ラッキー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ラッキー
26%
51%
19%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「パリ、テキサス」「ツイン・ピークス」で知られる個性派俳優で、2017年9月に逝去したハリー・ディーン・スタントンの最後の主演作。「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」などの名脇役ジョン・キャロル・リンチが初メガホンをとり、スタントンに当て書きしたという90歳の気難しい現実主義者ラッキーを主人公に、全ての者に訪れる人生の最後の時間を描く。神など信じずに生きてきた90歳の男ラッキー。ひとりで暮らす部屋で目を覚ますとコーヒーを飲んでタバコをふかし、なじみのバーで常連客たちと酒を飲む。そんなある日、自分に人生の終わりが近づいていることに気付いた彼は、「死」について思いを巡らせる。子どもの頃に怖かった暗闇、去っていったペットの亀、戦禍の中で微笑んだ日本人少女。小さな町の住人たちとの交流の中で、彼は「それ」を悟っていく。スタントン本人の体験に基づくエピソードが描かれるほか、長年にわたるスタントンの盟友デビッド・リンチ監督が主人公の友人役で登場。

2017年製作/88分/PG12/アメリカ
原題:Lucky
配給:アップリンク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

映画レビュー

4.0死を受け入れる事

2020年1月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

2020年 1本目

最近、親戚の葬儀に出向くことが増え、自分も「死ぬ事」について少し考えてみようかと思い鑑賞。

大きな事件のない淡々とした映画ではあるが、主人公ラッキーの偏屈ぶりとリアリストなところや、歌を歌う姿が2年前に他界した祖父と重なりしみじみと観てしまった。映画の中でラッキーは、走馬灯のように過去の出来事がフラッシュバックし、誰に、というわけでもなく自分に言い聞かせるように語る。ここで得たラッキーの悟りを全て理解することはできなかったが、なんとなくイメージすることはできた。まだ自分は死を考えるには人生が浅いということなんだと思う。

2年前に他界した祖父も、ラッキーのような悟りがあったのだろうか。
自分が成人して「お前と一緒に酒が飲みたい」という祖父の夢を叶えられたすぐ翌年の他界だったので、祖父は何かを満たしてこの世を発ったのだろうか。

あと20年生きて、人生折り返しかな、と感じたら、またこの映画を観たい。
自分のその時の考えを知るためにも、まだまだ生きようと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
にくきゅう

4.5とても好きなタイプの映画

lanachamaさん
2019年12月31日
iPhoneアプリから投稿

とても良かった。とても好きなタイプの映画でした。
いろんな人種の人たちが、思い思いに交わりながら、それでいて何だか暖かい。
またぱり、テキサス見ようっと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lanachama

4.0まあ人それぞれの価値観

2019年12月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

孤独と死って、まあ向き合いたくはないもの。だから、目を背ける、あるいは、無効化するために労力を費やす。幸せの追求って全部そう。

ラッキーの生き方はその点でいけば後ろ向きといえる。ごくあたりまえの幸せを追うことをしていない。しかしながら後退もしていない。どちらかというと前進している、死に向かって。
孤独と死を真っ向から受けて、生きている。最後はみんなそう、勘違いするな、ていう。

こうはなりたくない、か、こうでありたい、かはまあ人それぞれの価値観でしょうね。
不治の病で余命うんたらとかのヒューマンドラマはよくあるが、この手法で見せられる余命にインパクトがある映画。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

4.5なんでもない作品

2019年12月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

本筋は、田舎町に住む老人の生活を追っているだけです。が、彼が友人や知人と言葉を交わしたときにぽろっと口にする一言に、どきっとさせられたり、妙にじーんと心に響いたりと、なんとも不思議な感覚を味わされました。

しかし、観終わってから、どの場面が良かったかな、と考えてみても、ぱっとは思い出せないくらいあっさりとした印象で、まさに、なんでもない、なんてことない作品だったのだな、と、変に納得させられてしまうような、とにかく、不思議な魅力のある作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ユージーン
すべての映画レビューを見る(全62件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る