生きてるだけで、愛。

劇場公開日

生きてるだけで、愛。
19%
51%
21%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

小説家、劇作家、演出家などマルチな活動を展開する芥川賞作家・本谷有希子の同名小説を趣里の主演で映画化。過眠症で引きこもり気味、現在無職の寧子は、ゴシップ雑誌の編集者である恋人・津奈木の部屋で同棲生活を送っている。自分でうまく感情をコントロールできない自分に嫌気がさしていた寧子は、どうすることもできずに津奈木に当たり散らしていた。ある日突然、寧子の目の前に津奈木の元恋人・安堂が現れる。津奈木とヨリを戻したい安堂は、寧子を自立させて津奈木の部屋から追い出すため、寧子に無理矢理カフェバーのアルバイトを決めてしまう。趣里が主人公・寧子役を演じるほか、津奈木役を菅田将暉、安堂役を仲里依紗がそれぞれ演じる。数々のCMやAKB48、Mr.ChildrenなどのMVなどを手がけ、カンヌ国際広告祭でグランプリなどを受賞した関根光才の長編劇映画初監督作品。

2018年製作/109分/G/日本
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第42回 日本アカデミー賞(2019年)

ノミネート

新人俳優賞 趣里
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2018「生きてるだけで、愛。」製作委員会

映画レビュー

3.5心かき乱されるのは確かだが

2018年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

いわゆるメンヘラ的なキャラクターを主人公に据えたドラマだが、リアルに精神の問題を抱えた家族がいる、あるいはそうした人と付き合いがある/あった観客(私自身も該当する)にとってはつらい鑑賞体験になるかも。健常者との差異を言う意図はまったくないが、一般の観客を楽しませつつそうした障害を表現する手法がほかにあったのではないか、と思われてならない。

趣里が二世女優という恵まれた境遇に甘んじることなく渾身の演技を見せた点は高く評価するが、キャラクター自体には魅力を感じない。仲里依紗が演じた美人なのに痛いキャラは、ストレスフルな全体において貴重なコミックリリーフとなっていた。CMやMVで実績のある関根光才監督はこれが長編劇映画デビュー作だそうで、映像の見せ方はなるほど上手いが、映画的な語り口という面では発展途上のように思える。今後に期待。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
高森 郁哉

3.5躁鬱病を患う女の子の恋愛物語ということに惹かれて鑑賞。まだ、取っ掛かり(入口)の話で本当はこれからが正念場。しんどいと思うが津奈木がそれを受け止められるだけの包容力のある男であることを祈ろう。

2022年5月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

①私も双極性障害(躁と鬱を繰り返す所謂躁鬱病)罹患者です。もういい歳なので色恋沙汰とは関係ないですが。私の場合は仕事もあるし保険にも入っているので医者にもかかれるし服薬していて普通に仕事も日常生活も送れています(精神障害に関しては薬浸けという批判が時々見受けられますがここでは割愛。)②寧子の場合は躁鬱病のお陰で定職に着けず(単極性障害である鬱病・躁病を含め躁鬱病は気分障害なので自分で気分をコントロール出来ないのです。だから薬が要るわけですが。)保険にも入っていないので薬ももらえず、なかなか自分の気分をコントロール出来ないのです。それで仕事を始めても辞めざるを得ない羽目に陥ってしまうという悪循環に陥っているんですね。③理解していない人が多い(というか理解出来ないでしょうね)ですが、躁病・鬱病・躁鬱病はれっきとした脳という臓器の機能不全による疾患・障害です。カフェバーの女主人(西田尚実だったのですね、全く気がつかなかった)が「鬱病なんて寂しいからなるのよ。楽しくしてたら大丈夫。」という様なことを仰ってましたが(勿論悪気ではなく一般の人の最大公約数的な理解でしょう)、そんな簡単なものではありません。④私も発病してから2~3年は回りの人に理解してもらおうとあがきましたが結局諦めました。土台理解してもらおうと思うのが甘かったと。どんな病気もそうですが自分がなってみないとそのしんどさや苦しさはわからない。それで、一生付き合っていくと覚悟を決めて社会や世間の中で普通に仕事をし生活できるように薬を服用しながら生きております。⑤私の場合、「希死念慮(死にたいとう思い)」が起きなかっただけラッキーだと思っています。寧子も「希死念慮」は無いようだからそれは救いかなと。まだ25歳なのでいま暫くは辛いかもしれませんが、もう少し我慢していれば障害と向き合う・付き合う覚悟が出来てくると思うのでそれまで頑張ったほしいな(自分を捨てられないという自覚は既にあるようだから)。⑥尚、脱線しますが、最近続いたら渡辺裕之さんと上島竜介さの自殺について、お二人は残念ながら「希死念慮」を発症しておられたのだと思います。人はよく“死ぬ気になれは何でも出来る”とか“死んで花実が咲くものか”といいますが、「希死念慮」に取りつかれてしまうと“こな苦しみから逃れるには死ぬしかない”と思ってしまいます。重症の気分障害の一番怖いところは“通常の判断力が無くなる”ことなのです。ひとが一旦死のうと思うと24時間張り付かない限り自殺を止めることは殆んど無理でしょう。特によく理解されていないのは、自殺は気力・体力が最も落ち込んだときにするのではなく、気力・体力が戻って少し元気になったかな、という時が一番怖いのです(自殺という行動を起こす気力が出てきたのですから)。⑦と、まあ映画レビューというよりも精神医学入門書みたいになってしまいましたが、当事者としてはこういう映画が出来て素直に嬉しい。映画もあっさりしていますが(何せ入口の話ですから)演出も大きな破綻なく纏めています。趣里は『流浪の月』の子供を置いて男とトンズラしたゃうヒロインのスーパーの同僚や『空白』の交通事故死した古田信太の娘の担任の先生をやった女の子だったんですね。難しい役をなかなかの好演。彼女の演技に説得力がなければこの映画は成立しないし。“あなたは私を捨てられるけれども、私は私を捨てられない”というのは正に言い当てて妙(障害があるなしに限らないけれど)。強くなくても何とか生きていくためには、やはり「私と一生付き合っていくという覚悟・達観を持てるかどうか」。若い人には気の遠くなるような助言かも知れないけれども、人生の先輩の話にも少しは耳を傾けてね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

3.5分かり合えたほんの一瞬で私は生きている

2022年4月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

悲しい

楽しい

2018年の作品

初鑑賞
ミュージックビデオを手がけてきた映像作家関根光才の長編映画初監督作品
脚本も関根光才
原作未読
原作は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『乱暴と待機』の本谷有希子

津奈木のアパートに上がり込み住みついた鬱気味で過眠症で無職の寧子(やすこ)に趣里
寧子の彼氏でゴシップ雑誌のライター津奈木に菅田将暉
寧子が勤めはじめるカフェバーの店長村田に田中哲司
村田の妻でカフェバーで働く真紀に西田尚美
津奈木が勤める出版社のゴシップ雑誌の編集長磯山に松重豊
津奈木の職場の同僚美里に石橋静河
村田のカフェバーで働く莉奈に織田梨沙
津奈木の元カノでヨリを戻したい安堂に仲里依紗

引きこもり気味の寧子は同棲している津奈木といまいちうまくいっていない
そんなある日に津奈木の元カノ安堂が現れ寧子に別れるよう命令する
一文なしのため引っ越し費用を稼ぐため安堂の勧めでカフェバーで働き始める寧子

シネコンよりミニシアター系がよく似合う
意外と退屈しない

映画の内容からすれば140人もレビューを書いていることにまず驚かされる
菅田将暉の魅力がそうさせるのだろうか

共感を重要視する人には向いていない作品
ヒロインは模範的とは到底いえないダメ人間だから無理もないが
働かない寝てばかりいる
バイトの面接に連絡もせず行かない
働き始めたら寝坊する遅刻する勝手に休む
店の食器をしょっちゅう落として破損する
勤務時間中トイレでサボる
ウォシュレットのことで共感してもらえないとブチギレる変人だし
「共感できない」「共感してもらえない」と苦しくなるのはある意味において精神的な病かもしれない
かなり昔から十人十色という有難い4文字熟語があるわけだし割り切りたいものだけど

とりあえず特に意味もなく走るシーンの撮影はあまり映画を撮ったことがない監督さんがよくやる手法だがこの作品も例外ではない
そういう点でも初々しい

趣里を味あうための映画
彼女はサラブレッドだが共演の石橋もサラブレッド
百姓や漁師やだるま職人なら親と同じ仕事を始めても誰も叩かないしむしろ賞賛されるが俳優となるとなぜか批判するバカは少なからず存在する
嫉妬なのかもしれないが僕は全く共感できない
趣里は両親よりわりと細かい芝居をするので好感が持てる

趣里と仲里依紗の配役はドハマリで抜群に良い
2人のやりとりが面白い

村田がのんびりしているらしくダメ人間の寧子にもかなり優しい
奥さんもそんな村田の良き理解者
世の中の全てがこんな感じならアジア系の出稼ぎ労働者なんて受け入れる必要ないのに

そんな職場でも嫌になりトイレを破壊し店を飛び出し夜のビルの屋上でなぜか全裸になる寧子
暗くてわかりにくいがそれで良い

冒頭の停電になると全裸で踊る母親は10数年後の寧子のことのようだ

安堂と村田の人間関係がよくわからないがたぶんカフェバーの物件を貸している大家の娘かなんかではないだろうか

反町隆史の後釜が難航しているらしいがそれなら趣里が相棒に抜擢されたら面白いな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

5.0リアリティーありすぎて見てる側がしんどいレベル

2022年4月7日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

リアリティーありすぎて映画を見てる自分が主人公に感情移入してしんどくなるレベル。特にウォシュレットのところ。考えさせられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぬおーん
すべての映画レビューを見る(全141件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る