ブリグズビー・ベアのレビュー・感想・評価

ブリグズビー・ベア

劇場公開日 2018年6月23日
83件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

人が物語を必要とする理由

人が生きていくために、物語が必要なんだと思う。本作はそんな物語の力を信じている。外界から隔絶された環境で、ニセの番組を観て育った主人公にとってその番組は世界の全て。その番組の作られたいきさつはどうあれ、主人公はその番組から人生の大切なことを教わった。
人はこの世界を物語を通して学ぶ。ギルガメシュ叙事詩の頃から人は物語を通して世界と人生について学んできた。この映画は、そんな人と物語の関係についての深い洞察がある。

フィクションは事実ではない。しかし人はフィクションから世界の真実を学ぶ。偽物の両親が作った偽物の番組であっても、そこには何かの真実が宿っている。

良くも悪くもスターウォーズという映画史でも一際有名なフィクションに人生を変えられたマーク・ハミルがこの映画にキャスティングされているのは大正解だと思う。役から発する彼のセリフは彼自身の人生も投影されているような説得力がある。

ローチ
ローチさん / 2018年7月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

こんな映画だとはつゆほども思わなかった、意外と深くて刺さる掘り出し物の一本

実に奇妙な一作だ。可愛らしいクマさんをめぐる冒険活劇かと思いきや、冒頭からすでにコメディともシリアスともつかぬ線上を綱渡りするかのような、なんとも言えない妙味が炸裂。序盤は『トゥルーマン・ショー』などでおなじみの「メタ・フィクション」というテーマを濃密に描き込み、中盤からは『桐島、部活やめるってよ』のような「自分の手で映画を撮ろう!」的な高揚感あふれるダイナミズムを発動させる。かくも一粒で二度おいしいではないが、一本の中にいくつもの趣向やテーマ、メッセージ性が内包され互いに影響を及ぼし合うのを堪能することができる。

作り手によると「『自分にとっての全て』と思い込んでいたものが突如終焉を迎えた時、人は一体どうするのか?」に焦点をあてた作品でもあるとのこと。人間の生活、人生、暮らしのみならず、宗教、国家、文化に置き換えたとしても多元的で複層的な解釈ができる、極めて現代的な作品と言えそうだ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年6月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 5 件)

二律背反の窮屈さからグレーゾーンへの脱出!

幼児誘拐と拉致監禁、本来ならものすごくどんよりするテーマだが、尾の映画はふんわりと優しいコメディ仕上げ。しかし決してキレイごとではない。

善か悪か、本物か偽物か、現実かファンタジーか。二者択一するにはこの世界は複雑で曖昧に過ぎるし、ムリに切り分けるとこぼれ落ちてしまう大切なことがいっぱいある。この映画は、そんな二律背反の堅苦しさから、キャラクターを、映画を、人生を解き放ってくれる。

清濁併せ吞む、というほど大仰でなく、ただ目の前のできること、やりたいことを積み上げていけば、幸せは見つかるのではないか。
もちろん現実はこの映画よりどす黒く、汚いかも知れないが、この映画程度のささやかな善意や希望は望んでもいいのではないか。

ネタバレが怖くて曖昧なことしか書いていませんが、本物の「いい映画」に出会えて本当に嬉しい。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年6月28日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 8 件)

案外

レビュー評価が高い作品なので期待しましたが案外。両親が突然逮捕されたり話の展開が飛び過ぎて話についていけず。残念ながら共感出来る内容では無く途中もウトウトzzz…時間も長く感じた。
2018-176

隣組
隣組さん / 2018年9月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

相方の部屋に ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「遊星からの物体X」のポスターが貼ってあったけん100点ですよ100点(´Д`)

ロ久間ラム肉
ロ久間ラム肉さん / 2018年9月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かわいい劇中作

「ルーム」な設定でシリアス過ぎず。クレイジーな劇中作品がかわいい。劇中作品が見たくてしょうがなかった。作者がサイコだったら作品も評価されないのか的な所も。

cpeg
cpegさん / 2018年9月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世界は君を待ってるんだぜ!(笑)

好きなものさえあれば、世界は君を待っている!

突き詰めればそう言う映画でした。

自分が信じていた世界が、全て嘘っぱちだったとしても
本当に好きなものさえあれば
そこを突破口に「世界は君を待っているんだぜ!」
だから、本当に好きなものを何か一つ見つけようぜ!

色々細かい突っ込みどころはあるけど
主人公ジェームズを演じる
カイル・ムーニージェームスのナチュラルながらも
真実味のある演技に引き込まれる。
ぴったりの脚本だったね〜〜

難しい世の中だから、自分の「好き」のために
努力する姿勢は無くしたくないね〜〜

@もう一度観るなら?
「ネット配信で〜〜気楽に見てしまったので
深く深く、もう一度見直したい〜〜」

星のナターシャ
星のナターシャさん / 2018年9月5日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

刺さったー! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ザックリ過ぎで脚本の細部が脱落した字幕。主人公を賞賛する人々を聴衆として面前に並べるラスト。難点は、それくらいで。後は素晴らしかった!

子供向けトラ劇場なら知ってるし、クマ劇場もありそうなもんだが、彼らはおそらく、自慰行為の制限の進言、なんてこたぁしないだろう。君の人生丸抱え、な熊劇場の教えは、こういう人間に育って欲しいと言う、偽親の期待に他ならず、人として間違っていることを教えたりしていないのだろう。ジェームスは、至ってまともだ。いや、むしろ純粋で可愛くさえある。

吹くとこ、泣くとこ、心配になるところ。切なさ、嬉しさ、滲みるとこ。ほっとしたり、にんまりさせられたり、寂しくなったり、はしゃいだり。描かれる、感情の変化のスピード感が、ジェームズの成長の早さと感受性の豊かさを実感させてくれるから、共感も深くなる。

家族総出でクマ劇場。そのクマは偽親にも繋がっている。人を繋ぐのは愛だと言うベタなメッセージは、クマの形をして、いつもジェームズのココロの中にある。

bloodtrail
bloodtrailさん / 2018年9月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グッズ欲しい‼︎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

Tシャツはあったけど
小物でブリグズビーグッズが欲しい〜

なんと
誘拐されてたなんて
びっくりしました‼︎

しかも
偽パパがビデオ製作(笑)

なんかサラっとしてましたが
スゴイ内容ですよね

ブリグズビー全巻見たい‼︎

snowball
snowballさん / 2018年9月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

物語にもう一捻り欲しかった。

良作、ではあるのだが物語にもう一捻りが欲しかった一本。

似たような設定の作品が多く、その中で独自色が出ていなかったのが勿体ない作品。

レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれ
レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれさん / 2018年8月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

傑作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

お別れと船出の物語。
もう少し前の家族との関係性、前の家族がブリグズビーベアを作った理由、新しい家族が主人公がいなかった頃の日常について掘り下げてほしかったです

毛玉ハク※生きる意味を自問する。激レア声劇演者
毛玉ハク※生きる意味を自問する。激レア声劇演者さん / 2018年8月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

反グローバリズムとして読み解いてみる

確かにこの映画でも、タチの悪い人が登場せず、善意に溢れた人たちの中で、誤解や思い込みに基づくすれ違いを解決しながら絆を深めていくという、デジャヴのような構成がみられるわけですが、その背景には何があるのか?

ひとつの解として『グローバル化疲れ』があるような気がします。
この映画に登場する街や住民は、グローバル経済の中で敗者となった場所(現時点でのデトロイトのような)や人たちではなく、たぶんリストラの波も比較的穏やかで、中産階級が暮らしやすいところだと思います。当然ここに住む黒人家庭も貧困に苦しんでるケースや差別的扱いを受けることも少ない。街全体が経済的に安定し治安も良ければ、そこにわざわざ異文化や格差を持ち込み、複雑で煩わしい課題を抱える必要は無い。そのようなグローバリズムに晒されていない経済的背景・価値観で、ある程度画一的なムラ社会の方が、ジェームス君を温かく見守り支える精神的余裕も生まれる。
実母に、世界はもっと広い、というセリフがあったけれど、軽くスルーしたのは、わざわざ世界を相手にしたらコスト競争に追われ、夢を追うどころか、現実的な妥協をせざるを得なくなる、ということへの答えなのではないか。
ジェームス君にとって、わざわざハリウッド(国際社会)で勝負せず、ローカル社会(あの事件と何があったかを身近なこととして知る人たち)でしか通用しない作品を作ることの方がはるかに自己実現出来たうえに幸せだったのですから。

