれそうなるのか?と危機感を持ってしまう。

親子関係や離婚問題など、ドラッグにはまる背景には様々な要因があるのだろうけれど、安易な快楽には高いツケが回ってくるのだろう。
どんなに家族愛があっても、立ち直るには本人の意志がないと。
そういうことを家族が受け入れる時間も必要なんだな。

ティモシー・シャラメが堕ちていく青年を好演してる〜今後の作品も楽しみな俳優さん♡

ミツバチば~や
ミツバチば~やさん / 2019年5月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

疲弊

85.延々と探し続ける見えない出口。編集と音楽に救われた

movie
movieさん / 2019年4月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

怖い

やっぱ麻薬は怖いですね。辞めた積りでも何かのきっかけですぐに復活して、元の木阿弥だし。

ごっとん
ごっとんさん / 2019年4月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

胸を締め付けられる

何という映画でしょうか。
依存症治療の過酷たるや想像を絶するものでしょう。
患者が言う「ごめんなさい」は、支援者にとっては最早何の価値もない言葉です。彼らは必ずスリップします。しかし彼らは本気で依存症を克服しようとして、心の底から謝っています。しかしそれを妨げるのが依存症です。そこが私の考える最も依存症の恐ろしいところだと思います。

とてもその悲惨さが伝わってくる良作だったと思います。

Rewind That
Rewind Thatさん / 2019年4月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

すべて。

父の、子に対する愛はすごく感じる。
だけど、「すべて」というほどすべてとお互い思っているのか?て思った。父はどこかおまじない、少なくとも、息子はただのお付き合い。継母の方が真剣味を感じたけど。たぶん、どう接していいのかわかんないんだろうなあ。
些細なきっかけでクスリに溺れだしたのは許すにしても、その沼から抜け出せない苦悩がいまいち。時系列を混在させるのも、こっちが入り込めない要素。だいたい、「クスリ浸けのろくでなし」の話を、なぜこんないい話のように描くのか?もっとジメッととした話でしょうに。

栗太郎
栗太郎さん / 2019年4月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ダメ親父

実話とのことだが、あの父親だから、息子がこんな風になったのかなと妙に納得。時系列が分かりづらかった。医者目線で見ると、あんなに不潔だと別な病気になっちゃうよと感じた。

hanataro2
hanataro2さん / 2019年4月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私には痛いほど伝わった

新聞の映画紹介で知り、是非と思ったが、レビューのコメントの評価が余りに低く、どっち?と思いつつやはり観に来ました。観てよかった。
息子の気持ち、わかるよ。この父のダメ親ぶりも。深い所でいつも噛み合わない。でもいつも息子が合わせてる、父に。優しくて繊細な息子、疲れてる、父に。父、息子を愛していると思ってる、但し条件付きで。トロフィー・ワイフという言葉がありますが、トロフィー・サンですね。息子、気が付いてる、でも無意識で。段々と理性と心と身体が一致しなくなる。壊れそう。現実逃避せざるを得ない。父、言語化して、説明して、という。ライターだから、言葉で理解したい。世間も気になる。息子だって、自分の気持ちを言葉で言えたら、どんなに楽だろうか。できないから苦しい。生きてるだけでなぜだか寂しくて、死ぬほど苦しい。わかって欲しい。愛して欲しい、無条件で。時々出てくるお母さん、生みのママと、父のパートナーとしての女性。二人共良い人だ。愛のある人たち。でも距離がある、物理的にも、心の距離も。無防備で飛び込むにはちょっとだけ遠すぎて。何とか辛うじて、絶望と死との境界をフラフラ歩く。最後、やっとパパに無防備にすがった。やっと言えた「助けて」。父、トンチンカンだから「もう助けられないよ」。最後の頼みの綱、だったのに。でも父、アタマで考えてるから、もう悩みすぎて、息子がオオカミ少年のように思えて、ほんとにわけわからん状態。新しい妻、小さい子供達のパパでもあるから。ビューティフル・ボーイだった息子は愛せてもジャンキーの息子は...切り捨ててしまいたい、父の心も壊れそう。可哀想に。でもひょっとして、1ミリだけこの時、自分の中の欺瞞に気付いたかもしれませんね。わかりません。生みのママがこの元夫に「アナタ頑張ったよね。わかる。でも私あきらめない。」って。よかった、ここに命綱がありました。みんな総力戦で、やっと。
どこまでもどこまでもすれ違う。そしてまだ現在進行形。実話。こういう家族はたくさんいる。親に「なる」のは簡単じゃないよ。自戒を込めて。

xmasrose3105
xmasrose3105さん / 2019年4月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

ビューティフル・ボーイ

不思議なぐらい人は大麻やその他ドラックにはまってしまう人がいつの時代もいると云うこと。その背景を描く映画や本は無数にあるがなくなることは間違いなくないと人達は思っていると思う。私も無くなることは難しいと思っているが、この映画では息子さんが抜けれなくなる、実際に家族がドラッグにハマったらツライとは思う。だが私ならダーウィン論的な考えで向き合うと思います。やはりこの手の映画は必見だろう。

G・・HT3
G・・HT3さん / 2019年4月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ホモシャブ地獄

親父音楽中毒、おかんキャリアウーマンで離婚。
そら薬はまりまっせ親が病んでるし。
アメリカ映画でシャブ扱ってるのはじめて見た。
50歳以下の死亡原因オーバードーズ。
日本もそうなります。

ooioo777
ooioo777さん / 2019年4月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

財務力のない家庭だったら、ストーリーは変わっていた筈

この映画では、父親が著名な音楽ライターであり映像を観る限りかなり財務力があり、元妻も同様に描かれていた。しかしあそこまでお金のある親がどれだけいるのだろうか?映画であるので、そこは綺麗に纏められているが実際には多くの同様のケースではこのような収束には向かわないのではないか?この映画の製作者達は、現実への問題提起をしたと思いたい。もし、ティモシー・シャラメの今までとは違う姿を出したかっただけであるのであれば、私の感想は全く違ったものになる。しかし、ティモシー・シャラメの熱演は流石であった。矢張り、若手俳優のトップの一人であることには違いない。

NOBU
NOBUさん / 2019年4月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

死すら受け入れるのが愛

家族の温かな愛で薬物から立ち直る話…ではなかった。意外にも。

誰も人を救うことはできない。全ての言葉を尽くしても語れないくらい愛していても。そんな残酷な現実を描く。本人がそれを選んだのなら、その死すらも受け入れ、幸せを願うしかできることはない。ニックは現在、「8年やめている」に過ぎず、ハッピーエンドは来ない。

バリキャリのキツめの女性のあとに自由な雰囲気のアーティストと再婚するのわかりやすい。部屋の趣味合わないしなんでもともと結婚してたんだろ。

幸福な家族が欺瞞に見えるお年ごろあるよね。世界の美しさと自分の醜さが不釣り合いな気がするんだ。

hyvaayota26
hyvaayota26さん / 2019年4月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

編集がずるいw 何度か涙目になった 盛り上げといてMAXまでいかず...

編集がずるいw 何度か涙目になった

盛り上げといてMAXまでいかずに下げる展開が何度かあった。
そろそろ終わるかと思いきや、もうちょっと続く展開も2,3度あった。

ティモシーシャラメはあんまり好きじゃない(ただの嫉妬)けどなかなか良かった。
スティーブカレルもめちゃくちゃ良かった。40歳の童貞男の時と比べてだいぶ深みが増してかっこよかった。

コーヒー
コーヒーさん / 2019年4月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

依存性の現実

依存性から立ち直る息子と父の愛の感動ストーリーと思ってましたが違いました
かと言ってつまらなかったわけではありません
いくら本人が強く思っていても依存性から立ち直るのは全然簡単な事ではなく、周りの愛とサポートが必要で、でもそれでもまた手を出してしまう、改めて感じました
なぜこの息子が薬物に手を出したかもはっきりわからなく、だからこそ誰でも簡単に依存性になってしまうのかもしれないと思いました
親なら子供への愛は限りなくあるもの、そうだとは思いますが、それでも疲れて自分には救う事は無理だと思ってしまう、それがとてもリアルに感じました
感動ストーリーに仕上げてないからこそ実話なんだと思います

小町
小町さん / 2019年4月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現実を突きつけられる

アメリカの50歳以下の死因で最も多いものは「薬物の過剰摂取」だそうだ。それほど薬物が蔓延している国での、この実話。
おそらくきっかけもなんとなくだったのだろう。何の気なしに始めたのだろう。父親に大麻を差し出すシーンからして明らかに薬物が身近なものであるという国の事情もあるのだろう。
しかし、そこは沼だ。ティモシー・シャラメ演じるニックの瞳には光がなく、力がなく、そして何より自分がなぜこうなったのか説明できない。薬物依存における原因追及など意味がないと思ってしまった。個人の資質に帰することも無意味だ。おそらく誰にでも等しく依存のリスクは存在するのだ。
どれだけ息子を愛していても、沼に疲れ果ててしまう家族もリアルだ。スティーヴ・カレルの父親は理想の父親像ではあり、ある意味身体を張ってまでも息子を救おうとするが、次第に疲れ、迷う。そういう意味で変に美化せず、現実を突きつけた映画だったように思う。
薬物依存の主人公をダメ人間と断罪することもできるが、とにかく救わねば、という意識ができればよいし、そういう努力をしている人びとに捧げられた映画でもある。
スティーヴ・カレルは変幻自在だと思っているけれど、今回の父親役は暖かかった。強いわけではないけれど、”Everything.”ということばに文字通り全てがこもっていた。
ティモシー・シャラメはその美しさをある種逆手に取ったともいえる崩壊ぶりがリアルだった。立ち直っては崩れを繰り返すその姿が痛々しく、目を背けたくなる程だったが、それほど彼の演技は真に迫っていたということだろう。

andhyphen
andhyphenさん / 2019年4月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

面白くない

感動物語っぽく作ろうとしてるけど、映画を見る限り原因は父親だよね。他人が自分の思い通りに動くと思っていて、そうならないと感情もコントロールせず怒声をあげる。愛してるとか言いながら誰より先に諦めたり。あと言いたいことがいまいち分からないのは父親と息子の二人の本をベースにしちゃってるから?それもうまい人が作ればうまく演出するのかもだけどこの監督はダメだなー。2時間が倍に感じました。

三毛猫泣太郎
三毛猫泣太郎さん / 2019年4月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

44件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報