のみとり侍のレビュー・感想・評価

メニュー

のみとり侍

劇場公開日 2018年5月18日
90件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

これ面白いのかなぁ

コメディにしても微妙な作品。
阿部寛の出演作だったので、楽しみにしていたが…。
トヨエツの演技は良かったが、前田敦子は何のためのキャスティングなのか疑問。
斎藤工の使い方も。
見なくても良い映画だったかな。

ふぁーびー
ふぁーびーさん / 2018年12月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

テンポが良く、あっと言う間 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

特に前半テンポがよく、
時代劇だけど入り込みやすくて面白かった。
トヨエツと松重豊のキャラが良かった。

斎藤工のキャラ配置とエピソードの意味は何かあるのか?と思っていたらオチに向かうエピソードになってて
なるほどな!とは思ったけど、オチは若干弱いような…

後妻業の女の監督と言う事でオチが雑なのは癖なのかな?と思いました。

BGMも印象的でミスマッチしてて良かった。

全編通して明るい雰囲気で駆け抜けてくれて、
気持ち良い映画でした。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2018年12月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大人の時代劇コメディ

艶の中にも笑いあり楽しく鑑賞できました。
町人の生き生きした姿も時代劇ならではで見てて楽しい。そして阿部寛演じる蚤取りに成り下がった武士、現代のサラリーマンにも通ずる可笑しさと切なさもあり見せるとこは見せてくれます。痛快時代劇でした。
ただ、後半若干テンポが落ちた気がしました。

MA2030
MA2030さん / 2018年12月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑えないコメディー、感動しない人情話

何がしたいのかまるでわからない話。
微妙に外れていて、苦笑い。
観ていて恥ずかしいくらいにデタラメ。
どうせ外すならギンタマかテルマエロマエぐらいにしてほしい。
実在の人物名出して外しまくるから、とてもシラけてしまうのである。
でも、アベカンとトヨエツだけは、並ぶとすごいですね。
ヘタクソでも、女は引く手あまたですか。
二人ともモデル上がりですから、背が高く、スタイルグンバツ。
二人とも天性の間が在りますから、良い味が出ています。
この映画は、それだけ。
寺島しのぶのババハダカ見せられても、どうかな。
それも何度も。
どうも、至近距離だとオヤジみたいな顔なので、ゲイのラブシーン見ているようで吐きそうにもなるのです。
前田敦子はなぜ顔にシミがあるのでしゅか、メイクですかなと。
桂三枝は何故かキョロキョロ目が動くので、何か出入りがあるのかと思いましたよ。
斎藤工にもラブシーンさせれば良いのに、一番旨そうだし。
とゆうことで、中身のない映画でぢたとさ。

アサシン
アサシンさん / 2018年12月8日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ふんどし最高

阿部寛さんの顔が濃すぎて侍姿に違和感ありましたが…(笑)
楽しく最後まで観賞しました。
豊川悦司さんと前田敦子さんのくだりが好きです。
ふんどし姿に唐傘姿で堂々と歩く豊川悦司の姿に爆笑しました。
斎藤工さんにものみとり役をやって欲しかった…(願望)

フラニー
フラニーさん / 2018年12月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

豪華キャストですが

日本映画にありがちだけど、ベテラン監督のもとに豪華キャストが集結、でもそれだけで終わってしまっているのが残念。コメディー調とお色気シーンがある前半は、まだ良いが後半になるにつれの展開には、ついていけませんでした。あと欲を言えば、お色気シーンも脱ぎそうな人しか脱がないので予定調和的で空振り感が否めない。

セイちゃん
セイちゃんさん / 2018年11月29日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良く出来た劇団公演と思えば100点

楽しいですよ、好きです
これだけのキャストを集めて劇団風のコメディを作ったと思えば、本当に良く出来てます

全国公開の映画だと思えば、確かにどうなんでしょう

キャスティングされている役者が好きなら見て損はなし
本当にいい演技してますよ

良くも悪くも
古臭い劇団の仕事で、良く出来たコントに過ぎませんが

rage
rageさん / 2018年11月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

落語の面白さを取り入れた様な異彩放つ作品。

ある席にて藩主を馬鹿にしてしまった主人公が、猫のノミ取りという変わった職業へ転職を命じられる御話。

猫のノミ取りと云うのは建前上の職業であって、メインは女性の性欲を満たす職業であった。。。
という訳で、エロティックなシーンもR15規制とあるますが、私としてはそれは単なる物語のスパイスであり、逆に「物語全体はどうなるのだろう?」と観入ってしまいました。

主人公・小林寛之進演じる阿部寛と清兵衛生演じる豊川悦司のやり取りは、まさしく落語のネタ内に居る人物Aさん、Bさんである。
落語の様に2人の会話が面白く感じた。
(逆に通常テレビでの落語に興味・面白みを感じない人はこの作品は無理だと思われる。設定のノミ取り&侍だって落語ネタだから出来る妙技。)

物語は淡々と進む。だがベースとなる落語を崩したりせず映画として成立している姿に異彩を放つ良作だなと感じる部分がありました。

マイナス点は一部俳優。特に前田敦子さんには(プライベートで結婚もした事ですし)この役は数年後演じて頂きたかったと残念でなりません。寺島しのぶさんの様にもっと女としての魅力が加わった筈です。

逆に意外と良かったのが田沼意次役の桂文枝師匠でしょう。

昨今、中村勘三郎さんのユニークな歌舞伎公演やワンピース歌舞伎など、古典芸能を分かりやすく楽しみやすい工夫がなされている。
この映画はその流れの良い例だと思います。

日本アカデミー賞の最優秀は取れなくとも、優秀賞5作品の中に選ばれ、受賞式の際作品ラインナップにてニヤニヤさせて頂きたい作品ではあります。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2018年11月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)

蚤取業の侍

『後妻業の女』で大人のコメディに才を発揮してから、鶴橋康夫監督の作品が面白くなった。本作も。
40年温めていたという念願の企画は、時代劇。…いや、正確に言うと、昨今全く見掛けなくなった艶笑時代劇。

江戸時代、越後長岡藩。真面目なエリート侍・寛之進は、ちょっとした失言で藩主の怒りを買ってしまう。
「猫の蚤とりになって無様に暮らせ!」
え? 猫の…蚤とり…??

その名の通り、猫の蚤とり稼業。あくまで、表向きは。
本当は、女たちに愛を奉仕する裏稼業だった…!

つまり、左遷されて男婦になったようなもの。
今年は松坂桃李が脱ぎまくってヤリまくった『娼年』があったが、あちらのように激しくなく、ハリウッド・コメディのように下ネタ全開のおバカではなく、これぞ日本の喜劇!
濡れ場はあるが、お茶の間でも笑って見れるほどで、カラッと明るく楽しい。
キャストの笑演がまた愉快。

阿部寛、寺島しのぶ、豊川悦司ら実力派のやり取りは保証付き。
阿部寛にこういう異色の役柄はお手の物。派手な着流し姿だけで笑える。『テルマエ・ロマエ』から十八番のナレーションも勿論。
トヨエツの浮気話は爆笑モノ。まるで落語を聞いているようだった。
他にも実力派が顔を揃える中、トヨエツの若い恐妻役の前田敦子も快演。

江戸時代に本当にあったという“蚤とり屋”。
ただ身体と欲を求めるだけじゃない稼業。
そして、周囲の人間模様。
無償で子供たちに学問を教える男。彼が病気になった時、長屋の皆で交代で看病。一度は断ったものの、ある熱意に打たれて診療を承諾する医者。
金は無く貧しいが、人情に溢れた人間模様や、江戸の風俗/浮世の味が美味。

さてさて、蚤とり屋となった寛之進。
最初の客は、亡き妻そっくりの女。が、「下手くそ!」と罵られてしまう。
これにはさすがにショック。俺は、下手くそなのか…?
真面目な彼は、ひょんな事から知り合った伊達男・清兵衛から女の悦ばせ方を学ぶ。清兵衛と女が戯れるのを覗いて勉強したりして。(…って、オイオイ!)
みるみる上達、次々指名が入る。
仕事にやりがいを、長屋の人情にも触れ、思わぬ仕事で思わぬ場所で、生き甲斐も感じていく。

寛之進はとにかく馬鹿が付くほどの真面目で実直なのだ。
普通だったら、こんな仕事をさせられ、こんな場所で暮らす事になり、不平不満だけが募る。エリートなら尚更だ。
が、寛之進もエリートであっても、他の輩とは違う。常にベストを尽くす。
また、不平不満など言ったら、この稼業や貧しい暮らしの人々を見下す事になる。
何も知らない自分がそんな事言うなど言語道断。彼らへの敬意も忘れない。

しかし、そういう真面目な人物が損をするのが、いつの世の不条理。
ある日、“蚤とり禁止令”が敷かれ、寛之進は御用になってしまう。
お裁きとなり、因縁ある藩主の御前に…。

真面目な人物が損をするが、我が身を救うのもやはり自分の真面目さ。
自分を蔑ろにした藩や藩主を案じ、訴える。
その実直な姿には胸熱くさせられ、何だか『テルマエ・ロマエ』で演じた主人公とダブるものがあった。

実力派たちの絶妙な演技と、艶っぽい笑いと、意外や真摯な訴え。
思ってた以上に面白かった。天晴れ!
鶴橋監督にはこういう大人向け喜劇でまだまだどんどん手腕を発揮していって欲しい。

近大
近大さん / 2018年11月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

前半おもしろい。

気楽に観れます。

「下手くそ!」
苦笑いしました。

コンブ
コンブさん / 2018年11月12日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

喜劇映画だよ!全員集合、このドタバタ感が最高の役者で楽しめる!

「蚤とり侍」って何のこっちゃ?R指定だったのでDVD観賞。
実際に観てみると、R指定する程ドギツイシーンが多く有るようにも感じられなかった。
むしろTVの方がドッキとする事がある位の軽い軽い、コメディー作品。

しかし、メンズノンノ第1号のカバーボーイでデビューしたイケメン阿部ちゃん、ここまでやる?って笑いが止まらない。
TVで観る限り阿部氏は超生真面目人間らしいけれど、役に入り込むとまるで人間が変わってしまうらしいけれど、ホント、イケメンの阿部ちゃんが、この情けない役を演じているからこそ、本作は面白い!!

それに寺島しのぶも、本当にこう言う役を案外平気で引き受けてしまう。彼女の育ちを考えると、あの母親から、本当に、しのぶが生まれたの?と疑いたくなるような役柄でも、サラリと演じてしまう、役者魂って言うか、この人の意気込みにはいつも脱帽させられる。

それに豊川悦司もこう言うライトなコメディーの方がニヒルな役より数段面白い。

それに風間杜夫、大竹しのぶと良くぞ、ここまで芸達者な喜劇俳優で夢の共演をさせたものだと感心する。
ストーリー自体は、極普通の江戸人情喜劇仕立てだから、これがどうのこうのと言うものでもない。

こう言う肩の凝らない娯楽映画を観ると何だか、気持ちが軽くなって嬉しいもんだ。

こんな職業が存在していたとは、本作を観るまで知らなかったけれど、江戸庶民って鎖国と階級社会で閉鎖的で、今日の現代生活と比較すると生き辛い日々だったのかな?と想像してしまうけれども、下水道の完備に始まり、江戸のエコ生活は案外今の社会でも見習う点が多いと言う。

そして大人の世界でも、浮世絵も遊郭も存在していたし、厳しいカースト性で縛られていたかと思えば、意外と町人も自由に暮らしていたようだ。
義務教育は無くても、寺子屋へは通って読み書きそろばんを覚えていた庶民の暮らしの一端を垣間見られる楽しい映画だった。

そう言えば今は亡き森田監督の「武士の家計簿」や松竹最後の撮影所監督の朝原雄三監督の「武士の献立」も楽しい江戸庶民の人情物だったよね。
「蚤とり侍」はちょっとだけ色気のオマケが付いて来るけど、これもたまには楽しい笑いで良いですね!

Ryuu topiann(リュウとぴあん)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん / 2018年11月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

艶っぽい浮世絵

江戸時代の艶っぽい浮世絵のようなお話。

ただ、これだけの一流の役者さんが揃っていながら、みんな演技が軽くて、一言で言えばちょっと残念だったかな…。

前半は、エロシーンとお笑いで進み、会場のあちこちからも、おじさん達の笑い声が上がっていましたが、後半のストーリー展開は、正直よくわからなかった。

阿部さんも、豊悦さんも、そして寺島さんもおじさん、おばさんパワーで、身体を張って頑張っていましたが、その場面だけが印象に残りました(笑)
前田あっちゃんも、あんな役やるようになって、AKB時代は考えられないですね。

あんまり考えないで、ニヤニヤしながら観ればいいのかな。

bunmei21
bunmei21さん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

残念だが期待外れ

期待外れだった。

寺島しのぶが阿部寛に「下手くそだ!」と叫ぶ予告編が楽しくて観たが、予告編の小気味よい編集を超えられなかった。

まっくん a.k.a. エロくそチキン
まっくん a.k.a. エロくそチキンさん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

ちょっとエッチな時代劇

昔の言葉を使っているので、ところどころ
わからないところがあった。笑
エッチなシーンは映画館で見ていてきまずかったなー。

maimai
maimaiさん / 2018年8月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかなか。

4人で亀の親子みたいなやつ。いるか?

ワイポン
ワイポンさん / 2018年7月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

無惨としか言えない

原作は見てないけど、映画の中身はペラペラというか、何も無い
呆れるくらい、いや悲しいくらい何も無い
元々、江戸時代にも男娼がいた!
ってだけの薄いテーマだけど
編集のし過ぎで見てても、は?
という感情しかわかない
豪華な俳優陣が勿体無い
時間とお金の無駄!
なんとか辛抱して最後まで見たけど
非常に残念な気持ちになる作品です

ナベ
ナベさん / 2018年7月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

紆余曲折 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

面白い話だった。

上手く練られた構成で、主役の心情の変遷が興味深い。
実直な「家臣」であろうと努める主人公が、理不尽ともとれる君主からの命令を生真面目に受け止め実行する。
そんな中で、それまでの人生では関わる事もなかったはずの人々と出会い、成長なのか変化なのか…自身を開放していく。
ラストでは、天命とも思える殿に対し、正面きって忠信するまでになった。
まあ、そこに至るまでは運命とも幸運ともとれる出来事がありはするのだが…。

全体的には、前半はユルイ感じでスタートし、後半にグッと締まるのかと思っていたらそうでもなかった。
盛り上がりにかけるとも思うのだが…そこは、物語を引っ張る役者陣の奮闘がある。
この辺が好みではないと思う人には辛い鑑賞時間になるのであろうと思う。
様式美を尊重しつつも、挑戦を諦めない演出とでも言おうか。
色使いがとても鮮やかで、照明がとても美しかった。時代口調とでもいう台詞回しがあるかと思えば、突拍子もないトーンで話すカットがあったりと、とっ散らかってる感じにもとれはするのだが…。
サブストーリーのボリュームが、結構大きくて時折迷子になる感じもしたかな。

寺島しのぶさんが、とにかく素敵で…。
美しく、可愛らしく…眼福だった。

U-3153
U-3153さん / 2018年6月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

久しぶりに寝た

コメディと言う割に中途半端で笑えないしストーリーも弱い
久しぶりに映画館館でねたよ
好きな役者がそろっていても本がわるければこんなものか

TRINITY
TRINITYさん / 2018年6月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

途中まで面白い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

エロさも良かったです

色々映画見てる自分ですが、
最後どうして無罪になったのか謎でした

しのぶさんの尻と乳が観れたのが個人的には最高でした

DVD買って、何度も何度もオカズにします

HDD4455
HDD4455さん / 2018年6月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

のみとり侍

6月20日に観に行ってきました。
主君に言われたのならば、例えどんな職にでも就き、勤めあげる主人公の姿に感動しました。
濡れ場のシーンもありましたが
それは私には、おまけに過ぎませんでしたが

阿部さん、豊川さん、寺島しのぶさんの
身体を張った演技には、感動を覚え

風間杜夫さん、大竹しのぶさんの夫婦役は
息が合い出番が待ち遠しくなり、
斎藤工さんは、爽やかさが際立ち、
伊武雅刀さんは存在力があり、
前田敦子さんは個性的と

それぞれの個性がぶつかりあっていました。

結末ははっきりしてるので、モヤモヤしないで済みます。

ミルキー1964
ミルキー1964さん / 2018年6月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

90件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi