劇場公開日 2018年6月16日

  • 予告編を見る

母という名の女のレビュー・感想・評価

3.618
11%
62%
24%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全18件を表示

4.5何かがおかしい、で始まる予測不能のドラマ

2018年6月20日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

何かがおかしい。自宅の寝室で昼間から快感を貪り合う若い男女の声。ことが終わると裸のままキッチンに歩み出てくる少女。それをたた呆然と眺めている彼女の姉妹とも、使用人とも取れる女性の無表情。それらが何を意味するかは、やがて、彼女たちの前に現れる"母親"の信じがたい行動と、やがて訪れる意外な結末を目の当たりにする時、観客は思い知るのだ。人は自分の欲望にのみ忠実に生きるとどうなるか?という、舞台となるメキシコに限らず、地球上に暮らす人間すべてに有効な教訓を。説明を極力排したミシェル・フランコ監督の演出は、サスペンスから社会派へ、さらにアイロニックな人間ドラマへと、映画を次々変身させていく。その予測不能な展開の面白さは、もしかして上半期随一かも知れない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
清藤秀人

3.5【エロティックすぎる母親が、娘から奪おうとしたもの二つ。この母の行為を、17歳の娘を自立させるためと観るか、自分の欲望を果たすだけと観るかで、評価は変わる作品。】

NOBUさん
2021年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

難しい

ー メキシコのリゾートエリア、バジャルタの海辺に建つ瀟洒な家。そこには、二人姉妹、クララと17歳のバレリアが暮らしている。
 バレリアは同年の少年マテオとの間に子供を身籠っている。そして、カレンを出産。
 だが、若い二人には、子育ては危なっかしくって・・・。
 そこに、長年音信不通だった、美しき母アブリル(エマ・スアレス)が、クララからの連絡により、突然現れ、家族を混乱に陥れていく・・。
 ー

<Caution !内容に触れています>

■アブリルが行った事。
 ・マテオを誘惑し、カレンと共に、メキシコシティの新居へ逃避行。
 ー アブリルは、娘から一気に大切な二つを奪う。男から見ると、ノコノコついて行くマテオは、親の資格なしだなあ・・。ー

 ・カレンを誰にも相談せずに”養子縁組に出してしまう。
 ー が、それはアブリルがカレンを手にれるための、画策。

 ・バジャルタの海辺に建つ瀟洒な家を勝手に売りに出してしまう。

 ・カレンを”我が子の様に溺愛”するも、全てが露見した際に、レストランに勝手において来てしまう。

<アブリルの行動理由が、巧く表現されていない分、観る側はイロイロと推測できる。
 ・クララに母として、独り立ちしろ!という意味での行動。けれど、それにしては、自分勝手すぎる。
 ・ラストのクララが男から見ても情けないマテオを空港に残し、独りタクシーで去る姿には、納得である。

 ミシェル・フランコ監督は、これまでにもモラルが破綻したフツーの人々を、冷徹な目で描いて来た。この作品では、”母性”とは何かを観る側に問いかけてきたのであろうか?
 様々な解釈が出来る作品である。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

3.5最早、ホラー映画。母、最高に気持ち悪かった、、

rrringo0さん
2020年9月18日
iPhoneアプリから投稿

最早、ホラー映画。母、最高に気持ち悪かった、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
rrringo0

4.0母が奪い取ろうとしたのは子ども?

2020年2月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
filmpelonpa

4.0「子育て」を女の武器にする恐さ

maruさん
2019年4月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
maru

4.0欲望のままに

隣組さん
2018年10月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

欲望のままに生きる女の予測不能な衝撃行動に釘付けになる。監督お得意の尾行シーンにもゾクゾク。繰り返される悪事を不快な気持ちにならずに鑑賞できる見事な作品。ラストショットも素晴らしい。
2018-209

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
隣組

4.0これは何という身勝手な母親!

2018年9月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

まさに驚愕の行動。欲するものをすべて獲ようとする母親に迷いはない。

母娘の関係をも一蹴する、まさに常識を逸脱してしまった罪深い作品だ。しかし、こういった善悪の彼岸を描くのも映画としての正しい在り方だろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
エロくそチキン

2.5ちょっと怖いね、このママは

2018年7月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ぶっ飛びますこのママ、ちょっといませんね、自分の親に感謝します。同じDNAが、やはり娘にも脈々と流れてました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
びわ湖のこーちゃん

4.0母も母、娘も娘

Momokoさん
2018年7月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Momoko

3.5母怖し。

2018年7月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

難しい

孫を娘から奪い、旦那まで寝取り、さらに娘の旦那との子供まで欲しがる。ある意味おばさんなのに、そこまで自信あるのすごいかも。歳を重ねることを全く否定的にしてない。
.
最後の終わり方は、あれでよかったと思ってる。だってあのまま旦那とより戻してたら男だけいい思いしてるだけだもん(笑)
.
旦那は子供にも会えるし、美人な奥様にめちゃくちゃ可愛がってもらってたわけで(笑)お前だけいい思いするのは認めんぞ。
.
なんだかんだ1番不幸なのってお姉ちゃんだよね、妹は母性をだんだん身につけてきて最後成長したけど、お姉ちゃんって結局やせられなかったし、これからも母親に束縛され続けるんだろうな。
.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せつこん

4.5居心地の悪さが堪らない

KinAさん
2018年7月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
KinA

4.0まさか

ミカさん
2018年6月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ

3.5繰り返される女の悲劇

2018年6月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

 人間の女は動物の雌とどう違うのか。鑑賞後にそんな疑念が浮かんでくる作品だった。雌ライオンは子供を産んで育てるが、群れを守っている雄ライオンが他の雄ライオンに負けて追い払われることがある。新参者の雄ライオンは、雌が育てている子供を食い殺してしまう。すると、雌ライオンはどうするか。
 ご存知の方も結構いると思うが、雌ライオンは子供が殺されると、発情するのである。そして新しい雄ライオンと交尾し、再び出産する。ライオンにとって種の保存は遺伝子レベルの本能なのだ。

 さて本作品の登場人物である母と娘たちはライオンではなく人間だ。必ずしも種の保存本能に支配されている訳ではない。むしろ自分の幸福追求に余念がなく、子供や孫は生活を充実させてくれる玩具のようだ。オキシトシンの分泌を活発にして幸福感を増してくれる。
 映画はまるで子供がオモチャの取り合いをするようなストーリーで、間にいる男マテオは17歳で経済力も発言力もなく翻弄されるばかり。17歳の娘も年齢的に無力である。一方母親アブリルは自立していてお金を稼ぐ方法を心得ている。男をものにしたあとも娘たちに非情な追い討ちをかける。何故そんなことをするのか。
 マテオとアブリルの会話で「17歳でバレリアを産んだ」という台詞がある。バレリアは17歳だからアブリルはまだ34歳の女盛りだ。この17年間に彼女に何が起きたのかは語られないが、一度だけ登場する元夫の冷徹な様子からすれば、何度も修羅場があったに違いない。アブリルは凄絶な人生で、他人を信用することをやめ、ひとりで生き抜く力と非情さを身につけたのだ。
 姉のクララは従順で大人しいが、子供を産んだ妹のバレリアは行動的で決断力もある。奇しくも母が自分を産んだ年齢でバレリアも娘を産む。バレリアが母と同じような人生を歩むであろうことは想像に難くない。この作品の恐ろしさは実にそのあたりにある。バレリアは次のアブリルであり、娘カレンは次のバレリアなのである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
耶馬英彦

2.0欲望

Bacchusさん
2018年6月17日
Androidアプリから投稿

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Bacchus

4.0衝撃のOP

FMovさん
2018年6月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:試写会
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
FMov

4.0母親の行動

cpegさん
2018年6月13日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

監督の過去作「父の秘密」「或る終焉」に続き、不気味でドロドロとした人間関係、BGM無し、動きの少ない撮影(今作は割と動いてた)な、映画。本作の親子、兄弟関係もなかなか複雑。母親の突然表れ、自分の目標に向けてコントロール、手際よくサクサクと娘の退路を断っていく様が恐ろしい。そして目的は何なのか。娘は散々やりたいようにやられ、ようやく反撃に立ち上がるのはかなり後半、なかなかうまくいかないのも面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
cpeg

4.0なぜ母は不可解な行動をするのか

とえさん
2018年6月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

女の恐ろしさにグイグイと引き込まれてしまう面白さだった

昨年のカンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞

17歳の少女バレリアは、妊娠中でもうすぐ出産という時期を迎え、姉のクララと同居している
クララは、バレリアとは仲の悪い母アブリルを家に呼び寄せる

アブリルが予想外に優しくしてくれたため、バレリアはアブリルを受け入れ、無事に生まれた娘カレンの世話をアブリルに任せる
初めは、それでうまくいっていた彼女たちの関係だが、やがて母が思わぬ行動に出る…

その母の恐るべき行動をサスペンスタッチで描き、その不可解な行動に思わず見入ってしまった

そこで考える
なぜ、母はそんな理解しがたい行動をしたのかと

その根元には、前夫との関係があるのではと思った
前夫とは、バレリアの父であり、バレリアには、憎っくき前夫の血が流れている
その憎しみのはけ口がバレリアに向いたとしたら、アブリルの行動が理解できる

けれど、そのままでは終わらないところにこの映画の良さがある

そこにあるのは希望だ

アブリルと父の関係を観て育ったバレリアは、アブリルとは違う母と娘の関係を築こうとしている
そんな彼女を思わず応援したくなってしまう映画だった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とえ

5.0母という名のメス

shironさん
2018年6月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

竹内久美子先生の動物行動学によると、メスには「良い遺伝子を残す!」という本能があるようです。
ただ、良い遺伝子は競争率が高い。
秀でたオスの遺伝子をゲットする為に自分を磨き、
今よりも良い遺伝子が得られるとなると、浮気はもちろん、古いオスや子供を捨てるのなんて平気です。
そして、良い遺伝子さえ貰ってしまえば、オスは用無し。
子供を産んで育てる為に役立つならまだしも、イザという時に守ってくれる強さもなく、日々の糧を調達してこられないようなオスとは一緒にいるだけ足手まとい。
せめてカマキリのオスぐらいには役立ってほしいところ。
ああ、恐ろしい恐ろしい。

なので、“女性らしさ”や“母性本能”などという幻の固定概念を植え付けて、婚姻制度なんてもので縛り付けていないと、女は何をしでかすかわからない。
現代社会で、女性の活躍や自立が遅々として進まないのは、実は女がドライでエゲツない生き物だという事を男性諸君が学んだ末の自己防衛な気もします。

本作で描かれる、まだまだ女として現役気分の母親は、
娘が生んだ赤ちゃんを抱き、圧倒的な生命力に触れたことによって、自分のメスとしての終わりが近いことを感じ取ったように思いました。

本能が加速していく様は過激に見えるかもしれませんが、メスとしてしごく真っ当な行動。ラストを含め。

ただ、人間は社会性のある生き物として頑張っているので、本能全開で生きるのはハタ迷惑に他ならないのですが。σ^_^;

しかし、社会通念から解放されると、女はこんなにも自由に生きられるのか!

そして娘も、母という名の女(メス)になった。

追記:一番出来るメスは、従順なオスとの子供の間に、良い遺伝子の浮気相手との子供を混ぜて、一緒に育てさせるらしいですよ(*´꒳`*)

あと、ミシェル・フランコ監督の緊張感漂うシーン作りと、観客の興味を引きつける視線の誘導が大好きなのですが、ピントのボケた方へ視線が誘導されたのには驚きました。すげ〜(*⁰▿⁰*)
『或る終焉』同様、本作でも事前に計画がわかる仕様で、無理やり共犯者として引き込まれる刺激には中毒性アリ。私すっかりジャンキーです。(^◇^;)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shiron
「母という名の女」の作品トップへ