追想のレビュー・感想・評価

メニュー

追想

劇場公開日 2018年8月10日
40件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

砂利の砂浜はとても歩きにくくて。。。

新婚初夜。かつて、映画ではコミカルに描かれることが多かった一夜の一瞬。でも、ベッドの上で起きた少しのすれ違いが、新郎新婦の人生を決定的に決裂させることだって、確かにある。一昔前、"成田離婚"なんて世知辛い流行語もあったし。本作は、そんな軽く見られがちな小さな悲劇がなぜ起きたか、そして、それが若い男女になぜ後戻りを許さなかったかを、長短交えた時間の経過を駆使して追い続ける。そう、スルーされがちなテーマを真剣に、破綻なく描くことで、少々大仰に言えばタブーに挑戦しているのだ。まずは、原作者と監督の勇気を称えたい。新婚旅行の舞台はイギリスのドーバー海峡沿岸にある世界遺産、チェジルビーチ。遠目には日本の"天橋立"に似た美しい砂浜は、しかし、小さな砂利に足を取られてとても歩きにくい。そこをそぞろ歩く2人が危なっかしくて、その後の彼らの運命を予感させる。風景と物語のマッチングにも注目したい。

MP
MPさん / 2018年8月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

大人の顔でも魅せるシアーシャ。肌荒れが残念…

シアーシャがブレイクした「つぐない」と同様、イアン・マキューアンの小説が原作。ロマンチックな雰囲気をほのめかす映画邦題に対し、小説の邦題はズバリ「初夜」。英国もまだ保守的な時代、互いに初体験となる男女の焦り、もどかしさがほとんどギャグの域に達していて思わず笑ってしまう。

「レディ・バード」に続き、シアーシャは最近の出演作で初体験に縁がある。天才子役と呼ばれていたけれど、今や24歳。着実にキャリアを積んで、大人の女性をしっとりと演じられる年頃になったということか。「レディ・バード」は高校生役で、ニキビ跡を敢えて隠さずに役作りしたことが話題になったが、本作でもアップになると顔の肌荒れが目立ってしまうのが残念。

取り返しのつかない失敗と、それが人生に与える深刻な影響という点では「つぐない」に近いが、戦争の時代にからめ壮大に展開する前作に比べると、こちらはやや小粒な印象。

AuVis
AuVisさん / 2018年7月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

真面目が過ぎて

1960年代前半、脳の障害で病んだ母親を長男として守りながら勉学に励む彼と、まだ保守的な家庭の中でプロのバイオリニストを真剣に夢見ている彼女が出逢い、お互い誠実に貞操を守った2人の新婚初夜というより新婚午後?ちょっとしたギクシャクから離婚になってしまう。結果だけを見るとそれで終わりだけど、本当に愛し合っていた2人を丁寧に描く。
そんなに急いで結論を出さなくても…と見ている側は思うが、愛する相手にだからこそ理想の自分でありたい、ということだろう。
10年後、45年後の2人に泣ける。

ミーノ
ミーノさん / 2018年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛する人への思いやり

それが完全に裏目に出てしまう。
愛を込めて話すことの難しさ、自分を抑えることと許すことのバランス、自分の感情に向き合うことの難しさを感じた映画だった。

1975年、2007年はもういいかなとも思った。

Momoko
Momokoさん / 2018年10月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 単純 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フローレンスには理由があったのでは? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

私は、初夜(と言うには明るすぎたが、白夜?)のモヤモヤベッドシーンの間の回想に答えがあったように観ました。

小さい女の子が大人の男とボートに乗ってて、ロープを巻く作業の指示を受けてる。大人の男はフローレンスと言ってたから、シアーシャとだれか。

その後神父(か牧師)に婚約してるのにあまり乗り気でないけど何?と、聞かれるけどフローレンスは答えない。でも、明らかに何かある。母にはいえない。

小さい女の子が、遠目から大人の男に見られつつ、身を縮めて嫌そうにベッドに横たわってる。

フローレンス父は、テニスをしている父とエドワードをしばらくの間見ていたフローレンスを異様に怒る。

フローレンスは、ふとももにかかったエドワードの精液をみてパニックになった。

これらの事から、父から精神的かつ性的な虐待を受けており、性行為まではいかなかったかもだけど、精液をかけられたことがあるのでは?
そのことを何をされていたかも分からず、ただ怖い事として秘めていて、セックス関係のことと関連していることはちょっと気づいてて、エドワードとの行為で父にされていたことに類することが夫婦のセックスだとわかってしまったのではないか、と観ましたが、どうなんでしょうか?

フローレンスがその後どうやってそのトラウマを克服したのかはわかりません。もしかしたら子供たちは養子かもしれません。
結婚(再婚?)したチェロの人はもしかしたらゲイかもしれません(エドワードとの浜辺での口論で同性愛者がどうのってゆってたし?って思ってるけど、あれは同性愛者同士のような社交用夫婦ではどう?というフローレンスの提案の例えなだけかも)。

いや、私の解釈ですがね、その可能性あるんちゃう?って思いました。

何にせよ、フローレンスもエドワードも互いを愛していたとは思いますが、いかんせん若かった。
それは無知であり、自信のなさであり、それが相手をよく観察して慮ることを遠ざけたのですね。
後は1962年の宗教観と貞操観念が結構影響してますわな。
21世紀は大概婚前交渉してるし、例え結婚までお預けでももっと性の知識あるからねぇ。

初夜のうちに決裂で終わるんかと思いましたが、1975年、2007年まで時が流れてびっくりしました。そんな壮大になるんやというギャップ萌えでした。
そして老けメイクが本格的で凄かったです。

前半のうまくいかないと初夜が、コント?と思って笑ってしまいましたが、フローレンスの過去に思いが巡り、エドワード聞いたげてよちゃんととか、フローレンスもわかるでしょ?じゃなくて具体的に告白しなさいよとかって焦れてました。
みすすめていくに連れ、ハマる映画でした。

シアーシャは幅のある役者でますます素敵です。
レディバードと中の人同じとは信じられへん。
エドワード役の彼は、ドーナルグリーソンとエディレッドメインを足して二で割ったみたいな雰囲気でした。

どうでもいいけど印象に残ったこと。
フローレンスはパンティはかずに浜辺にいきましたよね。気になって気になって…
エドワードがフローレンスの水色ドレスの肩部分を腕側にずらして脱がそうとしてるのが、いや、絶対無理やで?って思った。
フローレンスの回想の時のワンピースたちがどれも可愛かった。

だいず
だいずさん / 2018年10月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生における大事な出来事の意味が解るのは「そのとき」ではない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

シアーシャ・ローナンの初体験シーンを観るのは、これで3度目だわ(「ブルックリン」「レディ・バード」)。
これぞ女優。
ほんとうの人生においては1度しかないことを、女優は何度も演じる。
しかし、まあ、これだけ立て続けに主演映画が封切られるとは、どれだけ仕事してるのか。
いま、売れっ子であることは間違いないけど、彼女に合った“いい仕事”を選んでるなあ、と思う。

さて。
チェジルビーチの長い浜を、2人の男女が歩くシーンから本作は始まる。原題は On Chesil Beach。
男はエドワード。少し粗野だが歴史好きな青年。女はフローレンス。クラシック音楽を学んでいて、いつかホールで演奏するのが夢だ。
2人は恋に落ち、ついに結婚。
ところが新婚旅行先での初夜の些細な行き違いから、別れてしまう。結婚期間は6時間。
ときは1962年。ネットもAVもない時代。世の中はまだまだ保守的。
こういうトラブルってあったんだろう。

ベッドの後、フローレンスはホテルを飛び出してしまう。エドワードは追うがチェジルビーチの浜辺で口論となり、別離。長い浜の上、対角線上に2人が離れていくショットが印象的。浜は、そのまま人生を象徴している。長い長い浜を、それから2人は別々に歩く。

若さゆえの不寛容。
ほんの小さなことから、人生の重大事を喪う物語。
だが、そうと解るのは、若者たちがもう少し年を重ねてからだ。

後日譚が印象的。
男の経営するレコードショップに小さな女の子が訪ねてくる。
ふとした会話から、その子はフローレンスの娘だと分かり、そして、フローレンスがエドワードを忘れていないことが分かる。

ラスト。
夢だったホールのステージに立つフローレンス。あれから45年が経ち、彼女にはもう孫までいる。そのステージを見るエドワード。
その後、2人は逢うのか?
映画は、そこまでは描かない。
余韻を残すエンディングである。

音楽はクラシックばかりかと思っていたら、舞台はロックが花開く60年代イギリスで、時代を映す選曲も楽しめる。

しろくま
しろくまさん / 2018年9月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エレ片コント太郎ツッコミハイライト@Sep.23 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作未読。しかし所謂、“童貞あるある”みたいな内容なのだが、テーマとしては『覆水盆に返らず』といったところなのだろうか。
ただ、大変風光明媚なセシルビーチのロケーション、時間軸の長さ、それによる歴史の変遷みたいなものが背景に埋め込まれていて、美しく、叙情的に、そしてメランコリックに描いている作品である。まぁ、結局は主人公の男の儚い自分史なのだが・・・。
でも、自分としては同じ男としての目線として大変共感を覚える、というか断然肩入れしてしまうのである。
構成としては結婚初日の短い時間の間に、それまでの新郎新婦のそれぞれの生い立ちや馴初め、愛の育みがカットバックのように差し込む編集である。これ自体の編集方法はそれ程ストレスを感じない。しかし、二人とも初体験だったことから、その幸せへのアプローチがはっきりとUターンへと切り返してくる。その大事なところのきっかけである、女の過去の父親との舟の中での出来事が、しっかり描かれず、そのモヤモヤ感が、ずーっと引き摺ってしまうのである。原作もそうなのか、それとも映画オリジナルなのかは不明だが、ここをはっきりしてくれなければ、この男のこれからの人生に対しての思い入れが変わってしまうのだ。勿論、その後、女は子供を3人も設けることになるので、その潔癖症は克服されたことは容易に想像が出来、だからこそ、あの時、最後に折角女が手を差し伸べたのに、男はそれを意地で切り離してしまうことなどせずに・・・なんていう思いがもっと重層的な感情で彩ることができるのにと思うのだが。ここが有耶無耶だと、単に男の間抜けさばかり強調されてしまう。父親に自慰の手伝いをさせられたとかの原因による、PTSDとかならば、愛情と奉仕のバランスが取れない若い男ならではの青臭い懐かしさが、ラスト前の“C列9番“のシートへと誘う流れになるのだと思うのだが・・・
それと、結局、男は歴史学者には成れなかったこと、中古レコード店で働くことの運命が、すっかりカットされてしまっている点が腑に落ちない。そこまでロックにのめりこんでいたのかに説得感が感じられなかった。いくらBGMが、Tレックスやチャックベリーだったとしてもそれはあくまでも時間軸を表現する小道具の域を出ないから。
ま、色々文句は付けたけど、しかし総じて今作品の文学的な作りは大変興味を持って鑑賞できた。最後の男の涙ながらの拍手は、余りにも悲しく寂しく、そしてだらしなく、可哀想な印象を鮮明に観客に植え付け、そして決してハッピーエンドではない、胸を締め付ける辛さをもたらしてくれた。鑑賞後の心の機微を揺らし続ける今作品のレベルの高さに拍手である。

いぱねま
いぱねまさん / 2018年9月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今では考えられない無垢さ

現代は性に対してオープンになって、こんなことがあるとは考えられないが、この気持ちは理解できる。
時代が変わっても、根本的な感情、愛情は不変であることを認識した。
ラストに静かな感動。
シアーシャさんの美しさに◎。

morihide
morihideさん / 2018年9月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わかる人にはわかる事ですが

経験の無い人には神秘的に見えて、映画に仕立て上げ、よくわからない人が見て、喜んで、良い映画でしたとゆうこともあるわけです。しかし、このように、作る人はもちろん、見る人のほとんどが何も全然分からずに、見当はずれなことを考え、感想を垂れるのです。このような場合、偶然が重なり結婚に至るわけですが、当人同士は互いの相性の悪さは薄々感じているわけです。どちらかが堪忍袋が切れた時に、気持ちの温度差があるので、驚く事もあるわけですが、時間が経てば腑に落ちることになるわけです。でも、当人は、周りに対するときは、心当たりが無いように振る舞いがちなのです。それを、周りは、そのまま受け入れるのです。それ以外では、元々結婚に向かない、共同生活が難しい人が、愛する人に出逢い結婚しようとなるのですが、やはりうまくいかないので、それがいつ現れるかとゆうことです。そのような場合は、既に、始まる前に破綻していたので、わけのわからないことがきつかけになるので、周りには、相手を含めて、混乱するのです。作る方も、見る方もすこしは、考えた方がいいでしょう。

アサシン
アサシンさん / 2018年9月16日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

合いませんでした…

申し訳ないけど、まったく面白がるポイントが分からなかった…

ぱんちょ
ぱんちょさん / 2018年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

☆☆☆☆ 文句を言いたい事が沢山有るんだよ! でもなあ〜…。 でも...

☆☆☆☆

文句を言いたい事が沢山有るんだよ!

でもなあ〜…。

でもなあ〜…。

泣かせんじゃねえよこのやろ〜(つД`)ノ

2018年8月20日 TOHOシネマズ/シャンテシネ3

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2018年8月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

可愛い洋服着てた

話しの内容は、誰しもが言わない事を映像にしちゃった感あり。主人公が綺麗すぎて、素敵すぎる。ブルーのワンピース良いなぁ👗

ミヤミヤミヤ
ミヤミヤミヤさん / 2018年8月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

無垢であることの悲劇…だけで終わらない感動が

何故に結婚式当日に別れなければいけなかったのか、その理由が知りたくて観た。

初夜での実に些細な掛け違い、しかし無垢な彼らには切実な問題だったのですね。残念な悲しい別れだった。

そこで終わりかと思いきや、彼の目線で描かれるその後に無茶感動した。特に別れから10年余り経った70年代半ば、彼が働くレコード店でのエピソードは秀逸だ。

シアーシャ・ローナンの清楚な魅力、映像美、そして音楽好きもニンマリする選曲なども特筆すべきでしょう。お勧めできる秀作です。

まっくん a.k.a. エロくそチキン
まっくん a.k.a. エロくそチキンさん / 2018年8月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

もどかしくてもどかしくて、画面から受ける様々なぎこちなさ。これほど...

もどかしくてもどかしくて、画面から受ける様々なぎこちなさ。これほどまでに若さのバランスの悪さを悩ましく感じた事があっただろうか?
まっすぐ誠実で芯が強く相手を思い、少しの隙間さえ許さない、もどかしくも凛と美しいその様。
大人の寛容さズルさで回避するくらいなら貫く強さもいい、そんな風に感じながらも、たまらなく切なくなった。
余韻に浸ったエンドロール、今日は短く感じたな。

Chiharu
Chiharuさん / 2018年8月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

曇った浜辺が好きなひとへ

初夜の失敗をきっかけに、これまで積み重ねてきた不満や不安は2人を巻き込んで一気に崩れていく。

浜辺で口論するシーンで、ずっと波の音が聴こえているのが良かった。この臨場感を味わえたので映画館で観た甲斐がある。
曇った浜辺が好きなので、このシーンはとても良かった。

口論の場面の一部のみ、ストーリーのラストにもってきたところはうまい!と思った。あれがなければわたしの中でフローレンスはヒステリック女のイメージで終わっていたと思う。
結局恋人(夫婦)の別れにおいて、どちらかだけに原因があるなんてことはないのだ。

mimi
mimiさん / 2018年8月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2018-86

ラスト。
観客が一体となって、心震えてると思った。

途中まで、これ撮りようによったらコメディやん、とか
恋に恋してる時期ねハイハイ、とか思ってました、ごめんなさい。
ちゃんとラブストーリーでした。

ホテルから逃げ出すまで結構かかるので、そんな風に思ってしまったのですが、そっからの展開が。
ちょっとベタなので想像は出来てしまったんですが、それでも心が震えました。
こういう瞬間があるから、大作じゃなくても映画館で観たほうが絶対いいと思うんです。

ラストまで見て思ったのは、シアーシャちゃんは、メリル・ストリープみたいになってほしいな。多分なると思うけど。
エドワード役の俳優さんも、途中までなんとも思わなかったのですが、ラストで心、かっさらわれました。

ピュアじゃないので、前半は斜に構えて観てたんですが、最後は心洗われました。
恋愛って……いや、人生ってほんとタイミングだな。その時の経験値、考え方、性格、運、そういうのって、ほんとすぐ変わるもん。
だからこそ、この人って人に巡り会えたら、奇跡やと思う。

かいり
かいりさん / 2018年8月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ん~どうなんでしょう?

それらしく描かれていますが、映画にするようなネタではない気がしました。
単純に若い二人がウブすぎて、こじれた話です。
フローレンスの男性恐怖症の原因も描かれていますし、会話が足りなかっただけでしょう。
レディ・バードのその後の話しのようにも見えました。

イギリス:ドーセット州のチェジル・ビーチはココ!
GoogleMAPでこの数値で検索
50.627378, -2.559378

赤囲碁
赤囲碁さん / 2018年8月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

小説のように切ない

とても美しい人の物語を観せて貰いました。
懐かしく、永遠に続くような、しかし過去の感傷的な時間が表現されていて、本当に素晴らしいです。
配役、演技も素晴らしい。

ヴィアンカ
ヴィアンカさん / 2018年8月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

岸のカーブ

116本目。
2人の距離感、初々しさが面白く最後どうなるかと思ってたら、すごい落差。
一気に涙腺が・・・。
ちょっと予想してなかったな。
ちょっとした事、いやでも初めてだからね。
やり直しできないからね。
大人になれば分かる、ってセリフがね大人には本当便利な言葉。

ひで
ひでさん / 2018年8月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

題名はオリジナルの「初夜」で良かったのでは?

彼の行動に?な部分が消化できませんでした。何故優の成績取れたからって街へ自慢しに行くのかが。
で、彼は自分の知らない階級に暮らす女性と会い、彼女は自分の知らない家庭・階級を見て…お互いが惹かれあったと思ってたのね。でも本心は違ってた。彼は家族の面倒をみてくれる彼女だから、彼女は「結婚」がしたかったのでは?結婚してる私が欲しかった。だから悩んでいくんですよね?
6時間だけの結婚生活、なるべくしてなった結果。

成田離婚なんて言葉が昔ありました。
これ新婚旅行から帰ってきたら離婚ですが、最近は成田迄行かずにも多いようですね。
一時の感情で流されてはダメ、時には白紙に戻してやり直すことも必要と伝えてる作品なのかも知れません。

saramaro
saramaroさん / 2018年8月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

40件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報