追想

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
追想
7%
57%
29%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「つぐない」「Jの悲劇」などの映画化作品でも知られるブッカー賞受賞作家イアン・マキューアンの小説「初夜」を、シアーシャ・ローナン主演で映画化した異色のラブストーリー。1960年代のイギリスを舞台に、海辺のホテルで新婚初夜を迎えた若い夫婦の心の機微を描いた。62年夏、結婚式を終えた歴史学者を目指すエドワードと若きバイオリニストのフローレンスは新婚旅行で、ドーセット州のチェジル・ビーチを訪れていた。ビーチ近くのホテルの部屋で食事をする新婚の2人は、初夜の興奮や歓喜、そして不安とさまざまな感情に襲われる。会話が緊迫してしまい、空気が気まずくなり、2人は口論を始めてしまう。ホテルを飛び出してしまったフローレンスをエドワードは追いかけるが……。「つぐない」でアカデミー賞にノミネートされ、同作が出世作となったローナンが、フローレンス役を演じた。監督はドラマ「嘆きの王冠 ホロウ・クラウン」など手がけ、本作が初の長編映画監督作となるドミニク・クック。

2018年製作/110分/G/イギリス
原題:On Chesil Beach
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)British Broadcasting Corporation / Number 9 Films (Chesil) Limited 2017

映画レビュー

3.5砂利の砂浜はとても歩きにくくて。。。

2018年8月10日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

新婚初夜。かつて、映画ではコミカルに描かれることが多かった一夜の一瞬。でも、ベッドの上で起きた少しのすれ違いが、新郎新婦の人生を決定的に決裂させることだって、確かにある。一昔前、"成田離婚"なんて世知辛い流行語もあったし。本作は、そんな軽く見られがちな小さな悲劇がなぜ起きたか、そして、それが若い男女になぜ後戻りを許さなかったかを、長短交えた時間の経過を駆使して追い続ける。そう、スルーされがちなテーマを真剣に、破綻なく描くことで、少々大仰に言えばタブーに挑戦しているのだ。まずは、原作者と監督の勇気を称えたい。新婚旅行の舞台はイギリスのドーバー海峡沿岸にある世界遺産、チェジルビーチ。遠目には日本の"天橋立"に似た美しい砂浜は、しかし、小さな砂利に足を取られてとても歩きにくい。そこをそぞろ歩く2人が危なっかしくて、その後の彼らの運命を予感させる。風景と物語のマッチングにも注目したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
清藤秀人

4.0大人の顔でも魅せるシアーシャ。肌荒れが残念…

2018年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

悲しい

シアーシャがブレイクした「つぐない」と同様、イアン・マキューアンの小説が原作。ロマンチックな雰囲気をほのめかす映画邦題に対し、小説の邦題はズバリ「初夜」。英国もまだ保守的な時代、互いに初体験となる男女の焦り、もどかしさがほとんどギャグの域に達していて思わず笑ってしまう。

「レディ・バード」に続き、シアーシャは最近の出演作で初体験に縁がある。天才子役と呼ばれていたけれど、今や24歳。着実にキャリアを積んで、大人の女性をしっとりと演じられる年頃になったということか。「レディ・バード」は高校生役で、ニキビ跡を敢えて隠さずに役作りしたことが話題になったが、本作でもアップになると顔の肌荒れが目立ってしまうのが残念。

取り返しのつかない失敗と、それが人生に与える深刻な影響という点では「つぐない」に近いが、戦争の時代にからめ壮大に展開する前作に比べると、こちらはやや小粒な印象。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
高森 郁哉

4.0彼もまた20世紀の少年だったのだな・・・おあずけ!

kossyさん
2020年2月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy

4.0フローレンスがエドワードを怖がる原因は なんだろうか?

きりんさん
2019年12月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

フローレンスは父親の前では萎縮している。

父親の、テニスコートでのあの「大声」での叱責を見て思いました
― 父親の家庭内での暴力的・抑圧的な子育てが、じつは相当に娘フローレンスのPTSD になっているのではないかなぁと。

エドワードのことがあんなに好きであってもね、後付けの恋愛感情のめっきが早晩剥がされてしまうほどの幼少期からの体験、すなわち父性への恐怖感と“男性性”への反射的な拒絶です。
(もちろんフローレンス自身の元々のパーソナリティーもあるのでしょうが)。
そのことは
ホテルでの二人の「初喧嘩」やベッドインに焦るエドワードの「大声」へのフローレンスの過敏な反応を見れば、彼女の家庭内での源体験が想像できてきます。

対して、
エドワードの実家のお父さんは、息子の連れて来たこの優しいガールフレンドを心底喜び「結婚しろ」と短く言ってくれた。この父と子は心優しき娘の登場に感極まってむせび泣いていたではありませんか。
ああ、平凡でもよいから二人には相性良く結婚して 幸せになって欲しかったなぁ・・

それにしても、
男と女。別個の存在が共棲を始めるのは難しい。輸血や臓器移植同様、ものすごく簡単ではない事なのだと改めて思いました。
(牧師さんがフローレンスの異変を心配していましたが、専門のカウンセラーがこの二人には必要だった。間に立ってくれる信頼できる第三者がいなかった)。

人間は複雑です。
同居という“臓器移植”様の拒絶反応を如何にして抑え、自覚してポジティブに克服し、あるいは笑って上手にスルーする技術を得られるか。これは結婚生活の継続の鍵ですよ。生育歴の足かせと呪縛から自由にならなければ。

バーブラ・ストライザンドの「追憶」のオマージュでしょうか。今作も、なぜ?なぜ?と呟きながら悲しい別れに泣かせてもらいました。

エドワードとフローレンスの結婚は6時間。
(いきなりの自分語りですが)僕の結婚は20年でした。めっきの下に隠された地金に克つ事は、夫と妻にとって、お互いまったく容易ではありませんわ。

皆さんのご健闘とお幸せを祈ります。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
きりん
すべての映画レビューを見る(全49件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る