負け犬の美学

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
負け犬の美学
負け犬の美学
19%
47%
33%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アメリ」でヒロインの相手役を演じたマチュー・カソビッツが、家族のために奮闘する落ち目のボクサーを熱演したフランス製ヒューマンドラマ。最盛期を過ぎた40代のプロボクサー、スティーブ。彼は愛する家族のため、そして自分自身の引き際のために、欧州チャンピオンの練習相手に立候補するが……。劇中のボクサー、エンバレク役には、WBA世界スーパーライト級王者のソレイマヌ・ムバイエを起用。監督はこれがデビュー作となるサミュエル・ジュイ。2017年・第30回東京国際映画祭コンペティション部門出品(映画祭上映時タイトル「スパーリング・パートナー」)。

2017年製作/95分/G/フランス
原題:Sparring
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2016 - UNITE DE PRODUCTION - EUROPACORP

映画レビュー

4.0カソヴィッツが皮を突き破りたどり着いた第三形態

2018年10月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

興奮

つくづくマチュー・カソヴィッツは底知れない。数々のヒット作で飄々とした演技を披露したかと思えば、『憎しみ』や『アサシンズ』などの秀作の監督としても有名だ。そんな彼が『負け犬の美学』ではまた皮を破り、第三形態へと変貌を遂げてみせる。

すでに映画界では『ロッキー』があらゆるボクシング映画の表現を食い尽くした感がある中、しかしカソヴィッツの役柄は過去のどのボクサーとも違う。試合に負けても、サンドバッグのように猛打を食らっても、娘に情けないところを見られても、相手に食い下がってようやく仕事にありついても、彼の生き抜く姿勢にはどこか神々しい「輝き」が見て取れる。

ふと妻が投げかける「踊って」という言葉が胸に突き刺さる。どんなに底辺を這いつくばっても、リング上で踊る心意気さえあれば、その試合がまだ続いている証拠だ。人生終わってなどいない。この映画は真のファイターの姿を我々にまざまざと見せてくれた。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

3.0家族のために…

ケイさん
2020年12月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
ケイ

4.5いわゆるボクシング映画ではなかった

Walterさん
2020年11月26日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Walter

3.5自分を認められる生き方をしよう。

雪村さん
2020年7月16日
iPhoneアプリから投稿

美学というものはフランス映画の主旋律と言っても過言ではないから、タイトルに使うにはあまり相応しくないように思う。

が、邦題としてその言葉をつけてしまう気持ちもわかるほどにこの映画も美しい。

言葉や結果以上に生き様で伝わることがある。

周りと比べてどうあるかではなく、自分の気持ちとどこまでズレずに居られるか。

自分に嘘さえつかなければ、例え多くの人が何と言おうと、どんな扱いを受けようとも、理解してくれる人はきっといる。

強かな父も、支える妻も、受け止める娘も力演の名作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
雪村
すべての映画レビューを見る(全29件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る