死の谷間

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
死の谷間
死の谷間
3%
36%
49%
9%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ロバート・C・オブライエンのSFサスペンス小説「死の影の谷間」を、「スーサイド・スクワッド」「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビー主演で映画化。核戦争により死の灰に覆われた世界。アン・バーデンは放射能汚染を免れた小さな谷で愛犬とともに暮らしている。ある日、彼女は宇宙服のような防護服を着たジョンと遭遇する。ジョンは汚染された滝壺で水浴びをして体調を崩してしまうが、アンの救護によって一命を取り留める。2人は自然な流れで共同生活をスタートさせ、互いの距離を縮めていった。しかし、もう1人の生存者であるケイレブが2人の前に現れたことからその生活は一変していく。主人公のアン・バーデン役をロビー、ジョン役を「それでも夜は明ける」のキウェテル・イジョフォー、ケイレブ役を「スター・トレック」シリーズ、「ワンダーウーマン」のクリス・パインがそれぞれ演じる。監督は「コンプライアンス 服従の心理」のクレイグ・ゾベル。

2015年製作/98分/G/アイスランド・スイス・アメリカ合作
原題:Z for Zachariah
配給:ハーク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • アンチクライスト
  • ブリムストーン
  • ボーグマン
  • トラフィッカー 運び屋の女
  • X 謀略都市
  • ブルー・マインド
  • バニー・ザ・キラー
  • ハンガリー連続殺人鬼
  • ザ・ドア 交差する世界
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2015 Z4Z Film Production UK Ltd. All rights reserved.

映画レビュー

3.5映像が綺麗な映画

asaさん
2021年1月24日
PCから投稿

個人的に好きな作品でしたね
休日に見たい映画

カントリー世紀末なジャンルでどろどろしてないし、最高にカントリー
映像がきれいなカットが多く
良い演出だったなと。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa

2.5タイトルなし

ケイさん
2020年11月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

4.0ずっと1人だった方がよかったのかな・・・

2020年8月23日
スマートフォンから投稿

悲しい

怖い

難しい

他の映画のレビューでもよく書くんですが、1人で静かに生活をしてる描写が好きなので前半の方が好きかも(笑) あんな世界になってしまったら、他に生存者がいれば「あ!やっと他の人に会えた!」なんて思いつつ「この人大丈夫かな、まともな人かな・・」とも思ってしまいますよね~。 世界が崩壊してちゃ法律もモラルもあったもんじゃありませんし、信頼できるかどうかはその人の人間性次第ですもんね。 僕がマーゴット・ロビーと出会ってしまったらできる限り紳士でいますけどね・・たぶん(笑) ←バカ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
映画は生き甲斐

2.0紐解けていない哲学があるのだろう

カメさん
2020年5月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:2.0
きちんと物語の伏線は回収できているのだろうか。そうだとしたら全くこの物語を深く見れていないのだろう。
スチュエーションはありきたりで、あとは人間の内面を描く事で勝負するはずだが、浅はかな人間描写で、深い感情の表現は皆無。哲学的にも浅いと感じる。いい役者の無駄遣いで、マーゴット・ロビーの汚点となる作品だろう。
感じたままの評価は、そんなトコロだが、きっと紐解けていない哲学があるのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ
すべての映画レビューを見る(全25件)