生きてるだけで、愛。

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
生きてるだけで、愛。
生きてるだけで、愛。
20%
52%
19%
5%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

小説家、劇作家、演出家などマルチな活動を展開する芥川賞作家・本谷有希子の同名小説を趣里の主演で映画化。過眠症で引きこもり気味、現在無職の寧子は、ゴシップ雑誌の編集者である恋人・津奈木の部屋で同棲生活を送っている。自分でうまく感情をコントロールできない自分に嫌気がさしていた寧子は、どうすることもできずに津奈木に当たり散らしていた。ある日突然、寧子の目の前に津奈木の元恋人・安堂が現れる。津奈木とヨリを戻したい安堂は、寧子を自立させて津奈木の部屋から追い出すため、寧子に無理矢理カフェバーのアルバイトを決めてしまう。趣里が主人公・寧子役を演じるほか、津奈木役を菅田将暉、安堂役を仲里依紗がそれぞれ演じる。数々のCMやAKB48、Mr.ChildrenなどのMVなどを手がけ、カンヌ国際広告祭でグランプリなどを受賞した関根光才の長編劇映画初監督作品。

2018年製作/109分/G/日本
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第42回 日本アカデミー賞(2019年)

ノミネート

新人俳優賞 趣里
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2018「生きてるだけで、愛。」製作委員会

映画レビュー

3.5心かき乱されるのは確かだが

2018年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

いわゆるメンヘラ的なキャラクターを主人公に据えたドラマだが、リアルに精神の問題を抱えた家族がいる、あるいはそうした人と付き合いがある/あった観客(私自身も該当する)にとってはつらい鑑賞体験になるかも。健常者との差異を言う意図はまったくないが、一般の観客を楽しませつつそうした障害を表現する手法がほかにあったのではないか、と思われてならない。

趣里が二世女優という恵まれた境遇に甘んじることなく渾身の演技を見せた点は高く評価するが、キャラクター自体には魅力を感じない。仲里依紗が演じた美人なのに痛いキャラは、ストレスフルな全体において貴重なコミックリリーフとなっていた。CMやMVで実績のある関根光才監督はこれが長編劇映画デビュー作だそうで、映像の見せ方はなるほど上手いが、映画的な語り口という面では発展途上のように思える。今後に期待。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
高森 郁哉

3.5苦しいけど美しい

もっちさん
2020年6月14日
iPhoneアプリから投稿

徐々に引き込まれていく世界観。

津奈木はなんで寧子と一緒にいるんだろう。ただ彼が優しすぎるのか。って最初は考えてたけど、後半はあぁなんか二人似てるなって。

「私は私と別れられない」
どんなに自分に嫌気がさしても、自分から逃げられないのが苦しい。ダメなのは一番自分が分かってる。そこですぐ変われたら誰も苦労しない。

でも少しでも分かり合える人がいれば、こういう気持ちって一瞬だけスッと溶けてなくなるんだよね。

苦しいけど美しい素敵な作品。
あと配役が最高すぎた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もっち

3.5趣里。

2020年5月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

何だろう。
ちょっと理解できない感情だったりしてワガママな人なのかな。とか思ったりしました。
でも。趣里ちゃんの演技が凄くて引き込まれました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
しろくろぱんだ

4.0魂をかけた演技で心がふるえた

ニョロさん
2020年3月27日
iPhoneアプリから投稿

趣里という女優は特に好きでも嫌いでもないけれど個性的な顔立ちでどんな演技なのか興味があった。そして、この映画でその全てを絞り出すような演技に引き込まれてしまった。鬱という病気は私の周りにもいるけれど、この映画の趣里の叫びにその苦しさを垣間見て泣けた。
これは本当に映画としてしか成り立たないストーリーだった。
そして菅田君、イケメンらしい輝きを隠すような演技がこれもまた彼の別の面を見せてくれているようだった。
彼女の爆発を受け止めるシーンはこの映画の最高のシーンだった。映画館で観たかったな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ニョロ
すべての映画レビューを見る(全118件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「生きてるだけで、愛。」以外にこんな作品をCheck-inしています。