読まれなかった小説

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
読まれなかった小説
読まれなかった小説
16%
48%
20%
11%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「雪の轍」で第67回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したトルコの巨匠ヌリ・ビルゲ・ジェイランが、1冊の本をめぐって繰り広げられる父と息子の軋轢と邂逅を、膨大なセリフと美しい映像で描いたヒューマンドラマ。知人の父子の物語に魅了されたジェイラン監督が、自身の人生も反映させながら完成させた。作家志望の青年シナンは、大学を卒業してトロイ遺跡近くの故郷へ戻り、処女小説を出版しようとするが誰からも相手にされない。シナンの父イドリスは引退間際の教師で、競馬好きなイドリスとシナンは関係が上手くいかずにいた。父と同じ教師になって平凡な人生を送ることに疑問を抱きながらも、教員試験を受けるシナン。父子の気持ちは交わらぬように見えたが、誰も読まなかったシナンの小説が2人の心を繋いでいく。2018年・第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

2018年製作/189分/G/トルコ・フランス・ドイツ・ブルガリア・マケドニア・ボスニア・スウェーデン・カタール合作
原題:Ahlat Agaci
配給:ビターズ・エンド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2018 Zeyno Film, Memento Films Production, RFF International, 2006 Production, Detail Film,Sisters and Brother Mitevski, FilmiVast, Chimney, NBC Film

映画レビュー

4.0時間をかけて丹念に醸成されていく空気、時間、会話、そして父と子の関係性

2019年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

名匠ヌリ・ビルゲ・ジェイランが紡ぐ映画は、他では真似できない空気感と時の流れに満ちている。長尺の作品だからといって我々観客は変に力む必要はない。むしろ力を抜き、リラックスしてカメラが映し撮る雄大な自然や町のざわめき、人々の営みに少しずつ心をフォーカスしていけば良い。序盤は登場人物のセリフの量に驚かされるかもしれないが、それも慣れてくると心地よさへ変わる。耳を傾けていると彼らが話す内容は普遍的で、とても興味深いことばかりなのだ。

世界の果て、というイメージがある。しかしこの父と息子の物語は、遠い遠いところに住む我々日本人にとっても、極めて身近で、かつ普遍的なものだった。とてつもなく驚かされるエンディングが待ってるわけではないが、ある程度は予想できて、何よりも待ち望まれていたささやかな結末に向けて、この映画はゆっくりと旅を続ける。映画が終わった後、年老いた父と久々にじっくり話がしたくなった。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

4.5レベルのちがう重み

津次郎さん
2020年12月14日
PCから投稿

ヌリビルゲジェイラン監督の作品はレビューがしづらい。
なんていうか、人生の深淵を見つめる感覚が、半端なさ過ぎる。

その目線/洞察力にくらべたら、わたしたちの世界は、なんと甘ったるいものであろうか──と思ってしまい、萎縮してしまう。

ロシアのアンドレイズビャギンツェフ監督もそんな感じがある。
イランのアスガーファルハディ監督の映画もその感じがある。

わたしは牽強付会とは知っているものの、海外映画と日本映画の比較へもっていく文章展開が好きである。

アメリカや韓国などとくらべて、比較的映画が発達していない(と思われている)国々がある。

日本映画もほんとは発達していないが、一般的な日本人の見地から、映画の第三世界と見なされている国がある。多分ふつうの日本人は「トルコの映画、へえ、めずらしい」ということになるはずである。

ところが、じっさいその映画を見ると、日本より、だんぜん精神性が大人である。
その「大人」も、われわれが常用する「大人」より、ずっと「大人」である。
精神性だけでなく、映画もずっとじょうずだ。
それが衝撃や萎縮になる。

なにか一つを見てそう思ってしまうのは、たしかに牽強付会であり過剰一般化でもある。が、わたしたちはいったいどんだけの文明国だっていうのだろう。──という気分になる、わけである。
映画は、それを探究するひとにとっては、とても影響力の高いものだ。

茫漠たる農村がひろがっている。しみったれた田舎である。だけど、カメラは流麗である。テクノロジカルでぐいぐいフォローする。

に加えて、アナトリアでも見た語る長回し。後頭部を超スローでズームしていくだけで、そこに人生が見える。

シナンが大学を卒業して、田舎に戻ってくる。小説みたいなものを書いて、出版しようとしている。かれは田舎で終わりたくないと思っている、類型的なモラトリアムである。

だが映画に類型性はない。モラトリアムな青年だが、その年代の日本人よりも、かれは多種多様なことを考えている。が、社会は手厳しい。辛辣である。

しんらつとはなんだろう。辛辣とは、たとえば夢を追ってがんばっている人にたいして「おまえには才能がないからやめろ」と言うようなこと──を指している。

そんなダイレクトな言及はないが、その辛辣が映画にはある。思えばわたしたちは、なんと優しい世界に生きているのだろう。

こういった映画と日本映画、たとえば「21世紀の女の子」なんかとの併映は、とても考えさせる試みだと思う。大人と子供のちがい。社会や社会システムのちがい。つくづく圧倒させられる映画体験だった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
津次郎

4.0【”若者は旧いモノを拒絶し、前進しようとする。だが、時と共に、身の丈を知るとともに、先人の経験を学ぶ。深いテーマを描いた見応えある作品である。重厚な文学作品を読了した後の満足感に浸れる作品でもある。】

NOBUさん
2020年12月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

知的

幸せ

<Caution 下記、レビューは、可なり、ネタバレしています・・。>

◆大学を卒業したシナン・カラスは、久しぶりに育った街”チャナカレ”の帰郷する。
 そこで、久しぶりに会う人々。
 ある人は”おやじさんに貸した金貨三枚を返すように言ってくれ・・”と言い、
 高校時代、少し気になっていた女性ハティジェは、周囲を気にしながら、煙草を吸い”街を出る”と言い、シナンと別れの口づけをした際に、シナンの唇を噛む・・。
 教師である父イドリスは、競馬にお金をつぎ込み、家に稼ぎを入れていない・・。
 シナンは、教職の試験を受けるが・・、問題が解けず、作家への道を模索する・・。

■大学卒業直後、地元に戻ったシナンの戸惑い。”自分が育った街は、こんなに旧弊で、魅力のない街だったのか・・。”
 そして、父も、且つての誇らしき姿は色褪せ、村人に呆れられながらも、”水の出ない”井戸を掘り、競馬をし、常に金欠・・。

■街の本屋で偶々会った、有名作家であるスレイマンと、シナンの価値観の違いを浮き彫りにさせる会話が、妙に面白い。
 若き、理想主義的な想いを口にするシナンと
 ”君は未だ若い。言っている事は分かるが、甘ったるい・・”
 と言う言葉を返すスレイマン。

■シナンは何とか出版の金を集め、「野生の梨の木」を出版する。母は喜ぶが、作品は売れない。

■兵役から戻ったシナンは、母の元を訪れ、今は離れて暮らす父の元へ赴く。
 父は、彼が書いた、「野生の梨の木」をしっかりと読み込んでいた・・。

 <そして、シナンは”父が掘ることを諦めた”井戸の底に下り、自らの若き頃の過ちを償う”幻影に見ながら・・” 一人井戸を掘るのであった・・。>

■蛇足
 資料を読むと、今作の舞台はトルコ北西部チャナカレである。そう、劇中でも時折触れられる「トロイの木馬」や「ガリポリの戦い」で有名な地方である。
 だが、今は、トルコ国内でも、領域的には、”田舎”である。時は移ろうのである・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

3.5父と息子

2020年12月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

大学を卒業した息子はトルコの田舎にある実家に帰ってくる。
母親と妹、そして父親との再会だった。
父親は教師だが、競馬で身を持ち崩しており、息子は家族に迷惑をかける父を許せなかった。
就職先を探しながら、書き上げた小説の出版を画策していた。
長い映画だが、所々にギョッとするカットが現れ、緊張してしまう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る