多様性を受け入れ、磨き合うことで生まれる進歩や新たな価値観の創造はもちろん大事なことですが、人間はみんながみんな勝ち残れるわけではないので、国際競争とは無縁のローカルな社会で、ローカルに生きることも選択できる世の中の方が全体的に平穏な気がします。
グローバルな人材になれ、と若い人たちを急き立てるばかりでなく、ローカルなままでも幸せになれる社会を作ろう、ということがもっと叫ばれてもいいんじゃないか、と思います。

脱線しますが、和食だってグローバル化し過ぎるとマグロやウナギの高騰化や品不足に見舞われるし、日本と一部の外国でなければ食べられないというローカルなものの方が良かったかもしれないですね(マグロやウナギがどう思うかはわかりませんが)。

琥珀
琥珀さん / 2018年8月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

想像の檻

隔離されていたことによる「常識」という檻に囚われない想像力が人々の心を揺るがす。
クリエイティブな立場の者たちへのエールのような作品。
彼に訪れる嵐のような環境の変化と青春は、かけがいのない糧となるだろう。
それぞれのキャラにも可愛いげがあり、いつのまにか誰もの心にブリグズビー・ベアが宿る。
心が渇いたときに潤いを与えてくれるだろう。

あおおに
あおおにさん / 2018年8月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

優しい世界

俗世に馴染むの早過ぎねえ?友達出来んの早過ぎねえ?あの刑事が始末書なしとかあり得なくねえ?
架空の存在ベアガール・アリエルの職場が何でググれんの?誰があんな学生映画のチケ買うの?

と、まぁ御都合主義極まれりの世界なんですが、全てのキャラの良さに救われる。ヒールはいても不愉快野郎はいない。
アンディ・サムバーグが旨味キャラで出てますね。イイね。

日高良司
日高良司さん / 2018年8月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほっこりした ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

登場人物、全員いいやつ。
刑事さんが特に良い味出してた。
ジェームスが着てたブリグズビーベアTシャツ欲しい!

10man313
10man313さん / 2018年8月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ツッコミは浮かぶけどトータルでは面白くおもった。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

マークハミルが自作自演の教育番組を25年も作り続けて誘拐した子を育てたっいうのつかみが最高ってのと、
元の家族に戻されてから、妹の同級生と仲良くなっていくところがすごーく好みだったです。
あ、演劇好きすぎる刑事も忘れちゃいかんね。わらったわー。

でも突っ込みどころはいっぱいある。
カウンセラーの偏見強すぎね?なんか物語を進めるために誇張されたように思って興ざめ、とか
両親に対して、ブリグズビーに固執する息子を、そんなに責めなくてもいいやん、その世界が全てやったんやで?と思ったり(最終的には協力的になるんやけどね)、
誘拐犯の父は、なんで最後まで父みたく振る舞うんかね?とか、
番組に出てた女の人を探すくだりが、がちストーカーやんこっわ!
とか色々ん?って思いました(忘れたけど)。

でも、物語を希求する気持ちはわかるの。わたしにも虚構がどうしても必要だから。
あと、作ったものを晒す怖さね。
あの震え。みてもらいたいし、いいと思って作ったし、頑張った。でも怖い、受け入れられなかったらどうしよう、怖い。
あの気持ちが切実に伝わった。
きっとこの映画を作った人たちの、震えなんだろうなって思った。

うん、荒さも感じたけどよかったよ。お疲れ様、がんばったねって気持ちでした。まぁ偉そうだこと。

だいず
だいずさん / 2018年8月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

温かい世界

特殊な立場の主人公だけど、理解されようとされなかろうと「僕はこれが好き!」と純粋に思い突っ走る姿がなんともコミカルで可愛い。
隔離された生活から広い世界に引き込まれた戸惑いもそこそこに、ブリグズビー・ベアにかける情熱の熱さに感心しつつ、ジェームスの25年間の世界には本当にこれだけしか無かったことを実感する。

優しい世界にほっこりして目頭が熱くなること数回、しかしその度にモヤモヤした感情が浮かんでしまった。
ズレた言動も可愛くおかしい主人公と、そのままの彼を受け止め包み込む周りの人間たちは良いし好きなんだけど、何だか違和感が拭えない。

誘拐だからと罪を罪として憎き悪きと頭ごなしに決めつける気は全くないけれど、「古い両親」の取った行動が到底理解できない。
愛情があったのは分かるし、バレないために隔離したいのも教育を受けさせるために工夫していたのも分かる。
真っ当な倫理観で正義を振りかざす訳でも正しい正しくないの判断ができる訳でもないのに、ただただ「気持ち悪いな」と思ってしまった。

例えば「古い両親」がどんな気持ちで育ててきたか、とかブリグズビー・ベアを作った経緯、その事情を知れればまた何か違ってくるかもしれないけど。
せっかくの機会もジェームスは特に興味がなく、映画作りの方が大事なようで…そのシーンにおけるジェームスとテッドのギャップはかなり面白かった。

とはいえ、好きなものに情熱をかけ自主映画を作るチームのドラマとしては良かったと思う。
検索するときの言葉遣いや手作り感溢れる撮影にグッとくる。
やり始めたら人一倍こだわりの強い元演劇部の刑事さんがとても好き。役者だなあ…
完成作もなんだか感慨深く観れた。

周りが本当に良い人ばかりで良かった。ジェームスが幸せであることが一番で、彼が向き合いたどり着いた答えを皆んなで楽しみ共有しているのがよく伝わってきた。
逆に良い人ばかりすぎて、生温くご都合主義的に見えてしまったのかな…
笑いも癒しも多くて良いのに、この映画を心から楽しめずハマれずモヤモヤしてしまった自分に一番ショックかも。

KinA
KinAさん / 2018年8月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 3 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

腫れ物に触るように!?

外に出たら何でも思う様に好き勝手にやりたい放題でダメだよ、コレじゃぁ!?

と彼の先行きが不安になる社会に順応する大人としての必要な部分が周りの甘やかしで欠けたまま人生を歩みそうで方向性がズレまくりで犯罪者にでもなりそうで心配になる最後まで。

人間ドラマとして笑いとしてファンタジーとして青春映画としてジャンルも不透明で何を主に描きたいのかさえ解らず観ていて困惑する。

彼自身、M・ハミル夫婦、本当の親、妹と描かなければいけない関係性や葛藤があり過ぎてソコを都合良く端折っている気がする。

ビックリする位に自分にはハマらな過ぎて期待していた分、落胆の色は隠せない気分デ!?

万年 東一
万年 東一さん / 2018年8月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

レビューの点数よすぎ?個人的には

今流行り?の登場人物いい人だらけの薄味な映画で、悪くはないけど、もっと先に見るべきものはある、と思いました。
これはハートウォーミングな作品ではなくコメディですよね?誘拐監禁ってもっと悲惨な現実があるはずだし、見てる最中ずっとこれでいいのか??と自問しながら見てました。ラストもホッとした反面これでいいの?って思ってしまいました。これは彼の夢だったんじゃないかな?
繰り返しになりますが他に見るものがない時に見るくらいのライトな作品だと思います。個人的に。
このアプリでPROと称する人たちは映画会社の柵などで何一つ辛い評価が出来ない人達ですね。この作品に限らずですが。クソなのに辛い評価が出来ないアイドル起用作品の批評はやらないのです。さすがPRO!

マクラビン
マクラビンさん / 2018年8月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

愛の映画

なんだか気持ち悪い設定なんだけど、よく考えたらめちゃくちゃ愛情を注いでる。というかやっぱり番組を何年も作り続けてるのよく考えたら狂ってる笑。

R。
R。さん / 2018年8月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

83件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi