それから

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
それから
9%
56%
30%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「3人のアンヌ」「自由が丘で」のホン・サンス監督が「お嬢さん」のキム・ミニを主演に迎え、出版社で働く女性が社長の愛人と間違えられたことから起こる騒動を美しいモノクロ映像でユーモラスにつづった人間ドラマ。小さな出版社で働きはじめた女性アルム。社長は妻に浮気を疑われており、アルムの出社初日に社長夫人がやって来て彼女を夫の愛人だと決めつける。その夜、社長の本当の愛人である前任者がひょっこり戻ってきたことから、事態は思わぬ方向へ転がっていく。共演に「隠された時間」のクォン・ヘヒョ、「ひと夏のファンタジア」のキム・セビョク、「技術者たち」のチョ・ユニ。

2017年製作/91分/G/韓国
原題:The Day After
配給:クレストインターナショナル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ホン・サンス
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0シンプルな映像世界に、難易度の高い語り口がナチュラルに炸裂。

2018年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

知的

幸せ

冒頭の長回しからどことなく夫婦間のぎこちなさがはびこり、ここから始まる物語が物語の基本軸かと思いきや、それに並行してまた別の時間軸が入り込んでくる。観客としてはあたかも「時空のねじれ」に遭遇したかのように少々戸惑ってしまうのだが、しかし慣れてしまえばこっちのもの。あとはもういつものホン・サンス作品と同様、クスクス笑いの連続沼に入り込んでいくのみ。モノクロのシンプルな作品に見えて、このような難易度の高い仕掛けを周到に炸裂させるあたり、この監督は本当に飄々としていて、すこぶる巧い。

彼の作品群では、出会いと別れ、それに色恋沙汰が不可欠なものだが、それにしても本作では何かのために簡単に「捨てる」という、現代社会を投影したような行為が印象的だ。また事態の不条理さに気持ちの良い態度で抗うヒロインの姿が忘れがたい。キム・ミニの好演もさることながら、ホン・サンスはいつもながら女優を丁寧に描いている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信

4.0ややこしい男女の機微をじっくりみせる

2018年6月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

日本では昨今、不倫は厳しいバッシングを受けるものになったが、いや、もちろん以前から褒められるようなものでもなかったが、男女の関係には複雑な機微があるのだから、、、というエクスキューズの視点もあったように思う。そういうエクスキューズを表立って表明することは憚られる世の中になったが、本作はそういう機微を堂々描く作品だ。

小さい出版社で働く男は、一人の若い女性を部下に持っている。男の妻は彼女を不倫相手だと勘違いする。実際の不倫相手は彼女の前任者なのだが、これらの登場人物がすれ違ったり鉢合わせたりして、事態は静かに、ややこしく進行していく。

主演のキム・ミニと監督のホン・サンスは実際に不倫関係にあった仲だが、近年タッグを組んで不倫ものを連続で作っている。男の態度も話の展開も煮え切らないものだが、男女関係のリアリティとは本来そういうものだろう。ホン・サンスの観察眼が光る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

2.5グタなオジサンの不倫をお洒落に

hoさん
2021年5月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

なぜ白黒なのか、なぜ横顔なのか、なぜ話をトリックぽくするのか。
中年親父でも夢がある、という事を伝えたいのか、文学的響きを伝えたいのか、さっぱりわからず。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ho

3.0夏目漱石とは関係ないと思っていたら・・・

kossyさん
2021年2月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 なぜモノクロームなのか?という疑問が常につきまとって、カラーにすればいいのにだとか、カメラをもっと定点にすればだとか、音楽をもっと使えばいいのにだとか、プロットとは関係ない方で考えさせられる。

 評論家でもある小さな出版社の社長は「冬ソナ」のキム次長クォン・ヘヒョ。夫婦仲は順調のようでも愛人がいる社長だが、会社も辞めてしまい連絡が取れなくなったことから信頼できる教授の紹介でアルム(キム・ミニ)を雇う。しかし、社長夫人が浮気を疑い会社に乗り込んできて、ひと騒動。その後、社長、愛人、アルムの3人で食事をし、結局1日だけで会社を辞めることになってしまった。言ってみれば“身を引く”行為。

 文学的、哲学的な会話において、「生きる理由」「実存性」「信じるということ」について語り合う社長とアルム。どことなく夏目漱石の「それから」を想起させるも、韓国での独自の解釈なのか?経済的理由がないのが残念だ。むしろ、家族について語り合う場面が多い。

 浮気のシーンなんかは時系列通りではなく、社長の記憶の中でのエピソードなのだろう。そのおかげでアルムの出社一日目の流れに割り込んできて、一日という瞬間を感じられないのが残念だったし、彼女の「こころ」が失われたかのよう。失職しても大丈夫そうだし、彼女が高等遊民なのかとも思えたが、恋愛感情はなさそうだった。そして、終盤の再会ではパラレルワールドなのかと思わせておきながも、単に健忘症なのだとわかる・・・まじか。それでも夏目漱石の小説を渡すところでなぜかジーンとくる・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る