目撃者 闇の中の瞳
ホーム > 作品情報 > 映画「目撃者 闇の中の瞳」
メニュー

目撃者 闇の中の瞳

劇場公開日

解説

中古で買った車がかつて目撃した交通事故に関わった車であったことから、主人公が思いがけない事態へと陥っていくさまを描いた台湾製サスペンススリラー。ある嵐の夜、新聞社の実習生シャオチーは、郊外の山道で当て逃げ事故を目撃する。被害者の男性は死亡し、助手席の女性もひん死の状態という重大な事故で、シャオチーは現場から逃走する車を撮影する。しかし事故が記事になることはなく、犯人も捕まることはなかった。それから9年後、敏腕記者となったシャオチーは、買ったばかりの中古車の元の持ち主が9年前の事故の被害者だったと知り、事故の真相究明に乗り出すが、その最中に不可思議な事件が巻き起こる。台湾のアカデミー賞といえる第54回金馬奨で主演男優賞ほか5部門にノミネートされるなど、高い評価を得た。

キャスト

作品データ

原題 目撃者 Who Killed Cock Robin
製作年 2017年
製作国 台湾
配給 フルモテルモ、コピアポア・フィルム
上映時間 117分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

特集

念願の超高級車が超激安で手に入った……が、《不可解》な事件が続出……あなたはそれが“あの事故車”と知っても買いますか? いいんですか!?「哭声」「チェイサー」「殺人の追憶」──サスペンス・スリラー…
サスペンス映画としては異例の大ヒットを台湾で記録した話題作が、ついに日本上陸!

犯罪映画としては異例となるロングラン大ヒットを台湾で記録し、台湾のアカデミー賞こと「金馬奨」5部門ノミネートを果たした話題作「目撃者 闇の中の瞳」が、2018年1月13日に日本公開を迎える。スクープを連発する敏腕新聞記者が、過去に目撃...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

幾多の謎をかき分け、恐ろしい真実に突き進む台湾産サスペンス・ミステリー
目撃者 闇の中の瞳の映画評論・批評

多くの映画ファンが台湾映画と聞いて思い浮かべるのは、エドワード・ヤン、ホウ・シャオシェンといった巨匠の名前やみずみずしい青春映画の数々であろう。その半面、近隣の韓国や香港で盛んに作られているジャンル映画の印象は乏しく、2014年の「共...目撃者 闇の中の瞳の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全11件)
  • 凝った謎解きサスペンス、期待できる監督 関係者の証言や回想に少しずつ嘘がまじっていて、真実に一歩近づいたと観客に思わせて実はミスリードしていく。その手腕がなかなか鮮やかで、しかも後半にとんでもない残酷描写も飛び出して意外性も十分。 聞... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2018年1月31日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 疲れた。 面白い。とても凝ったストーリー。絡み合った人間関係。人の闇をよく描いています。真実を知ってなお強かに生きる感じも好きです。 ...続きを読む

    めたるぱんち めたるぱんちさん  2018年5月26日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 寓話の裏切り――正直者は得をしない ネタバレ! ライターの西森路代さんがお薦めしていたこともあり観たが、これは本当に「人怖話」だ。事件の関係者はそれぞれ、欲望や強迫観念やしがらみに捕らえられ、嘘をつく。そして最後は、真実を踏みにじって「賢い選... ...続きを読む

    マユキ マユキさん  2018年4月5日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「目撃者 闇の中の瞳」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi