ラブレス
ホーム > 作品情報 > 映画「ラブレス」
メニュー

ラブレス

劇場公開日

解説

「父、帰る」「裁かれるは善人のみ」などで世界的に高く評価されたロシアのアンドレイ・ズビャギンツェフ監督が、失踪した息子の行方を追う身勝手な両親の姿を美しくも冷ややかな映像で描き、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞したサスペンスドラマ。一流企業で働くボリスと美容院を経営するイニヤの夫婦。離婚協議中の2人にはすでにそれぞれ別々のパートナーがおり、新たな生活のため一刻も早く縁を切りたいと考えていた。2人には12歳の息子アレクセイがいたが、どちらも新生活に息子を必要としておらず、ある日激しい罵り合いの中で息子を押し付け合ってしまう。その翌朝、学校に行ったはずの息子がそのまま行方不明になり、彼らは必死でその行方を捜すが……。

作品データ

原題 Nelyubov
製作年 2017年
製作国 ロシア・フランス・ドイツ・ベルギー合作
配給 クロックワークス、アルバトロス・フィルム、STAR CHANNEL MOVIES
上映時間 127分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第90回 アカデミー賞(2018年)

ノミネート
外国語映画賞  

第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)

ノミネート
最優秀外国語映画賞  

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

受賞
コンペティション部門
審査員賞 アンドレイ・ズビャギンツェフ
出品
コンペティション部門
出品作品 アンドレイ・ズビャギンツェフ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

少年が消えたロシアの凍てつく風景が、深遠なスリルを醸し出す“捜索”映画
ラブレスの映画評論・批評

ロシアのアンドレイ・ズビャギンツェフ監督の長編第5作は、題名そのままに現代ロシアの“愛のない”親子3人の日常を点描して幕を開ける。といっても、どこにも愛が見当たらないわけではない。サラリーマンのボリスと自分磨きに余念のないジェーニャの...ラブレスの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全45件)
  • 身近なところにも国際社会にも広がるラブレスの病 ネタバレ! ロシアの名匠が撮り上げた本作は前半と後半とで違った表情をあらわにする。前半では愛をなくした親たちの姿を“子供の視点”から描き出し、後半ではそれが完全に逆転する形で、忽然といなくなった子の姿を探し... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2018年4月27日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • 現実なら母親の息子殺しとゆう結末が正しい 生まれた時から嫌いでいじめて離婚する時除け者にしていた母親が、行方不明になると途端にオロオロ泣き出し死にものぐるいで探し出すのは猿芝居に間違い無いと思うのですが。 警察が基本的に親を疑うのですが... ...続きを読む

    アサシン アサシンさん  2018年11月21日  評価:3.0
    このレビューに共感した/1
  • 悲しい ネタバレ! アレクセイは見つからなかった。欧米とは違うロシアの暗黒面を映し出しているかのようで切ない。 ...続きを読む

    Takashi Takashiさん  2018年11月4日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

裁かれるは善人のみ
裁かれるは善人のみ (字幕版)
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「ラブレス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi