劇場公開日 2018年6月22日

  • 予告編を見る

焼肉ドラゴンのレビュー・感想・評価

3.4148
17%
46%
28%
5%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全148件中、1~20件目を表示

4.0時代に翻弄される在日ファミリー

2020年5月8日
iPhoneアプリから投稿

ちょうど日韓関係が悪くなりだした時期だけに興行成績はさほどと記憶してます。しかし焼肉ドラゴンはかなりの良作です。舞台で賞を総なめした作品らしく脚本、演出とも良かったですね。キャストも両親役の韓国俳優も好演でした。(お母さん役はパラサイトにも出演)三姉妹は体調不良後の久々の復帰の真木よう子はさておき、井上真央はこのくらいの助演がしっくりくるようになっています。なにしろ驚いたのが桜庭ななみで韓国語のセリフを無難にこなしたり、まさかのキャットファイトまで繰り広げていて2018年の私の中の助演女優賞ですね。
大阪のコリアンタウンといえば鶴橋やら桃谷など生野区は有名ですが伊丹(正式には兵庫県)にもあったのですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トシくん

5.0見て良かった

てけとさん
2020年5月1日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
てけと

4.0きゅっとした。

2020年4月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
bloodtrail

4.0家族愛。

2020年4月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

その時代の逞しさと家族の温かさが伝わり
父親のキム、サンホの言葉が心に沁みました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
しろくろぱんだ

2.5時代

R♪さん
2020年3月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

時代がそうかもしれないが、ガサツ感が受け入れがたい。

ある意味リアルかもしれないが終始ガチャガチャしてて疲れてしまう。

元気な時に見る映画ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
R♪

2.0純粋に喜劇として楽しみたい

2020年2月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

はちゃめちゃな家族の悲喜劇として純粋に楽しめそうだったが、真木よう子の不幸背負い感と最後の在日への差別への訴えで萎えてしまった。もっとカラッと表現できないかね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あっきー

4.0時代を感じさせる映画

2020年2月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

大阪万博は中一になる春休み。私の生まれた街にも朝鮮人の暮らす一角があったのを思い出した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あっちゃんのパパと

2.5タイトルで録画したんだけど

2020年1月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幸せ

焼肉ドラゴンなんて、いかにもB級カンフー映画の様なタイトル。見始めてビックリの家族ドラマ。面白い、とか感動とかいう感情わ沸かなかったけど、オトンとオカンの演技に惹かれて最後まで見てしまった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
おのもん

4.0あの頃はそういう時代だったのか

fukui42さん
2020年1月8日
iPhoneアプリから投稿

途中大阪万博の話が出てきて、あー私が生まれた頃の時代舞台か〜と見てました。

飛行場近くでしょっちゅう飛行機の爆音が響く。
その下での人間模様。
皆がいつの間にか「焼き肉ドラゴン」に集っている。
帰る場所にもなってるんだな。集会場ともいう。
男たちは酒を飲んでばかりで、女が働いている姿が。
店のエリアの活気なさを表してました。

最初は母親がすべてを切りもりしていて、父親はその横で寡黙。
それがいくつかの悲しい事件があったりして。
父親が口数は少ないながらも、言う時はきっちり言う。
存在感が出てくるところが、とても頼もしく見てました。
「故郷は近いけど、ものすごく遠い」。
昭和40年代ならそうだったろうね。

娘たちとその夫や恋人の話も、ごっちゃ混ぜにひっくるめて。
大切な「家族」なのが伝わってきます。

戯曲の映画化とあって、時代背景も合わせてこじんまりわかりやすく。
思っていたより良質な作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42

3.5おもしろすぎる家族

Kisaraさん
2019年12月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Kisara

4.0生き物としての人間を巧妙に描いたブルースか

blank3sさん
2019年12月17日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
blank3s

4.0【高度経済成長期の関西地方都市の市井の人々の姿を描いた作品、だが舞台劇の色合いが出過ぎていて映画にした意味が弱いと感じてしまった】

NOBUさん
2019年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

幸せ

 鄭義信の人気戯曲「焼肉ドラゴン」を鄭自身が映画用に脚本を書き、監督も勤めた作品。

 只、描かれた画とストーリーが、(予算の関係もあったかもしれないが)、映画としての奥深さと面白さに深みがもう少しあると良かったなあと思った作品。

 「焼肉ドラゴン」の舞台を観たことはないが、無理に映画化する必要はなかったのではと思ってしまった。

 勿論、大泉洋演じる哲夫と井上真央演じる梨花との可笑しき夫婦関係や、焼き肉屋を営むイ・ジュンウン演じる英順や名優キム・サンホ演じる龍吉の不思議な連帯感のある夫婦の姿は魅力的だったのだがなあ。

<2018年6月23日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

3.0頑張った作品

2019年10月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

在日コリアンの話を、韓国人俳優も入れて作ったのは評価したい。焼肉屋の夫婦は元々の俳優としての力も素晴らしいし日本語も頑張っている。桜庭ななみはハングル上手でしたが出番が少なく、それ以外はもっとハングルを覚えましょう。

ドタバタ大家族の群像劇なので、通底したテーマが欲しかったが、ラストもテーマは家族で、ドラマに泣き笑いするという事はあまり無い。

ただ前述した焼肉屋夫婦もさる事ながら、真木よう子の存在感は見る度に増している。乳は垂れている(・・;)

大泉洋はこーゆー厚かましい役が合ってる。

それ以外は特筆は無いかな。

ラストは彼らのその後とか、字幕でいいから欲しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
クリストフ

3.0いい映画ではありますが!

Kayoさん
2019年10月1日
Androidアプリから投稿

見た次の日まで余韻が残るドキュメントのような映画でした!キムサンボさん大好きなので最高でした!が関西人としましてはいろいろツッコミ処が多くて 両親と桜庭さんと真木よう子さん以外はあきらかにミスキャスト!あくまでも個人の意見ですが!

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Kayo

4.0映画じゃなくて舞台の方が映える気がする

2019年8月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

幸せ

人気戯曲と知ったからという事もあるけど。
なかなかカットを切らない
独特の間
さすがに「働いた働いた」シーンは泣いた
ご返盃のシーン、真木よう子笑ってたよね!?
ホルモン最初しか焼いてない!
ほぼほぼビール飲んでるだけ
3姉妹良し
真木よう子のおっぱいに釘付け
在日
大阪
1969〜1971
バラックの屋根はいいが壁はちょっと
自殺
兵庫県
大阪
尼崎市水道局
京都グランシャトー

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

4.0日本の礎を築いた韓国の人達

2019年8月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

故郷を去り日本に翻弄させられながらも、
家族の強い絆を築き、
日本の礎を築いてきた韓国の人がいた。
その事を気付かせてくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

2.0偏見

2019年8月15日
PCから投稿

なぜかリアリティに欠けているような気がする

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

4.5ご返盃ごっこする二人

kossyさん
2019年8月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

 高度経済成長期を迎えていた日本。大阪万博開催で沸いていた一億総中流意識の中で、その社会の歪みのうき目に遭っていた在日コリアン。金龍吉(キム・サンホ)と金英順(イ・ジョンウン)の夫婦は伊丹空港近くの集落で焼肉ドラゴンというホルモン屋を営み、互いの連れ子静香(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)と夫婦の息子・時生(大江晋平)と暮らしていた。冒頭から家族の説明は時生のナレーションで始まるのだが、劇中では叫び声しかあげていない。

 娘3人の恋愛事情を基軸に在日の内に秘めた思いを語っていく物語ではあるが、面白おかしく演技する中で、終盤の龍吉の告白が真に迫る。大泉洋とか亀の子タワシのおっさんも凄くいい演技。『万引き家族』の陰に隠れてしまった感もあるけど、こちらも凄い映画だった。

 日本に来て働いて働いて、戦争に駆り出され日本のために戦って左腕を失った龍吉。故郷の韓国に帰ろうとも思ったが、そこで故郷済州島の虐殺事件(済州島四・三事件など)で家族・親戚・友人たちが皆殺されてしまい、家も焼かれて帰る故郷を失ってしまった。さらに朝鮮戦争勃発により、日本に永住することを決意したのだ。

 そんな焼肉ドラゴンの店。実は戦後混乱期に醤油屋の佐藤さんから買った土地だと言い張るのだが、もともとは国有地であり、市役所からもはした金で撤去するよう求められていた。結局は万博が終わった1971年に家を出ることにはなるのだが、3人の娘たちが伴侶とともにバラバラになってしまう。『万引き家族』とも近いようなテーマはあるのですが、こちらの方はバラバラになっても永遠に家族なんだと主張している点が違うのです。大泉洋は北朝鮮に行きたがってるし、次女は韓国、三女は日本・・・。それでもたくましい性格の者ばかりなので、明日はきっと明るいんだと想像させてくれるところがいい。

 記憶に残る台詞、大泉「その世間一般とやらを連れてこい!」、龍吉「土地を取り上げるなら、わしの腕を返せ!」など。その後の国有地は公園にされるということから、時期的にも森友問題にも繋がる面白さもあった。

コメントする (コメント数 6 件)
共感した! (共感した人 12 件)
kossy

3.5この時期に放送するWOWOWはすごい

2019年7月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

笑える

悲しい

在日の方々の厳しい生活を描いた映画を日韓合同でなく日本が作り、日本の今をときめく大物俳優達が演じたことに驚いたが、それを、この日韓関係が厳しい中、堂々と放映するWOWOWにも賛辞を送ります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
まるむし

0.5全然おもしろくない

2019年7月28日
iPhoneアプリから投稿

40分観たが全然話が盛り上がらずおもしろくなかった
もし45分目から盛り上がっても遅すぎると思う

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ま~太郎♪
「焼肉ドラゴン」の作品トップへ