母という名の女
ホーム > 作品情報 > 映画「母という名の女」
メニュー

母という名の女

劇場公開日

解説

「父の秘密」「或る終焉」のメキシコ人監督ミシェル・フランコが母と娘の確執を題材に描き、第70回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞したミステリー。メキシコのリゾート地バジャルタの海沿いの家に2人きりで暮らす姉妹。17歳の妹バレリアは同じ年の少年の子どもを妊娠しており、姉クララは離れて暮らす母アブリルを電話で呼び寄せる。アブリルは献身的に娘の世話をし、母に不信感を抱いていたバレリアも徐々に心を許していく。やがて無事に女の子が生まれカレンと名付けられるが、カレンの世話をするうちにアブリルの中に独占欲が芽生えてしまう。カレンを自分の管理下に置こうとしてバレリアとの関係が悪化する中、アブリルは自身の深い欲望をついに実行に移す。主演は「ジュリエッタ」のエマ・スアレス。

作品データ

原題 Las hijas de Abril
製作年 2017年
製作国 メキシコ
配給 彩プロ
上映時間 103分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

受賞
ある視点部門
ある視点部門 審査員賞 ミシェル・フランコ
出品
ある視点部門
出品作品 ミシェル・フランコ

映画評論

“母もの”のイメージを衝撃的に覆す、2018年上半期屈指の戦慄映画
母という名の女の映画評論・批評

海辺の一軒家で姉とふたり暮らしをしている17歳の少女バレリアが妊娠した。しかし初めての出産は不安がいっぱいで、同じ年の頼りなげな恋人は定職にさえ就いていない。そこに長らく疎遠だった母親がタイミングよく帰ってきて、救いの手を差しのべる。...母という名の女の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全12件)
  • 何かがおかしい、で始まる予測不能のドラマ 何かがおかしい。自宅の寝室で昼間から快感を貪り合う若い男女の声。ことが終わると裸のままキッチンに歩み出てくる少女。それをたた呆然と眺めている彼女の姉妹とも、使用人とも取れる女性の無表情。それらが... ...続きを読む

    MP MPさん  2018年6月20日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • ちょっと怖いね、このママは ぶっ飛びますこのママ、ちょっといませんね、自分の親に感謝します。同じDNAが、やはり娘にも脈々と流れてました。 ...続きを読む

    びわ湖のこーちゃん びわ湖のこーちゃんさん  2018年7月12日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 母も母、娘も娘 ネタバレ! エゴが皮かぶって生きているような、母でした。 その母に結構してやられながら、反撃にでる娘も中々でした。 お姉さんのことが心配?になりました。 ...続きを読む

    Momoko Momokoさん  2018年7月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

或る終焉
或る終焉 (字幕版)
  • Powered by Amazon

DVD・ブルーレイ

ジュリエッタ[DVD] ジュリエッタ[Blu-ray/ブルーレイ]
ジュリエッタ[DVD] ジュリエッタ[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2017年6月2日 最安価格: ¥3,234 発売日:2017年6月2日 最安価格: ¥3,553
Powered by 価格.com

他のユーザーは「母という名の女」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi