シェイプ・オブ・ウォーターのレビュー・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター

劇場公開日 2018年3月1日
500件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

変幻自在の水と、外見を覆う緑、あらゆる生き物が流す血の赤が際立つ

水には形などない。変幻自在で、私たちはそこにどんな想像力も、感情さえも投影できる。だが今の世の中、水を見つめるように人の内面を見通すことがどれほど可能なのだろう?肌の色、宗教、国、外見、服装、貧富の差。我々を取り巻く色眼鏡は数多い。その点、半魚人と、声を失った女性とのラブストーリーは、まるで互いの中の「水」を見つめ合うかのように、あらゆる衣を脱ぎ去った無垢なる姿に満ちていた。

本作は「緑」で満ちている。研究所の薄暗い明かり、清掃係の制服、パイ、新車、噛み砕かれるキャンディ、それから絵描きは「もっと緑を足せ」と要求される。半魚人の体も緑、だがイライザはその奥を見通す。

それでいて誰もが等しく赤色に染まるのも印象的だ。何かに目覚めたヒロインの服装も赤。さらにその全てを飲み込んでいくのはまた水。人々はそういった揺り戻しを寄せては返す波間のように繰り返しながら、歴史を重ねているのかもしれない。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年3月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 7 件)

途中で類似する先行作に気づき、ラストで唖然 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「パンズ・ラビリンス」で独創性あふれる世界観を提示してみせたギレルモ・デル・トロ監督の最新作だし、今年のアカデミー賞で最多ノミネートということで、観賞前の期待は高かった。実際、イライザの暮らしぶりに親近感を覚え、彼女と半魚人(=彼)との心の距離が近づいていく過程にときめき、彼を施設から運び出す作戦には心躍らせた。

でも、彼をアパートのバスタブに入れてかくまうあたりで、この話「スプラッシュ」に似ている、と気づく。あちらは青年と人魚の恋で、男女の性を入れ替えた格好だ。人魚も軍の施設で研究材料にされ、弱ってしまう。終盤、埠頭で追っ手に取り囲まれた異種恋愛のカップルは、海へダイブ。人間も水中で呼吸できるようになり、海底の王国で幸せに暮らしましたとさ……って、ラストまで一緒じゃん! 原案・脚本にデル・トロがクレジットされているが、オマージュの域を超えてはいまいか。

AuVis
AuVisさん / 2018年2月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 9 件)
  • 共感した! (共感した人 16 件)

コミュニケーション・ツールとしての言葉の破滅 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「パンズ・ラビリンス」で見事ジャンル映画としてのファンタジーの限界点を超えてみせたギレルモ・デル・トロ。その最新作は、異形の者同士が言葉を介さず、互いに交わす目線と表情だけで愛を確認し合い、やがて、2人だけの世界へと身を投じていく姿に新たなファンタジーを見出している。対極として、愛のない生活に辟易している夫婦や、意思の伝達能力に乏しいゲイの隣人を登場させて、コミュニケーション・ツールとしての言葉の破滅にもはっきりと言及している。常時濡れているような深緑色の画面、そのウェット感、冷戦時代の冷気を切り取ったようなセットデザイン等々、隅々にまで監督の確立された美意識を感じる、まさしく監督賞に相応しい新ファンタジーである。

MP
MPさん / 2018年2月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 12 件)

懐かしの半魚人映画

子供の頃、確かゴシック・ホラーの名門ハマー・フィルムで制作された「大アマゾンの半魚人」・・・と思ってたら心細くなりネットで調べたらこれユニバーサルの映画だと!

で、「大アマゾンの半魚人」、「ウルトラQ」のラーゴンを経て、すっかり半魚人の事を忘れていた時に出会ったこの「シェイプ・オブ・ウォーター」。

所謂おとぎ話みたいな映画だけど、いつの時代にも存在するフォーマットだと思う。
例えばよく比較される「スプラッシュ」や「花嫁はエイリアン」もっと言えば「マネキン」とか、どちらかと言うとラブコメ調の作品が多い。あと「キングコング」ね。
80年代に偏ってしまったが、もっと昔の名作「シベールの日曜日」や「招かれざる客」、もちょっと乱暴だけどニュアンスとして今作に近い存在のような気がする。

