ウトヤ島、7月22日

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ウトヤ島、7月22日
10%
49%
29%
6%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2011年7月22日にノルウェーのウトヤ島で起こった無差別銃乱射事件を、生存者の証言に基づき映画化。97分間の本編のうち、事件の発生から収束までの72分間をワンカットで描いた。11年7月22日、ノルウェーの首都オスロの政府庁舎前で車に仕掛けられていた爆弾が爆発する。世間が混乱する中、オスロから40キロ離れたウトヤ島で今度は銃乱射事件が起こり、同地でノルウェー労働党青年部のサマーキャンプに参加してた10~20代の若者たちが犠牲になった。犯人は32歳のノルウェー人のアンネシュ・ベーリング・ブレイビクという男で、極右思想の持ち主であるブレイビグは、政府の移民政策に不満を抱きテロを計画。政府庁舎前の爆弾で8人、ウトヤ島の銃乱射で69人と、単独犯としては史上最多となる77人の命を奪った。映画は同テロ事件のうちウトヤ島での惨劇に焦点を当て、サマーキャンプに参加していた主人公の少女カヤの視点から、事件に巻き込まれた若者たちが恐怖や絶望の中で必死に生き抜こうとする姿をリアリズムたっぷりに描いた。監督は「ヒトラーに屈しなかった国王」「おやすみなさいを言いたくて」のエリック・ポッペ。18年・第68回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品。

2018年製作/97分/G/ノルウェー
原題:Utoya 22. juli
配給:東京テアトル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第68回 ベルリン国際映画祭(2018年)

出品

コンペティション部門 出品作品 エリック・ポッペ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ハードコア
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • デッド・ハーツ
  • 発狂する唇
  • 封印映像40
  • タイム・トラップ
  • 最後の審判
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

Copyright (C) 2018 Paradox

映画レビュー

4.0悲劇的で恐ろしい。が、極めて誠実で底知れぬ意志を秘めた作品でもある

2019年3月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

怖い

このところ映画ファンのみならず、ごく一般的な人にも「長回し」はお馴染みの手法となった。が、それにしても、本作で貫かれる72分間の絶えざる視点は、歴史的な惨劇を決して風化させまいとする強靭なまでの意志が突き刺さってくるかのようで、芯から恐怖し、同時に大きな感銘を受けた。

実際の事件を題材としつつも、作り手たちはこの一部始終を紡ぎ上げるのに入念なリサーチを行い、あの日、あの場所で何が起こったのかについて様々な証言を集め、その上で、尊厳を守るためにあえてフィクションとしたそうだ。これによって本作の主人公は「誰でもない」と同時に、「あらゆる人々の集約でもある」という解釈も可能となるのだろう。

音楽や編集を加えることなく、カメラを回しっぱなしで「そのまま見せる」という選択も、筆者の目には極めて誠実に感じられた。本作が今後どう評価されていくのか、10年、20年といった長いスパンで見守っていきたい。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ぐうたら

3.0たしかに悲劇、だが映画としては…

kenshuchuさん
2020年4月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ノルウェーのウトヤ島で起きた乱射事件をもとにした物語。実際に銃を乱射した時間をほぼリアルタイムで見せる。しかもワンカット。
こんな事件があったことすら知らなかった。犯人たちはなんでこんなことをしたのか?なんにも知らされない(どんな犯人像かもわからない)まま、ただただ主人公たちが逃げていく。たしかに臨場感はすごいし、理由もなく殺される恐怖を味わった。
ただ、ワンカット撮影のため画面の揺れが激しすぎる。どんな状況かが本当にわかりづらかった。また、ただただ逃げるという話なのでドラマ性はあまりない。そういう意味で映画としての評価はあまり高くならなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kenshuchu

4.0意欲的であるとともに社会性がある

2020年4月10日
iPhoneアプリから投稿

一人称視点(POV)の映画といえば
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」で
世界的にも認識され、
「パラノーマルアクティビティ」や
「クローバーフィールド」などが記憶に新しい。

本作においても一人称視点で物語られるストーリーは
恐ろしくリアリティがある。

ただ、それは単なる銃撃による恐怖ではなく、
その恐怖に「自分が自分で無くなる」という恐怖が
作品の背景にあると思った。

自分をコントロール出来なくなる恐怖は
一人称視点の映像と相まって痛いほど感じた。

本作の社会的な政治背景としてはシリアをはじめとした
中東地域での紛争による難民、その背後にある極右的な考えなどがある。

日本には馴染みが薄い感覚だが改めて考えて、
この様な惨劇を繰り返さないためには何が
出来るのだろうか、後悔のない選択をする際に
思い出したい映画であると思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
からあげ500g

1.0クソ面白くない

2020年4月1日
スマートフォンから投稿

悲しい

結局犯人出てこいやカスなんじゃこの映画文化祭かて

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ディエンド (キリ)ペテコン
すべての映画レビューを見る(全77件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る