ウトヤ島、7月22日

劇場公開日

ウトヤ島、7月22日
9%
49%
31%
6%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2011年7月22日にノルウェーのウトヤ島で起こった無差別銃乱射事件を、生存者の証言に基づき映画化。97分間の本編のうち、事件の発生から収束までの72分間をワンカットで描いた。11年7月22日、ノルウェーの首都オスロの政府庁舎前で車に仕掛けられていた爆弾が爆発する。世間が混乱する中、オスロから40キロ離れたウトヤ島で今度は銃乱射事件が起こり、同地でノルウェー労働党青年部のサマーキャンプに参加してた10~20代の若者たちが犠牲になった。犯人は32歳のノルウェー人のアンネシュ・ベーリング・ブレイビクという男で、極右思想の持ち主であるブレイビグは、政府の移民政策に不満を抱きテロを計画。政府庁舎前の爆弾で8人、ウトヤ島の銃乱射で69人と、単独犯としては史上最多となる77人の命を奪った。映画は同テロ事件のうちウトヤ島での惨劇に焦点を当て、サマーキャンプに参加していた主人公の少女カヤの視点から、事件に巻き込まれた若者たちが恐怖や絶望の中で必死に生き抜こうとする姿をリアリズムたっぷりに描いた。監督は「ヒトラーに屈しなかった国王」「おやすみなさいを言いたくて」のエリック・ポッペ。18年・第68回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品。

2018年製作/97分/G/ノルウェー
原題:Utoya 22. juli
配給:東京テアトル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第68回 ベルリン国際映画祭(2018年)

出品

コンペティション部門 出品作品 エリック・ポッペ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

Copyright (C) 2018 Paradox

映画レビュー

4.0悲劇的で恐ろしい。が、極めて誠実で底知れぬ意志を秘めた作品でもある

2019年3月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

怖い

このところ映画ファンのみならず、ごく一般的な人にも「長回し」はお馴染みの手法となった。が、それにしても、本作で貫かれる72分間の絶えざる視点は、歴史的な惨劇を決して風化させまいとする強靭なまでの意志が突き刺さってくるかのようで、芯から恐怖し、同時に大きな感銘を受けた。

実際の事件を題材としつつも、作り手たちはこの一部始終を紡ぎ上げるのに入念なリサーチを行い、あの日、あの場所で何が起こったのかについて様々な証言を集め、その上で、尊厳を守るためにあえてフィクションとしたそうだ。これによって本作の主人公は「誰でもない」と同時に、「あらゆる人々の集約でもある」という解釈も可能となるのだろう。

音楽や編集を加えることなく、カメラを回しっぱなしで「そのまま見せる」という選択も、筆者の目には極めて誠実に感じられた。本作が今後どう評価されていくのか、10年、20年といった長いスパンで見守っていきたい。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

3.0濃い恐怖と不安を描いた体験型の意欲作

2021年10月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

映画と言うよりは、すごく大仕掛けの演劇に近い。そこにカメラを持ち込んでやり直しなしの一発勝負で撮り切ったような作品。類似のものとして『クローバーフィールド』『1917 命をかけた伝令』などが挙げられる。

この映画の魅力は何と言ってもライブ感。実際に起きていることをその場に居合わせたような緊張感で体感できる。映画の冒頭でも注意書きが出るが、カメラが動きまくるので酔ってしまう人は苦しいだろう。音楽はほぼゼロ。よそから聞こえてくる音楽と、女の子が気持ちを鼓舞するために囁くトゥルーカラーズ(シンディ・ローパーほか)が使われているのみ。それもやり直しがきかない状況で歌ったものだけに、母親に抱っこされて聴いた子守唄のような感覚に近い。

いずれにしても、何もかもがやり直しなしの一発勝負で、始まったら止められない無編集のフィルム。映ってはいけないものや、映さないといけないもの。その複雑な段取りにはかなりの入念なリハーサルが繰り返されたものと想像できる。最後にやや長めの映画についての趣旨が綴られるが、「フィクションであり、ドキュメントではない」と、ハッキリ明言している。だとすれば、もう少し稽古を積んで見せ方を工夫してもよかったんじゃないかと思う。何しろもう一度見たいとは絶対思わない。

ほぼ素人に近い無名の若い俳優しか出ていない。例えば、5時22分ごろにここで撃たれた状態で倒れているように。とか、46分ごろこっちから向こうに一列で走って逃げて。とか、60人ぐらいの集団を複雑に動かしている。クレジットされている俳優さんたちと、エキストラの人数を見たら、かなり大掛かりの撮影のようだ。とにかく恐怖に耐える子供たちの表情は最後まで目が離せない。

ストーリーは、ほとんど無いに等しいが、主人公の妹や、親しい友達がどうなるのかが語られる。(というか、映っている)それ以外、犯人の目的、事態の収束、子供たちの運命、などの顛末が語られないままなのが非常に残念でならない。実際に起きたことを再現しているようなので、最低限の説明は挿入してほしかった。事件については、Wikipediaなどで知ることができる。先に見てしまうとネタバレになるし、映画の中で最低限語られるべきことだろう。そこは不親切と言わざるを得ない。

体験型の、非常に濃い恐怖と不安を描いた意欲作だ。子供には刺激が強すぎるかもしれない。

2020.2.27

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

5.0リアルな恐怖

みっくさん
2021年9月23日
Androidアプリから投稿

「ジョーズ」を例に上げるまでもなく、
「見せない」ことで恐怖を表現する、恐怖を煽る演出は、ホラー映画では王道である。
で、本作。
本作の犯人は滅多に見えない。
実際、犯人はたった一人だった。
でも狭い島、逃げ道はない。銃声は聞こえる。姿は見えずとも「すぐそこにいる」と感じられる。恐怖を表現するのに犯人の姿を映す必要はない。逃げ惑う若者たちを描くだけで表現でき、しかもそれこそが本作のテーマだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みっく

2.0日本で良かった

2021年8月17日
iPhoneアプリから投稿

凄いリアルでドキュメンタリーな映画でした
ずっと72分間逃げ惑うだけなんだけど目が離せなくてずっとハラハラして自分も今その場にいるかの様に怖かった
こういう映画を観るとつくづく思う.....日本に産まれてこれて良かったって....
終始主人公やら友達にはイライラした
携帯のバイブや泣き声、ヒステリックになったり....
怖くてあんまり人におすすめできないけど観て良かった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
わんわんお
すべての映画レビューを見る(全87件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る