ブリグズビー・ベア
ホーム > 作品情報 > 映画「ブリグズビー・ベア」
メニュー

ブリグズビー・ベア

劇場公開日

解説

赤ん坊の頃に誘拐され、偽の両親のもとで彼らが制作した教育番組「ブリグズビー・ベア」だけを見て育った25歳の青年が、初めて外界に出たことから巻き起こる騒動を描いたコメディドラマ。外の世界から隔絶された小さなシェルターで、両親と3人だけで暮らす25歳のジェームス。子どもの頃から毎週届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、現在はその世界の研究に没頭する日々を送っていた。そんなある日、シェルターに警察がやって来て、両親は逮捕されてしまう。これまでジェームスが両親だと思っていた男女は、実は誘拐犯だったのだ。ジェームスは生まれて初めて外の世界に連れ出され、“本当の家族”と一緒に暮らすことになるが……。スタッフ・キャストにはテレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」のチームが集結。ジェームスの育ての父親テッドを「スター・ウォーズ」シリーズのマーク・ハミル、カウンセラーのエミリーを「ロミオ&ジュリエット」のクレア・デーンズがそれぞれ演じる。

作品データ

原題 Brigsby Bear
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 カルチャヴィル
上映時間 97分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

映画評論

25年間地下に幽閉され“クマのヒーロー”を信奉する青年の驚くべき挑戦
ブリグズビー・ベアの映画評論・批評

赤ん坊のときに誘拐され、偽りの両親の愛に育まれた主人公ジェームスは、外界と隔絶した地下シェルターで25年間も暮らしてきた。そんな特殊な環境で純粋培養された彼が警察に保護されるまでをわずか10分余りで描いてしまうこの映画は、監禁や洗脳と...ブリグズビー・ベアの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全83件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ブリグズビー・ベア」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi