劇場公開日 2019年11月29日

読まれなかった小説のレビュー・感想・評価

3.413
14%
52%
20%
11%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全11件を表示

4.0時間をかけて丹念に醸成されていく空気、時間、会話、そして父と子の関係性

2019年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

名匠ヌリ・ビルゲ・ジェイランが紡ぐ映画は、他では真似できない空気感と時の流れに満ちている。長尺の作品だからといって我々観客は変に力む必要はない。むしろ力を抜き、リラックスしてカメラが映し撮る雄大な自然や町のざわめき、人々の営みに少しずつ心をフォーカスしていけば良い。序盤は登場人物のセリフの量に驚かされるかもしれないが、それも慣れてくると心地よさへ変わる。耳を傾けていると彼らが話す内容は普遍的で、とても興味深いことばかりなのだ。

世界の果て、というイメージがある。しかしこの父と息子の物語は、遠い遠いところに住む我々日本人にとっても、極めて身近で、かつ普遍的なものだった。とてつもなく驚かされるエンディングが待ってるわけではないが、ある程度は予想できて、何よりも待ち望まれていたささやかな結末に向けて、この映画はゆっくりと旅を続ける。映画が終わった後、年老いた父と久々にじっくり話がしたくなった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら

1.5言葉遊びに終始した超低予算映画!

2019年12月16日
スマートフォンから投稿

とにかくダラダラ映画。
新橋のサラリーマンの居酒屋トークや、新宿ゴールデン街で役者の卵が演劇論を戦わせているのと全く同じ構図に終始した3時間余り。
単なる言葉遊びに付き合わされるだけ。

座席の周囲には居眠りする人生の先輩お年寄り多数で、いびきの音もちらほら。
このような映画に耐えることが、人生修行の場だと解脱させる狙いと思い知りました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Ethan HUNT

3.5人生はつらい

2019年12月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 大学を卒業したばかりの主人公シナンは、まだ若くて一貫性がない。若者らしく既存の価値観を否定するのはいいのだが、その一方で父親を非難する拠り所は既存の価値観だ。
 人間は元々整合性に欠ける存在である。理想を言えば言うほど、そしてその理想が高ければ高いほど、整合性は損なわれる。理想と現実が一致することは決してあり得ず、ふたつの乖離はひとりの人間の存在に現れる。
 主人公はそこのところが理解できておらず、父親を非難し、母親を傷つける。職業作家のスレイマンが主人公の矛盾を鋭く指摘すると、今度は相手の人格攻撃をはじめる。更にそれを指摘されると、そんなつもりではないと誤魔化す。
 実に感情移入しにくい主人公であり、観客として戸惑うところである。シナンが議論を吹きかける相手は世代的に上の人間たちだ。大学を出ても恵まれない自分の身の上から、社会に対して敵愾心を持つのである。中島みゆきの「世情」という歌を思い出した。歌詞に次の一節がある。

シュプレヒコールの波通り過ぎてゆく
変わらない夢を流れに求めて
時の流れを止めて変わらない夢を
見たがる者たちと闘うため

 中島みゆきらしく不思議にわかりにくい歌詞だが、保守と革新のせめぎ合いの中に人間の哀れな本質を嘆いている歌詞だと思う。つまり世の中の支配層は自分たちの支配が続いて不自由のない生活が続くことを願い、被支配層は世の中が変わって貧しい生活から脱却出来ることを願う。そのために支配層である権力者と闘うのだ。生活の維持向上を願っている点はどちらも同じである。
 富の公平な分配は凡そ実現困難で、たとえ共産主義の国になろうとも、分配を司る者と分配を受ける者たちとの間で否応なしに格差が生まれる。それはロシアを見ても中国を見ても明らかだ。そして権力者による公平な分配は安定と画一を生み、社会を停滞させる。格差はダイナミズムであり、社会や文明が発展する力になる。人間は本質的に格差が好きなのだ。中国経済は富の分配を縮小した途端に飛躍的に成長した。
 格差は否応なしに存在する。スポーツに熱狂する人は格差を愛する人である。スポーツに限らず、優劣を決めるのは格の違いを決めることだ。勝負の世界に平等はない。
 格差をなくして自由平等な世界を作ろうとするシュプレヒコールの波は、必ず壁に突き当たって挫折する。格差を認めて自分だけ上の方に這い上がろうとするのが人間の悲しい性であるからだ。格差を乗り越えて巨万の富を得る者が出現することがあり、アメリカン・ドリームと呼ばれる。日本語で言えば単なる成金だ。

 本作品はトルコ経済の厳しい現状の中で、人々が何を悩み、何を求めているのかを切実に描き出す。就職の狭き門、無為で無益な兵役、朝食の小遣いにも不自由する年配者、ギャンブルにしか楽しみを見いだせない文化度の低い社会、そしてイスラム教。
 政治にも宗教にも救われない苦しい生活の中で、それでも人々は日々の生活に小さな喜びを見出しながら生きていく。井戸を掘って水が出れば農家が楽になるという父の夢は、冷めた息子にどのように映っていたのか。

 延々と会話の続く作品だが、登場人物それぞれに知識や考え方が偏っている上に学者のようなニュートラルな議論ができないから、会話に未来はない。でこぼこ道に水たまりが残るような、そんな会話ばかりだ。それは主人公の自省の欠如に由来する。その傲岸不遜な性格はさておき、主人公の言葉の端々には家族に対する思いやりや優しさ、感謝の気持ちが微かに感じられる。特にラストシーンだ。そのあたりが本作品の救いだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
耶馬英彦

3.0寝不足注意

2019年12月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

3時間の映画でしたが、哲学的?或は宗教的?な会話シーンでは、はっきり言って思考が飛んでました。また寝落ちする典型的な映画であることも付け加えておきます。
しかしながら、テーマは一貫しており、また、世俗的なシーンもちゃんとあるので見られないことはないです。まぁ、好みが分れるところではありますが(比喩的なシーンもあるので)、この映画を見届けたならば、もう上映は終わってしまったところもあると思いますけど「サタンタンゴ」も寝落ちせずに見られることでしょう。ついでに言うと「アイリッシュマン」も「象は静かに座っている」も、ひるむことなし・・・?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オクやん

4.0最初はヤナオヤジだけど

かんさん
2019年12月11日
Androidアプリから投稿

だんだん好感が持てるようになりラストの親子の会話はとてもよかったです。
3時間と長い作品でしたが、長いと感じませんでした。
いい作品だと思います。
ラストシーンいいですね!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かん

3.0前半に少し落ちる(-_-)zzz 息子が親父をなじり続ける3時間(...

2019年12月8日
iPhoneアプリから投稿

前半に少し落ちる(-_-)zzz

息子が親父をなじり続ける3時間(苦笑)

名作『雪の轍』の監督だけあって、物凄い量の台詞の洪水が観客を襲う(´-`)
『雪の轍』の台詞の数も凄かったが。今回は中盤での男3人で語り合う、コーランの定義や、神・宗教論。それ以外にも人間の尊厳だったり、テクノロジー等に対しての議論が…まあ〜〜〜〜〜長〜〜〜〜い!その台詞の量が、また半端ないくらいに凄かった。

作品中には何度となく【死】を予感させる《夢》を、息子と父親はそれぞれ見る。
それが〝何〟を表現しているのか?ひょっとしたら神からの何らかの〝暗示や示唆〟を表しているのか?
ラストシーンは、「それでも一歩すつ進んで行く」との考え方なのだろうか?
正直な話。この辺りのちょっとした宗教的な考え方等が、我々日本人にはちょっと難しい。ここを理解出来たならば、もっと作品を楽しめるのだろうけど…。

ただ親父よ! そんな昼寝すな〜(`・ω・´)
死んだと思ったぞ!

2019年12月6日 ヒューマントラスト有楽町/シアター2

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン

4.0 ポスターとトルコ作品(正解には8ヵ国合作)の 2点に惹かれ...

2019年12月2日
Androidアプリから投稿


ポスターとトルコ作品(正解には8ヵ国合作)の
2点に惹かれ公開を楽しみにしていた
ヌリ・ビルゲ・ジェイランの監督作品。

この監督さんの名前も作品も知らなくて
アマゾンプライムに過去作の2作品が
あったので予習を兼ねて観ようと思ったら
「雪の轍」2時間30分
「昔々、アナトリアで」3時間16分
と長尺作品で時間が取れず断念。 
「雪の轍」は第67回カンヌ国際映画祭
パルムドール受賞作品。

そして本作も3時間9分の長尺
先週の金曜日に仕事帰りに観たんですが
ちょっと落ちましたw😪
決してつまらないわけでは無くて
先週はハードワーク&寝不足でお疲れモード全開だったせいです😆

ただ、この作品は幾つかのエピソードを
積み重ねた感じの作りで、ちょっとの寝落ちでもストーリーに置いていかれることが無かったので助かりました😔

大きな変化があるわけでもなく、
かといって淡白とは言いがたく、
時折現実かわからなくなるような、
けれど妄想とはちょっと違う、
そんなシーンが差し込まれつつ
青年シナンと家族を巡るストーリー。
青年シナンの若さ故なのか生まれ持っての性格なのか、青年シナンも独特だけど
展開も独特。
特に、青年シナンと作家が出逢うシーンでのセリフの応酬が凄くて字幕を追うのが
やっとなほどなんだけれどぐっど引き込まれるシーン。
このシーンに挟まれるショットがまたまた独特なカメラワークでとても印象的。
登場する人物も感情豊かで魅力的なんだ
けれど、トルコ北西部の田舎町の季節の
移り変わりや港町の波止場に打ちつける波しぶきや時折流れるバッハの音楽が
なんとも言えない雰囲気
「マンチェスター・バイザー・シー」で
流れたアルビノーニのアダージョを
思い出した
邦題はこの作品のテーマとは
ちょっと違うんじゃないかと思うけど
様々な要素をとても丁寧に積み重ねた
内容で元気な時にもう一度観たい作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ワイルドとみまる

1.5君にはわからんな。君が若いからだ。

栗太郎さん
2019年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

自分の書いた小説を出版しようと奔走する青年は、地元の著名な作家をつかまえて問答を仕掛け、我が意と添わなければ口元を歪めながら悪態をついて鼻で笑う。

ねえ、こんな不遜な若造の話を聞いてやろうと思うかい?

作家は、随分我慢した。青年の青臭い野心をへし折ることはせずに、言い分を聞いてやった。最後に怒れる気分をぶちまけてみたものの、理屈っぽい青年のために時間を割いてやった。

ねえ、それだけで十分誠意を見せてくれたと思えないか?

その小説がどれほどのものなのかは知らない。ただ、家族同様、僕がもし一冊を手渡された(金を出して読みたいと思えない)としても、おそらくテーブルのガタつきを抑えることくらいしか使い道がない。
落ちぶれたみじめな老父と、高みを目指しもがく息子。よくある構図だ。父は、人には理解できないことに固執し、息子は、そんな父にはなるまいと距離をとる。だけど、これって鏡だよね。父の若かりし頃と。そして、息子のこの先と。

「この世は美しいものだらけ」
「犬が吠えても商隊は進む」
「すべて近くに見えて遠い」
「時間は不思議ね、いつの間にか過ぎる」
「建築家は設計図は書くが、レンガの積み方まで支持しない」・・・
名言は、ここぞという時に語るから心にしみる。こうも洪水のように畳みかけられては、ありがたみがない。
最後の青年の行動は、父を思いやった行動などではなく、結局この青年も気づかぬうちにこの父のあとを歩くのだなあ、という冷めた感慨しか浮かばなかった。もし、それこそがこの映画の意図なのだとしたら、僕はこういい返す。
「それが言いたいにしたって、長げえよ!」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
栗太郎

1.0顕示欲

Bacchusさん
2019年12月1日
Androidアプリから投稿

単純

難しい

大学を卒業し帰郷した青年が「野生の梨の木」という学生時代に書いた小説を出版しようと奔走すると共に、周囲の人達と討論を繰り返す会話劇。

ギャンブル狂いで借金まみれの小学校教諭の父親と反りが合わないという設定で、母親との会話では父親のことを悪く言うところもみられるが、それ程不仲には感じられず。不満があるのは確かだろうけど。

教職がどうとか兵役がどうとかいうストーリーもあるけれど、父親、母親、作家に牧師に実業家等々と様々な場面で様々な人達と思想を語り議論をぶつけ合うことに終始するばかり。

殆ど物語らしいものはなく、頭でっかちで持論が全てというような若い主人公の人物像と、彼が一方的に親父を煙たがってる様な印象を3時間近くみせられた印象。

最後に一応救いというか、変化というかあるけれど、その後のぶっ込みいりますか?
起きた後のリアクションが物足りないし、どうせならそれが真実でも良かった様な気もする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
Bacchus

4.5井戸のなか

ワンコさん
2019年11月30日
iPhoneアプリから投稿

最近、父の七回忌を済ませた。
なかなか、共通の価値観を見出せず、二人には軋轢も多かったような気がする。
お互いの、心ない言葉で傷付けあったこともあるが、それも、もう思い出だ。
ただ、今は位牌に向かって、母が病気になったりしないように見ててくれ…、みたいな勝手なお願いを相変わらずしている。

そして、最近、母に若干認知症の初期症状が出ている。
あまり、母親といろいろ話したことなどなかったので、その権威の先生のいる病院の行き帰り、車で片道1時間以上かかるのだが、車のなかで二人きりの助手席の母に色んな質問をしている。

最近の記憶はまだらのところもあるのだが、幼い時のことなど、鮮明に覚えていて、驚かされる。

ジェームズ・ディーンが好きで、特にジャイアンツが好きだったことは前に何度か聞いたことがあったが、戦前にミッション系の幼稚園に通っていたことなど初めて聞いた。
アカシアの綺麗な小径があったことや、その近くに、今、国の有形文化財に指定されている建物があったこと、夜遅くまで働く父親(僕の祖父)にお弁当をよく届けに行ったことなど、キラキラした思い出のように話すのだ。

戦争や戦後の大変だったことを聞いたことはないが、出来れば、何か聞く時は、楽しかった思い出に誘導しようと思う。

この間は、幼稚園で、「パパ様、〇〇」といつも唱えていたと言っていたが、運転中で聞き取れなかった。

因みに、祖母は禅宗のお寺の娘で、今で言う短大のようなところで教えていたことがあって、差別を嫌うリベラルな人だったが、戦前に母をそんなミッション系の幼稚園に通わせていたことは知らなかった。

僕は、
井戸に水は出ないように思う。

井戸を掘ることは、実は、小説を書くことと同じではないか。
そして、水が出なかったことも、小説が売れなかったことも同じではないのか。

でも、井戸には、何か、あの父子の思い出や、売れなかった小説の苦い記憶が、そして小説にも同様なキラキラものがあるように思える。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 6 件)
ワンコ

5.0短編を集めた長編映画だと思う。

ku-chanさん
2019年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

この映画を見始めた時、すぐ、これは私の好きなタイプの映画だと感じた。この映画は主人公シナンが大学を卒業して故郷の田舎に帰ってくるところから始まる。バスから降りた途端、宝石屋の店主が、『お父さんが金を借りているので返してほしい』とシナンに声を掛ける。父親ドリスは地方の教員だが、シナンの母親に言わせると言葉のいいまわしに優れていて、それが魅力で惚れたと。賭け事で身上を潰してしまい、電気も止められてしまっているが、ドリスがいかに文才があるか息子シナンに証明する。
シナンは父親に似て、文才があるからきっと『Ahlat Ağacı』という私小説のような文学作品が書けたにちがいないが。。シナンのまわりのなかで、彼の父親だけが、シナンの作品を読んだなんて、父親を尊敬していないシナンが兵役を終わって戻ってきて再会した時初めてわかった。このシーンでこの二人の気持ちが通じ合っているのがよくわかる。文才のある二人の会話は文学的で、母親が言うようにドリスの言葉の使い方が粋だ(字幕で見ているのが残念)。長い間いがみ合って親子関係に摩擦があった二人が初めて落ち着いて自分たちをさらけ出していく。
シナンはカミュやガルシア・マルケスの肖像画のある本屋で地元の作家に偶然に会って、話しかけ心に秘めていた質問をし自分の作品『Ahlat Ağacı』読んで欲しいというが断られる。私にとって、この会話が深く高尚すぎて理解できないところがあったので、もう一度見てみたい。この二人の会話はかなり深く詳細で会話の質が高いのでここだけでも短編小説になれるようだ。

全体的に、シナンと母親との会話や、シナンと父親との会話、シナンと作家の会話、シナンと友達同士の会話(アラーの有無)それぞれの会話が気高く考え抜いた内容の物語になっているから、それぞれを独立させてもいいようにも思うが、このようにバラエテーがあり熟思された会話を聴くと、これらのシナンの取り巻きの人々がシナンを文学青年に育てた環境だと思う。この映画の脚本家と話してみたい。

最後にこの題の『Ahlat Ağacı』The Wild Pear Tree の意味を考えてみると、父親の言葉で、朝ごはんに食べてみたら美味しかったといっている。ゴツゴツした見かけに良くない野生の梨の木だがなる実はおいしいという意味は父親ドリスと息子シナンの関係のように、お互いにわかりあえないことも多い関係だが、二人の関係にはきっと実を結んだ時、味がある関係になる(なった)ということだとおもう。

それに、トルコの教職員免許取得の受験地獄、モスリムの国であるがこれからの宗教、純文学、私小説の軽視で商戦やコマーシャルになれる流行文学重視。これらの問題点も監督のヌーリ ジェイラン監督は投げかけていると思う。深くて思案に思案を重ねた作品だと思う。

私にとっては鑑賞後も気になっている映画なんです。昨夜も頭のなかで、シナンが父親ドリスの家の前に一緒に座ってはなしていることを考えてみました。ジェイラン監督の作品を何作かみたことがあるんですが、全ての作品は私好みなんです。彼が主役になっている映画もあったかと思います。人間関係を深く密接に描く映画は自分自身の人間関係と照らし合わして考えられるので、文化背景が異なっても普遍性があるので好きです。
私の経験からなんですが、中東映画の良さは詩歌、宗教など私にとってまだ未知で歴史の深さを感じさせるだけでなく、人の心を読んだり雰囲気で感じるより、文章や会話が長く、言いたいことを明確にして主張するという点が素晴らしいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ku-chan
「読まれなかった小説」の作品トップへ