シェイプ・オブ・ウォーターのレビュー・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター

劇場公開日 2018年3月1日
558件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

変幻自在の水と、外見を覆う緑、あらゆる生き物が流す血の赤が際立つ

水には形などない。変幻自在で、私たちはそこにどんな想像力も、感情さえも投影できる。だが今の世の中、水を見つめるように人の内面を見通すことがどれほど可能なのだろう?肌の色、宗教、国、外見、服装、貧富の差。我々を取り巻く色眼鏡は数多い。その点、半魚人と、声を失った女性とのラブストーリーは、まるで互いの中の「水」を見つめ合うかのように、あらゆる衣を脱ぎ去った無垢なる姿に満ちていた。

本作は「緑」で満ちている。研究所の薄暗い明かり、清掃係の制服、パイ、新車、噛み砕かれるキャンディ、それから絵描きは「もっと緑を足せ」と要求される。半魚人の体も緑、だがイライザはその奥を見通す。

それでいて誰もが等しく赤色に染まるのも印象的だ。何かに目覚めたヒロインの服装も赤。さらにその全てを飲み込んでいくのはまた水。人々はそういった揺り戻しを寄せては返す波間のように繰り返しながら、歴史を重ねているのかもしれない。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年3月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 13 件)

途中で類似する先行作に気づき、ラストで唖然 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「パンズ・ラビリンス」で独創性あふれる世界観を提示してみせたギレルモ・デル・トロ監督の最新作だし、今年のアカデミー賞で最多ノミネートということで、観賞前の期待は高かった。実際、イライザの暮らしぶりに親近感を覚え、彼女と半魚人(=彼)との心の距離が近づいていく過程にときめき、彼を施設から運び出す作戦には心躍らせた。

でも、彼をアパートのバスタブに入れてかくまうあたりで、この話「スプラッシュ」に似ている、と気づく。あちらは青年と人魚の恋で、男女の性を入れ替えた格好だ。人魚も軍の施設で研究材料にされ、弱ってしまう。終盤、埠頭で追っ手に取り囲まれた異種恋愛のカップルは、海へダイブ。人間も水中で呼吸できるようになり、海底の王国で幸せに暮らしましたとさ……って、ラストまで一緒じゃん! 原案・脚本にデル・トロがクレジットされているが、オマージュの域を超えてはいまいか。

AuVis
AuVisさん / 2018年2月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 9 件)
  • 共感した! (共感した人 20 件)

コミュニケーション・ツールとしての言葉の破滅 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「パンズ・ラビリンス」で見事ジャンル映画としてのファンタジーの限界点を超えてみせたギレルモ・デル・トロ。その最新作は、異形の者同士が言葉を介さず、互いに交わす目線と表情だけで愛を確認し合い、やがて、2人だけの世界へと身を投じていく姿に新たなファンタジーを見出している。対極として、愛のない生活に辟易している夫婦や、意思の伝達能力に乏しいゲイの隣人を登場させて、コミュニケーション・ツールとしての言葉の破滅にもはっきりと言及している。常時濡れているような深緑色の画面、そのウェット感、冷戦時代の冷気を切り取ったようなセットデザイン等々、隅々にまで監督の確立された美意識を感じる、まさしく監督賞に相応しい新ファンタジーである。

MP
MPさん / 2018年2月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 14 件)

ラブストーリー

監督がかつて観たという、怪物と人間の女性との悲恋を成就させてあげたいという思いからできたもの!
アマゾンで発見された半魚人と言葉を話せない女性の恋愛。
ラブストーリー苦手だけど、これはすごい面白かった☺️

yuuu
yuuuさん / 2018年12月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美女と野獣のリメイク?

外国人はこういうラブロマンスが好みなのか?

あっちゃんのパパと
あっちゃんのパパとさん / 2018年12月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

分からない。

分からない。

oracion
oracionさん / 2018年12月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おしゃれな映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

水の使い方がとてもおしゃれで、小物やセットもいちいちかわいい。
メルヘンチックだけれどどこかグロテスク、という世界観は「アメリ」を思い出した。

発話のできない女性と半魚人の心のふれあい、というテーマはとても好みで、途中までは「大当たりだな!」と思っていた。

けれどラストが腑に落ちなかった。
映像的にはほんとうに美しい。日本版ポスターに使われたのは頷ける。
けれど主人公が実は…というオチにはおいおいそりゃないだろ、と思ってしまった。
人間社会に馴染めず、さんざんな苦労をしたのはそもそも別の世界から来たから!水の中で幸せに暮らせるよ!というのは作品のテーマを覆してしまったような気がする。異種間コミュニケーションじゃないじゃん…
マイノリティにスポットを当てて丁寧に描いてきたのに、結局そういうオチかよ…と思ってしまったので星は4一歩手前、という感じで。

フライトキャット
フライトキャットさん / 2018年12月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大アマゾンの半魚人を観てみたい

オープニングの幻想的な映像がとてもきれい。そのままのトーンで映画全体につづいていく。青みの強いみどりに統一された多くのもののなかに、時折現れる鮮やかな赤。赤はよろこびでもあり苦しみ。生命の色。
ジャイルズ好き。猫…

taquico
taquicoさん / 2018年12月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 萌える
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グリーン色が美しい

鮮やかではないグリーン色が綺麗でとても印象的。イライザが何があっても動じなく平然としている所が魅力的。後半からどんどんファンタジーに。ダンスシーンはララランドを思い出しました。魚人に噛まれたらもしや段々魚人化していくんじゃ?とちょっと期待しましたが。

サラ
サラさん / 2018年12月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人魚?がいい。

半魚人?何かわからないけど、変な生き物の完成度がすごく高いと思う。気持ち悪いかと思いきや、とても綺麗で、表情とかもとても良かった。ストーリーは、思ってた通りだけど、変な生き物が、とてもいい味出してて良かった。

どん
どんさん / 2018年12月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ピュアでファンタジックなラブストーリーを想像していたので、ちょっと... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ピュアでファンタジックなラブストーリーを想像していたので、ちょっとグロいシーンが多々あり驚きました。サスペンスも好きなので、個人的には良かったのですが。主人公は見た目によらず積極的だったな。同じ掃除係のふくよかなおばさんが、気が良くて飾らない性格で好きでした。残忍なようで割と苦労もしてて人間味のある悪役さんとか、信念を貫こうとする博士とか、なんだかんだ言って広い心で"彼"や主人公を許しちゃう売れない画家とか、登場人物が個性的かつ人間味があって面白かったです。一方で結局正体ははっきりしない"彼"とか、お風呂場を水で満たしちゃうシーンとか、普通じゃない、いかにも映画らしいところもあり、そこもまた味わい深かったです。

ラテ
ラテさん / 2018年11月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

駄目だ

つまんない。

@Jankichi@
@Jankichi@さん / 2018年11月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

冷戦時代アメリカの人魚の御伽噺 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

メモと感想

プロローグ、水の中を漂うように、この物語へ入って行ける没入感が気持ちよかった。

美術が女性的で綺麗。
歌と古楽器のレトロな音楽に彩られた、
水中を見るような色彩と、古い色彩の合わさった、カラーリングがファンタジックだった。冷戦時代の、まだ平和ではない寒さもあった。
ヒロインは、歳を取ったアメリのようにロマンチックだった。アメリを思い出したのは、彼女も言語のコミュニケーションに長けておらず、「語られる」側の描写が多いからかもしれない。
車や靴、映画館や研究所の建物に、こだわりを感じた。物語のキーアイテムがたくさん散りばめられていて、画面全体を見ていたくなるワクワク感が楽しかった。

シークエンスの切替時に、BGMや音が次シークエンスに繋がっていることが多かった。その余韻が独特で強く、心地よかったり、怖かったり、色んな表情があった。

半魚人を始め、
発語障害、同性愛者、戦後まもない黒人の、マイノリティな人たちや、権力が決して大きくない人たちが、「同じ人」だという温かみがあった。

職場では乱暴な「人間の王子」に、子どもたちがキスするシーンを見ると、不思議な気持ちになった。どんなモンスターにも好きでいてくれる人がいた。
後半の銃撃の悲劇と、描かれていないけれど、残されたストリックランドの子供たちを思うと、どんな争いも喪失は辛いなど、観終わってから思った。

前半で「見世物小屋のマーメイド」という言葉が出てきた時、「人間の残酷さ」が書かれた悲しい童話がモチーフだとドキッとして、どんな物語になるんだろうと主人公たちが心配になった。
だけど童話の神秘的で美しいところが、たくさん抽出されていた。
人魚が人間に狙われる理由になる、不死伝説。美しい歌声を失い、人間に生まれたお姫様、呪いを解く口づけ。

二人のメインテーマ曲が、水に溶けるように甘くて綺麗だった。

えむ
えむさん / 2018年11月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

入り込めない(´-ω-`)

ファンタジーとミュージカル、
シリアスな部分が混在してどーも入り込めない(^_^;)

声の出せないイライザが孤独を感じ
彼と出会い境遇や共感をし恋に落ちるストーリー
あまり予想外の展開がある訳じゃないので音楽やセット見て楽しんでました
最後の海に沈むシーンは綺麗でしたね(^.^)

たの
たのさん / 2018年11月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

せつないけど。。

美しさとグロさの対比がすごかった。おとぎ話なので、ストーリーにはそれ程入れ込めない。

quad
quadさん / 2018年11月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大好きな映画になりました。 予告を見ておらず、一切の予備知識が無い...

大好きな映画になりました。

予告を見ておらず、一切の予備知識が無いままふらりと映画館で観た映画です。
とても素敵な映画で、その後映画館でもう一度、DVDで三度鑑賞しました。

青を基調とした幻想的な画面、拘りのカメラワーク。
女性の60年代ファッション、主人公の服装の変化。
セクシーでキュートなクリーチャー。
などなど、視覚的にとても楽しめる映画でした。

全体的に仄暗い話でしたが、デル・トロ監督らしい、考察の余地があるラストやストーリーがとても好みです。
人魚姫の童話を思い返しながら考察をするのがとても楽しめました。

とても素敵な映画ですが、仄暗く痛々しいシーンが多く、ベッドシーンもあるので一緒に観る人は選んだ方が良いかも知れません。

くらげ
くらげさん / 2018年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルなし

ハイミスの獣姦オナニー映画。

@Pigmon
@Pigmonさん / 2018年11月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

楳図かずおの14歳

そっくりの研究室?ファンタジーは余り好きではない、半魚人はアバターそっくりだし、欲求不満の主人公?ゲイの友人?

ハニ
ハニさん / 2018年10月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Guillermo del Toro

第90回アカデミー賞シリーズ。今作は、作品賞、監督賞、作曲賞、美術賞に輝いた、#ギレルモデルトロ (#GuillerodelToro) 監督の作品をご紹介!

日本でも、かなりの人がアカデミー賞作品を手にすることが多くなったようで、この作品を見ていないという人もかなり少ないと思います。

このオスカーに選ばれた本作の中で今回取り上げるのは、もちろん監督ギレルモデルトロ!

おなじみ、#パシフィックリム や#ヘルボーイ などで、新たなジャンルを作り上げてきた彼ですが、彼の特徴は何と言ってもその脚本能力にあると思います。

今回の作品とともに、先ほど挙げた作品以外にも、#ホビット シリーズなんかも手がける、このジャンルに関しては超一流の脚本家でもあります。

脚本家としてのギレルモデルトロですが、まずなんといっても、このストーリーを映画で実現しようと思うこと自体がすごい。小説や漫画だったら実現することも可能だとおもいますが、それを実写映画で撮ろうと考えるととても難しいことだと思います。

なぜかというと、今作を見てみても、得体の知らないモンスターと人間の女性の恋愛ですよ?まず受け入れ難いですよね(笑)。実際、映画の中に出てくるモンスターとかを見てみても、受け入れ難いのは変わりません。

では、なぜアカデミー賞を受賞できるまでの映画にすることができたのでしょう。

そこに監督ギレルモデルトロがいるんですね!

彼の監督しての技術は、”ミスディレクション”。

黒子のバスケの、黒子の技ですね。ここでいうミスディレクションとは、映画の中で視聴者に見せたくないものを見せないということ。

ちょっとわかりにくいのでもう少し詳しく。

映画を作るとなると、#ヒッチコック 作品の時にも言いましたが、視聴者に的確な情報を与えることで、ストーリーが進んでいき、キャラクターが構築されていくというものです。

つまり、視聴者に見せたいものをしっかりと画面の中でとらえ、視聴者に認識させることが重要だということです。

もちろん、それはとても重要なことで、それに失敗してしまった作品もかなり多くあります。というか、評価が低い作品のほとんどがそれが原因でしょう。

一方で、ギレルモデルトロ監督がやっているのは、画面の中で見せたくない部分を視聴者に見せないように工夫することで、必然的に視聴者に情報を与えているのです。

「見せたいものを見せる」と「見せたくないものを見せない」の違いとはなんでしょうか?

そこが、ギレルモデルトロ監督作品が面白いところで、「見せたくないものを見せない」ことで、「見せたいものを見せる」よりも多くの情報を与えることができます。「見せたくないものを見せない」のだから、上映中に目に入ってくるものはすべて、視聴者に伝えたい情報なのです。

だから、こんなにヘンテコな設定であっても、デルトロが伝えたいことがしっかりと伝わってくる。さらに、このヘンテコな設定の良さも、ファンタジーさやフィクションの良さとして伝わる。

視聴者が目にする情報はとても量が多いので、意識的に脳内に蓄積されるのではなく、視聴者の視界の中に広がり、包み込むような感覚になります。それこそが、デルトロ監督の真骨頂で、映画体験の一つの方法です。

これは、ディズニー&ピクサー映画などでも同じですが、アニメと実写とではまたちがってきますよね。今作では、巨額な予算とともに、美術、VFXを駆使して、さらに壮大な世界観を作ったため、画面に見えるものはとても美しかったです。

例えば、本作でいうと、半魚人のSF的な面はほとんど触れられませんし、宇宙センターの内部もほとんど触られないままストーリーが進んでいきます。

だからといって、宇宙センターなのにロケットないじゃんとか、どうやって半魚人とセックスしたん?とかってのは、気になったとしても、ほっとける。

そのストーリーに邪魔なものに引っ張られないようにすることができているから、時代や国家などのテーマも伝えられるし、ファンタジー要素も受け入れられるということです。

今後のギレルモデルトロ監督・脚本作品が楽しみ!

てか、#マイケルスターバーグ (#MichaelStuhlbarg) やばくね?アカデミー賞作品賞ノミネート作品の3作品に出演してんで。えげつない。

Editing Tell Us
Editing Tell Usさん / 2018年10月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クソ映画です!

半魚人が猫に吠えられただけで怒って食ってしまいます。
こんな頭のおかしな半魚人を好きになる女もその程度って感じの映画でした!

野獣
野獣さん / 2018年10月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

558件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi