芳華 Youth

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
芳華 Youth
25%
56%
14%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1970年代の中国を舞台に、激動の時代の波に翻弄されながらもたくましく生きる若者たちの切なくも美しい青春の日々をつづったラブストーリー。「唐山大地震」「戦場のレクイエム」の名匠フォン・シャオガンがメガホンを取り、「シュウシュウの季節」のゲリン・ヤンが原作・脚本。76年、夢と希望に溢れる17歳のシャオピンは、歌や踊りで兵士たちを慰労し鼓舞する歌劇団・文工団に入団する。農村出身で周囲となじめない彼女にとって唯一の支えは、模範兵のリウ・フォンだった。しかし、時代が大きく変化する中で起きたある事件をきっかけに、2人の運命は非情な岐路を迎える。リウ・フォン役に「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」のホアン・シュアン。

2017年製作/135分/PG12/中国
原題:芳華 Youth
配給:アットエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd

映画レビュー

3.5ギリギリで適温に保たれる情緒の温度

MPさん
2019年4月17日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

中国の文化革命が終焉を迎える頃、同志たちを歌や踊りで勇気づけた文化工作団、略して文工団に所属していた若者たちの恋愛模様が描かれる。彼らは皆純粋で明るいけれど、時代のうねりは間もなくすべてを飲み込んでいく。時の流れの中に捨て去った貴重な時間への尽きぬ思いと、それでも変わらない人の心を描いて、この映画は中国で記録的大ヒット。つまり、今も多くの中国人は文革時代のピュアで平等だった頃に一種の憧れを抱いているのかもしれない。それが分かる貴重な映画であると同時に、ノスタルジーを描く上で欠かせない情緒の温度が高くなりすぎず、ギリギリで適温に保たれた希有な作品である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
MP

2.0なんか...薄い

HYさん
2020年2月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

寝られる

それぞれのストーリーが端的で、内容がうすく感じて感情移入できなかった。。

最後の二人のシーンも良いシーンなんだろうけど、二人が結婚はしないがパートナーになったんだ、へえ〜て感じ。
デインディンのこと好きだったのにディンディンが太って別人になった姿みて、好きじゃなくなったってこと?

最後までディンディン追いかけたらよかったのに。
そのディンディンはなんで豪州行ったのかも謎だし。

一人一人のストーリーが雑というか、全く心に残らなかった。
映画館で1800円払わなくて良かったってくらいの映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HY

4.0青春時代の記憶

アツコさん
2019年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

本当は中国が日本の戦後と同じように貧しかった時代の話ですが
人も街も建物の内部も美化されていました。
若さというのは
それだけできれいにかがやいて感じられ
記憶の中での青春時代が
美しい思い出になっているからでしょうか。

集団生活の中で起こる
個人に対するいじめや通報,懲罰主義に対する
怒りや理不尽さもあまり感じられませんでしたが
現在よりも人権が大切にされていなかった時代でもあるし
軍隊の中でのことなので
当然のことのように描かれているのかなあと思いました。

戦闘や野戦病院でのシーンは生々しく
自分が戦争に行っている気がして
怖かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アツコ

2.5ギリギリで昼ドラ判定

2019年11月3日
iPhoneアプリから投稿

女子群は素敵に目の保養になったけれど、いろいろと盛り込みすぎて、映画としての焦点がボケ気味か。

頑張ってクールな路線を狙っているのはわかるけど、やすいテレビドラマ臭が消しきれてないのが残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャム太
すべての映画レビューを見る(全47件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る