で、今作の主人公たちは声帯を破損した女性と南米から発見さえた未知の存在。共にマイノリティなカップルが必死に明日を探しクライマックスへ繋がるんだけど、監督のやりすぎ感も気になるが嫌味のない演出とセリフや画像による観客への感情コントロールが上手く気がつくと終了。

半魚人さんは割とハンサムで肌の柄も綺麗な昔のそれとは違うなぁ。

colt45SAA
colt45SAAさん / 2018年6月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

引き込まれる

まず、この映画の映像美に惹かれました。
画面全体が海の中のような薄暗い青いカラーで、水がいつでも連想されます。

音楽もとても素晴らしい。
水の柔らかさ強さを表現するかのような音楽で聴いていてとても心地がいいです。

ギレルモ・デル・トロ作品の中ではなかなか単純なストーリーなのだなと思いました。
またここまでラブストーリーを全面に出した映画も珍しいですね。
でも、美男美女やありきたりな恋愛を描くのではなく、決して若くはない女性と半魚人の恋愛とはさすがのギレルモ・デル・トロだと思いました(笑)
彼女が口が聞くことのできないのを知らないから、ありのままの自分を彼は見てくれるというのには、彼らが惹かれ合う運命なのだと感動しました。
あの、サリーホーキンスの手話での熱演とても素晴らしかった。

ファンタジーな要素が詰め込まれていながら、東西冷戦下のアメリカという割と現実的な舞台。
パンズ・ラビリンスから感じていましたが、彼は現実とファンタジーを両方をひとつの映画で描くことにとても長けています。今回もそんな厳しい現実的な世界と、クリーチャーとの純愛の対比が素晴らしかったと思います。

そして最後の2人が水の中で抱き合うシーン
なんか、気持ち悪いなんて一切思わず、むしろうっとりして泣いてしまいました。
これは彼の作品でも最高傑作ですね

ま ど か
ま ど かさん / 2018年6月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

肝要と虐待のステレオタイプ

一味変わった社会派ドラマとしてUMAとの恋ありきで感情移入できそうなシチュエーションを考え抜いたのでしょう。
奇妙な物語にすることで観客に自問自答させることが狙いなのでしょうか。いっそ18禁のETでもありかと思いますね。
グロにならない範囲で、よく考えたなとは思いますが私にはノーマルなラブストーリーで十分かな。

odeonza
odeonzaさん / 2018年6月20日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エラ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

絵本のようなと思いきや、白黒テレビのロマン映画。
古き良きロマンチックな雰囲気。
恋をして色めき鮮やかになっていくイライザに眼を奪われる。

でもなんでラストで魚人まで撃つし。
ストーリーが進むにしたがって、指の壊死がよく描写されるのは何故?
まだよく落とし込めてない。
何はともあれ結ばれてよかった。
傷がエラになってちょっと感動。
うっとり眠れた。

tokyotonbi
tokyotonbiさん / 2018年6月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

案外シンプル

デルトロ作なので、かなり個性の強いファンタジーだろうなと予想していたけど案外シンプルだなと思った。
シンプル故にどこが高評価なのかは正直わからなかった。
主人公の理解者としてゲイのおじさんがいる事で、単にLGBTの人たちではなくもっと広い意味での自由恋愛のメッセージを感じました。

自分的にどこが良いとされてるのかを考えながら見てたけど、
まずは映像、ダークファンタジーの怪しさを醸し出しつつ印象的な緑と赤の配色、
そして飽きさせないと言うか映画に入り込ませる仕掛け、最初の工場の火事だとか、突然の自慰シーン、モンスター造形などなど、
そして当時の空気感のある音楽。
この設定はここで生きてくるのかと勉強にもなったし、
素敵なデルトロらしさはたくさん感じられたけど、
ストーリーの単純さが物足りなさを感じてしまった。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2018年6月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

眠くならなかった

あまり期待しなかったせいか、予想以上に面白かった。
+R15指定だけど、そういう場面をカットして、若い人にも見せてあげたらいいのに。

如月小町
如月小町さん / 2018年6月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい映画

言いたいことは色々ある映画だが、監督のブレないコンセプトが素晴らしい。
ラブストーリーは何故美男美女でないといけないのか?美女と野獣系のストーリーは何故人間の王子にならなくてはならないのか?
ありのままを描くことが「愛」を描くことだとすればその映画は「愛」を真正面から描いている。
セックスシーンもよかった。「愛」のもつ生々しさ、タブー性を監督の美意識で美しくしかしリアルに魅せるバランス感覚。
登場人物が皆どこか不器用で憎めない。特にゲイのおっちゃんにはマジで幸せになってもらいたい。

minto
mintoさん / 2018年6月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しさと奇妙さの奇跡的調和

宇宙センターにて清掃員として働くイライザは幼少期のトラウマで声が出せずに手話を用いて、隣人でゲイのジャイルズ、同僚のエルザに支えられながらも恋人のいない暮らしに寂しさを感じていた。
そんなある日運び込まれて来た謎の生き物とその生き物を研究と称して虐待する軍人ストリックランド。
言葉を介さないイライザと謎の生物の交流と種族の垣根を超えた愛を描いた奇妙で美しいラブストーリー。

第90回アカデミー賞にて作品賞含む4部門を受賞、第75回ゴールデングローブ賞にて作品賞監督賞の2部門を受賞し、各映画賞レースにて主要部門をかっさらった作品として大きく注目された今作。

1962年を舞台に盲ろう者、ゲイ、黒人が政府と対立するといった構図の作品で、ある種マイノリティの反撃といった現代に通じるメッセージ性の強い側面がある一方、主人公のイライザが40代前半にして朝から一発おっ始めたり、イライザと謎の生物との直接的ではないもののwow…となるようなラブシーンがあったりと普通の綺麗なラブストーリーと思って観始めるとちょっと面食らうかもしれない笑。
しかしそれが不快であることなんて全くなくて、むしろそういった表現が作品にマッチしていて美しさすら感じさせる絶妙な作品になっている。

ギレルモデルトロ監督の強い想いで美男美女のラブストーリーにしたくないというテーマがあったようで、ヒロインとして起用されたサリーホーキンスことイライザは実年齢と設定年齢ともに40代前半でとてつもなく美人というわけでもない地味な印象の女性を演じている。
しかしその彼女が謎の生物との交流の中で徐々に生き生きとしていく様子がどこか幼い少女のようで可愛らしくも見え、例の謎の生物とのバスルームでのシーンにて水中内での行為後の謎の生物越しのニンマリとした笑顔もどこか妖艶に見えて、つまりはとてもエロい、、!!笑
美男美女のラブストーリーではないからと言って退屈だったり、見応えがなかったりとかそういうことが一切なくてこの表現は見事だなと感じた。

その謎の生物を追うストリックランド演じるマイケルシャノンの迫真の演技も素晴らしかった。
冷戦時代の軍人らしく、弱さ罪と言わんばかりに、自信を持って行動しなければならないといった信念を持っているかのように感じた。
そんな彼が家に帰るとごく一般的な父の顔と妻を愛する夫の顔を覗かせるが、後半はそれすらも弱さとみなすようなまさに鬼のような顔つきで謎の生物を追い詰めていく。
とにかく顔が怖い笑。ウィレムデフォーと並んで顔が怖い笑。顔だけで助演男優賞いったかと思ってたけどそもそもでノミネートされていなくて残念。。
あとは唯一のボカシのシーンがそこかよと思ってちょっと笑った。

第90回のアカデミー賞にて今作が監督賞と作品賞の主要2部門を受賞した際にWOWOWで放送されていた中継で映画評論家の町山智浩氏がこういった特撮的な作品がアカデミー賞で評価される時代がやってきたことを涙ながらに喜び、ゾンビでもマーベルでもバットマンでもアカデミー賞の戦いに参加できるんですよと熱を持って語る様子を見て今作のすごさを改めて感じたし、やはり喋れるオタクって憧れるなぁって改めて思った笑。

オレ
オレさん / 2018年6月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ギレルモ・デル・トロよりモンスター/怪獣に愛を込めて

祝!本年度アカデミー賞作品賞受賞!
『パンズ・ラビリンス』という傑作はあったものの、どうしても『ミミック』『ブレイド2』『ヘルボーイ』『パシフィック・リム』など我が道を行くかのようにモンスター/クリーチャーが登場する作品を手掛けてきたギレルモ・デル・トロが、ブレる事無く同ジャンルでオスカーを受賞するとは…!
やったね! おめでとう、ギレルモ・デル・トロ!

本作がオスカーを受賞した時、“総合芸術”という言葉が度々用いられたが、なるほど、納得。
種族を超えた愛の形、社会的マイノリティーへの差別・偏見、社会的に地位ある者たちの横暴・傲慢。
モンスター・ムービー/ダーク・ファンタジー/異色のラブ・ロマンスである事は大前提として、米ソ冷戦下、“彼”を巡る諜報戦、逃がそうと奔走するサスペンス、ミュージカル要素やユーモアも。
クラシック・ムービーへのオマージュがたっぷり込められつつ、それらを纏め上げたギレルモ・デル・トロのメッセージ性と独創的でイマジネーション豊かな演出。
口の利けないヒロインを全身全霊体現したサリー・ホーキンスの熱演。オクタヴィア・スペンサー、リチャード・ジェンキンスの的確な好助演。さすがと言うべきマイケル・シャノンの憎々しさ。
美しい映像、音楽。独特の美術。
雨、水槽、バスタブなど、印象的な“水”のシークエンス…。
大混戦と言われた今年のオスカー、まだ作品賞ノミネート全て見た訳ではないが、映画=総合芸術という意味では(ちゃんと高いクオリティーも含め)、受賞は妥当だったのではないだろうか。

やはり主役は、“彼”。
見た目はこれぞ!と言うくらいの半魚人。
さすがに初見は、グロテスクでキモくも見える。
鋭い爪は人の指や身体を簡単に切り裂き、凶暴性もある。
しかし…
捕らえられたアマゾンの奥地では神のように崇められていた“彼”。“彼”は人を映す鏡ではないだろうか。
つまり、冷酷な者には凶暴性だけが見え、ピュアな者にはそうは映らない。
音楽や卵が好き。手話でコミュニケーション出来るほど知性も高く、リアクションや仕草の一つ一つが次第に愛らしく見えてくる。
それどころか、カッコ良く、イケメンにも見えてくる。
神々しく、美しく、寂しげで…。
CGではなく、俳優が演じた生身のスーツのこだわり、造形。
ギレルモ・デル・トロの愛情がたっぷり注がれた、魅力的な“彼”なのである。
(でも、猫ちゃん食べちゃうのはアカンぜよ…)

作品自体は、賛否両論。
まあ、それも分かる気がする。
好き嫌い分かれるジャンルだし、人間の女性と半魚人のラブ・ロマンスだなんて最初は誰だってドン引く。
おまけに、冒頭からサリー・ホーキンスのフルヌードとアレ、彼女と“彼”の…。
とてもとても『美女と野獣』のようなロマンチックでファンタスティックには程遠い。
でも…
『美女と野獣』はアリで、本作はダメなのか?
否!
それなら劇中のマイケル・シャノン演じる冷酷軍人と同じ。
醜いものは醜い。差別・偏見でしか見れない見方。
誰がケチを付けられようか。
言葉も、種族も、見た目も超え、少しずつ心と心が触れ合っていき、激しく強く惹かれ合う。
“彼”も最後は王子様になったりはせず、そのままの姿、ありのまま。
メルヘンへのアンチテーゼであると共に、真の愛の形。
二人があの後どうなったか、思いを馳せ、余韻にも浸れる。

個人的にはこの作品、好きだ。
上記で語った理由もあるし、そもそもギレルモ・デル・トロの作品がご贔屓でもある。
それらに加え、どうしてもモンスターやクリーチャー、そして怪獣たちに愛着やシンパシーを感じてしまう。
ギレルモ・デル・トロは、『大アマゾンの半魚人』で最後殺されてしまう半魚人に共感し、それが本作を作るきっかけだと言う。
また、ピーター・ジャクソンも『キング・コング』を作る際、よりコングとヒロインの愛を掘り下げた物語に謳い上げた。
恐ろしい存在に描かれる事の多いモンスターたち。
しかしその実は、人間より繊細で、魅力的な存在。ベタな言い方だが、醜く、恐ろしいのは、いつだって人間の方なのだ。
そんなモンスター映画がアカデミー賞を受賞した。
モンスター映画=B級という固定概念を覆した。
これはもう快挙と言っていい。
日本でも同現象が起きた事は記憶に新しい。
言うまでもなく、『シン・ゴジラ』の映画賞席巻。
子供もしくはファン向け、ちんけなB級特撮と言われていたあのゴジラが…!
自分にはちょっとした苦い思い出がある。
その昔、ゴジラが好きというだけで小馬鹿にされた。
それが嫌だったから好きじゃないなんて言ったりしたけど…、
悔しかったなぁ…。
ゴジラが好きで何が悪い!
今はもう、胸を張って堂々と、誇ってさえ言える。
ゴジラは映画賞を獲ったくらいの傑作だよ、と。
(いや、元々映画史に残る名作だけど、所詮怪獣映画と嘲笑する輩が多く…)

ゴジラが絡んで話が脱線してしまったが、つまり何が言いたいかと言うと、
もうモンスター/怪獣映画はB級でも嘲笑の対象でもない。
メッセージ性のある高いドラマを訴える事が出来る。美しい愛を語る事が出来る。総合芸術の一つである。
ギレルモ・デル・トロはそれを証明してくれた!

ありがとう、ギレルモ・デル・トロ!
あなたは、レイ・ハリーハウゼン、本多猪四郎、円谷英二らと共に、偉大なモンスター・マスターの一人です!

近大
近大さん / 2018年6月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

うっとり

想像していた以上にロマンティックなラブストーリーで、うっとりするほど美しい世界観だった。

マイノリティたちに完全にスポットライトを当てつつ、こんなにも美しく描かれた作品は多くはないんじゃないかな。
貧しくても、仲間は少なくても、彼らの生活はささやかな芸術と想像力と愛に溢れていて。とても魅力的に映る。
対照的に描かれる上流階級の生活はキラキラしててカッコいいのだけどなんだか退屈そう。

ストーリーは割とシンプルに進むんだけども、いろんな仕掛けやエッセンスが加えられていて、ドラマとして見応えがある。
デルトロ監督のセンスが良すぎて、水に棲む彼も、極秘施設も、イライザの棲家も、ディテールが本当に魅力的なんだよな。
敵役にも憎めない魅力と滑稽さがあって。また何度でも観返したくなる作品でした。

sannemusa
sannemusaさん / 2018年6月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

設定が面白い

現代のおとぎ話と言っても過言ではありません、一目みたらいい人にしか見えない主人公に、見慣れると可愛く見える奇妙な生物、絶対悪い奴にしか見えない悪役や主人公を助ける人達それぞれが旨くキャラクターを演じているところも良かったです

おさみん
おさみんさん / 2018年6月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分には合わなかったかなぁという感じです。

自分には合わなかったかなぁという感じです。

Mi-ku
Mi-kuさん / 2018年6月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

デルトロ ファンタジー。

良いお話のようだが、イライザには共感できなかった。
不思議な理解しがたい画面がいくつか。

sy
syさん / 2018年6月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アカデミー作品賞を獲ったので期待したけれど ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アカデミー作品賞を獲ったので期待したけれど、普通の映画でした。映画の後はどうなったのだろ?二人で暮らしたのかな?人間が水中で暮らせるのかな?

hide1095
hide1095さん / 2018年5月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

理解不能…

124分、映画.com3.9
正直、なぜ好評価なのか自分には理解不能だった。

Sai-San
Sai-Sanさん / 2018年5月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

様々な愛とその喪失の物語。親近感から異形を愛し、身体的人間性を喪失... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

様々な愛とその喪失の物語。親近感から異形を愛し、身体的人間性を喪失した女。同性愛者でありながら(あるいはバイ?)ただ友と言うにはあまりに深く隣人を愛し、喪失した男。あくまで友として友を愛し、喪失した女。科学を愛し科学に殉じた研究者。他者を力と地位で抑えつけ、自分のみを愛し全てを喪失した男。
なんかまとまってないけどそんな感じ

.
.さん / 2018年5月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アカデミー賞ね〜

前評判とは違って、想像通りのストーリー。
オチも予測できた。
なんかスプラッシュを逆にして、ラブコメをR15にしてエグさを付けただけな感じ。

紺野
紺野さん / 2018年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

500件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi