トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム
ホーム > 作品情報 > 映画「トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム」
メニュー

トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム

解説

「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」のジェフ・ワドロウが監督・脚本を手がけ、究極の殺人ゲームに参加した人々の運命を描いたシチュエーションスリラー。若者たちが軽い気持ちで始めた「Truth or Dare」ゲーム。そのルールは、「指定された人がTruth(真実)かDare(挑戦)か選び、Truthの場合は正直に質問に回答、Dareの場合は言われた通りに行動する」という単純なものだった。しかしふとしたことから、ゲーム中に“嘘”または挑戦を“拒絶”した者は死ぬという呪いのゲームに転じてしまう。出演はテレビドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」のルーシー・ヘイル、テレビドラマ「ティーン・ウルフ」のタイラー・ポージー。

作品データ

原題 Truth or Dare
製作年 2018年
製作国 アメリカ
上映時間 100分

映画レビュー

平均評価
2.2 2.2 (全3件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi