ゲティ家の身代金

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ゲティ家の身代金
ゲティ家の身代金
6%
51%
36%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1973年に起こったアメリカの大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐された事件を、「オデッセイ」「グラディエーター」など数々の名作を送り出してきた巨匠リドリー・スコット監督のメガホンで映画化したサスペンスドラマ。73年、石油王として巨大な富を手に入れた実業家ジャン・ポール・ゲティの17歳の孫ポールが、イタリアのローマで誘拐され、母親ゲイルのもとに、1700万ドルという巨額の身代金を要求する電話がかかってくる。しかし、希代の富豪であると同時に守銭奴としても知られたゲティは、身代金の支払いを拒否。ゲイルは息子を救うため、世界一の大富豪であるゲティとも対立しながら、誘拐犯と対峙することになる。ゲイル役をミシェル・ウィリアムズ、ゲイルのアドバイザーとなる元CIAの交渉人フレッチャー役でマーク・ウォールバーグが出演。ゲティ役をケビン・スペイシーが演じて撮影されたが、完成間近にスペイシーがスキャンダルによって降板。クリストファー・プラマーが代役を務めて再撮影が行われ、完成された。

2017年製作/133分/R15+/アメリカ
原題:All the Money in the World
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) ミシェル・ウィリアムズ
最優秀助演男優賞 クリストファー・プラマー
最優秀監督賞 リドリー・スコット
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0予告編とは、主人公が別の人。想像できなかったです。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

世界一の超大富豪にして守銭奴のゲティ。

その孫が誘拐され、身代金を要求された時、ゲティは断固として支払を断ったため、孫の耳が切り落とされ、脅迫文に同封されて脅迫がエスカレートして行くという事件は、昔、なにかで見た記憶があります。

もちろん、ディテールなど、すっかり忘れていたのですが。

映画の最初の部分で、息子が誘拐された時、被害者も半ば合意の上で車に乗り込んだようにも見え、その点だけがこの映画の疑問部分ですが、ゲティの息子と離婚し、今では家賃すら滞納している母親が、愛する息子のために闘う、その闘いこそがこのドラマの見どころなのです。

そう、この映画の主人公はゲティではありません。

予告編では、大金持ちのドケチ爺さんだけが表に出てきており、私は内心、これは観なくていい映画だなと思っていたのですが、主人公がこのお母さんであったこと、その苦悩と闘いこそ、思わぬ拾い物。
楽しめる映画でした。

子供のためにあらゆるものと闘うお母さんの姿には、爽快感すらも感じられます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

5.0出てくるお城🏰が【Jonas Brothers Sucker】のvideoに出てくる❗

Aprilさん
2020年5月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

実話を基に映画化されたという事です。
超超お金持ちのゲティ家の孫が誘拐され、身代金要求されます。
しかし、超超ケチのお爺さんが金を出すと返事をしません。
孫の命の危機迫り、手に汗握る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
April

3.5守銭奴との戦い

たけおさん
2020年3月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

本当の敵は誘拐犯ではなく、ものすごい守銭奴の祖父でした。
交渉人を派遣した時は、良いやつかなと思いましたが杞憂でした。
実話ベースというのが、恐ろしいところです。
ストーリーは、あまり起伏がないため淡々とした感じで進みます。そのため、面白みはあまりないといえるかな。
それにしてもあまりにも交渉人がしたことが少なすぎるように見えました。まあ、これは交渉人が主人公でないからと思いましょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たけお

2.0ネゴシエーターと言えばマスターキートン

よしさん
2020年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

大富豪ゲディ家の子息が誘拐され、その救出に母親が奔走する物語。

実話を基にしたお話です。だからと言うわけではないのですが、映画としては平板で面白みに欠ける作品のように思いました。
息子を誘拐され、義父に見放された母親の慟哭。誘拐された息子の恐怖。誘拐犯の葛藤。ネゴシエーターと誘拐犯の攻防。幾らでも描けたと思うのですが、どれも上辺で流された感じです。
ネゴシエーターで言えば、浦沢直樹の「マスターキートン」という漫画で誘拐犯との攻防が描かれていますが、そちらの方がよりスリリングで細かく書かれています。
色々なものを描こうとして中途半端になったのか、実話ベースなので深堀を避けたのかは分かりませんが、何れにせよ深く印象に残らない作品だったと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし
すべての映画レビューを見る(全118件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る