劇場公開日 2018年7月27日

  • 予告編を見る

ウインド・リバーのレビュー・感想・評価

3.8256
22%
63%
14%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全256件中、1~20件目を表示

4.5本当の世界は法が規定する社会よりも広く深い

2018年12月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

テキサス出身のテイラー・シェリダンが描く世界は、リベラルなハリウッドが見つめにくいアメリカの姿が映し出されている。

『ボーダーライン』ではメキシコ国境の街がいかに危険にさらされているかを描いている。国境は麻薬戦争の最前線であり、麻薬から国を守るためには法の枠内では対処できない。法が通用しない世界で正義を執行する、という価値観は西部劇の典型だが、シェリダンの作品には常にこの価値観がある。アメリカはある種、国際紛争に対してもこうした態度で臨むことがあるが、アメリカは法では裁けない脅威に対して異様に敏感で、超法規的措置に走りやすい傾向がある。

本作の主人公もまた、法の枠内で片付かない悪を暴力で倒す男だ。それは正しくない、だがそうでもしないと片付かない問題もある。法の枠内では正しくないが、本当の世界は法が規定する社会よりも広く深い。

シェリダンは、本作を現代のフロンティア三部作の最後と位置づけているそうだが、フロンティアとは未開拓の地であり、そこには法はまだない。そこでは生ぬるい法に守られた社会のルールは時に通用しないのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
杉本穂高

4.0その時、狙撃手は不可視の存在になる

2018年8月11日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

主人公のコリーは優秀なハンターだ。前半は基本的に彼の視点で進む。驚いたのは、銃撃戦が勃発する終盤。敵味方が至近距離で撃ち合うこの場面、遠方から狙撃の腕前を発揮する主役の姿は映らず、カメラはひたすら撃ち倒される者たちの姿を追う。この非凡な演出!

脚本家テイラー・シェリダンが自ら監督も務めた本作は、現代フロンティア3部作の第3弾。かつての辺境開拓は「より強く、より豊かに」というポジティブな意志と欲望を原動力とする運動だったが、その陰で原住民やメキシコ移民は虐げられ悪者にされた。シェリダンはそんな辺境の暗部に光を当てる。

コリーはネイティブアメリカンの妻との間にできた娘を悲惨な事件で失った。だが終盤での狙撃は、復讐や、仲間を救うといった個人的な動機を超えた行為、神の裁きとして描かれる。だから狙撃手は画面に映らない。神にすがりたくなるほど辺境の現実は暗澹としている、ということか。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 25 件)
高森 郁哉

4.0苛烈な極寒の地で正義が揺れる

村山章さん
2018年7月31日
Androidアプリから投稿

悲しい

興奮

知的

テイラー・シェリダンは、リバタリアニズム系の作家だと思っていた。リバタリアニズムと「自分のことは自分で決める」という考え方で、国家権力からも可能な限り自由でいるべきだという思想。イーストウッドが描くヒーロー像や、『アウトロー』でトム・クルーズが演じたジャック・リーチャーをイメージするといいかと思う。

シェリダンが脚本を書いた『ボーダーライン』も『最後の追跡』も、法律に頼らない、もしくは頼れないから、自分自身の倫理観を基準に生きる人たちの映画だった。『ウインド・リバー』もまた、人間の作った法律など及ばない環境で正義を求める物語だ。

ただ、シェリダンが監督も兼ねた本作は、リバタリアニズムを感じる点は同じだが、人間の力がほとんど意味を成さない極寒の地が舞台であることによって、もはやリバタリアニズム的価値観は思想や信条というより「生きる手段」に近づいている。彼らを追い詰めるのは、人間や制度だけでなく苛酷な自然でもあるのだ。この映画が描く、屹立する現実の険しさに、ただ茫然としている。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 15 件)
村山章

4.0これは忘却されたアメリカの歴史や魂の物語でもある

2018年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

怖い

これまで2度にわたり“世界の果て”とも言える場所から現代アメリカの姿に光を当ててきたテイラー・シェリダンが、フロンティア3部作の最終章となる本作では脚本執筆だけにとどまらず、ついに監督までを買って出た。それだけでも彼の意気込みが伝わってくる。

舞台はネイティブ・アメリカンの保留地。いつもながらに、登場人物にも増して強烈な「土地」の持ち味がそこに住む人々の人間性を決定づける。苦しみや悲しみと共に生きる主人公(レナー)、経験は浅くても胸の内に強いものを秘めたヒロイン(オルセン)、二人が巻き起こす化学変化が力強く物語を前に進ませていく。前作『最後の追跡』と同様、本作もまたアメリカ映画が描いてきた「西部劇」が現代の視座、関係性の元でアップデートされたかのよう。シェリダンが描きたかったのは、忘れ去られたアメリカの歴史と魂なのだ。いま彼の作品が米映画界で大きな注目を集める理由もそこにあるのだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
牛津厚信

3.0雪に覆われた"辺境のウエスタン"の読後感は寒々しい

2018年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

アメリカとメキシコ国境で展開する麻薬戦争(「ボーダーライン」)、廃れたテキサスを背景にした銀行強盗とテキサスレンジャーの追跡劇(最後の追跡」)と、脚本を担当した過去の2本を受ける形で、テイラー・シェリダンは監督デビュー作の舞台をワイオミングのネイティブアメリカン保留地に選んだ。"フロンティア3部作"と形容されるのはそのためだが、最新作は説明不足が若干気になるものの、画面から漂う殺伐とした空気には息を飲む。保留地で生き甲斐を奪われ、それでも何とか生き続けるネイティブたちのどす黒い絶望感が、物語のきっかけになる殺人事件を捜査する主人公の白人ハンターや、その他の登場人物たちにも乗り移っているかのよう。これは、希望に満ちていたはずの開拓の精神が、実は絶望を伴う排他主義以外の何ものでもなかったことを突き付けてくる、雪に覆われた"辺境のウエスタン"。漂う読後感は一言で言って寒々しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
清藤秀人

3.055点

2021年8月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

映画評価:55点

この作品は前々から興味があり、
気になってはいたのですが、
中々見る機会がなかったんです。

前は気がつかなかったのですが、
なんとメインキャラクターを演じるのが
アベンジャーズ!!
気がついた瞬間にすぐ見ていました(苦笑)

前置きが長くなりましたが、
ここから感想を書きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実話に基づいた話し。
恐らく実話ではなく、
実話に基づいて面白い展開に変更した話し。

銃撃戦もないだろうし、
FBI捜査官の女が単独で捜査している事もない、
更には現地のハンターが捜査官と共に動く事もないだろう。

伝えたい事は1つ
ネイティブアメリカへの差別や扱いを
世界に発信したい。

それのみ。

だから、
少しねじ曲がっている。
パッと見は良い作品に見えるが

なんか、
伝えたい事意外が雑に感じる
それゆえに少し残念。

【2021.8.1鑑賞】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まぁと@名作探検家

4.5ネイティブ・アメリカン実話に基づいている

ゆいさん
2021年7月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゆい

4.0悲しいヒーロー

2021年7月9日
PCから投稿

主人公の心が非常によく伝わってくる作品だった。クライマックスの部分で二人の女のコがイメージとして重なる部分が見事だった。アメリカはネイティブに対してなんてひどいことをしているんだと思った。
脚本は余計なことを描かず必要なことをだけを選択して描いている。 それで見事にキレのある作品となった。しかもボリューム感をも兼ね備えている。 偶然ではなく確かな力量によって作られた映画という印象を受けた。この監督の今後の作品にも期待したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
KIDOLOHKEN

4.0想像を絶する零下30度の世界

2021年7月1日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 8 件)
ジョニーデブ

4.0コンキスタドールに始まる侵略の歴史の影響

唐揚げさん
2021年6月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

難しい

想像以上に深い話だった。
舞台はネイティブアメリカンが追いやられた“ウインド・リバー”
ハンターのコリー・ランバートは雪の中に、かつて亡くした娘の親友ナタリーの遺体を見つける。
FBIの新人捜査官ジェーン・バナーに捜査協力を依頼されたコリーは、自身の狩りでの知識を使いながら真相に辿り着いていく。

実話が元のようです。
少女が夜の雪原を逃げ惑うシーンで始まる。
ネイティブアメリカンの悲しい歴史を反映したかのような、“ウインド・リバー”という土地がもたらす悲劇。
この街は何もかも奪っていく。
音も娯楽も何もない。あるのは雪が降り頻る静かな雪原だけ。
運もない。
生きようとするか諦めるか。強いのか弱いのか。
被害者←犯人←コリーたち
シカなどの草食動物←ピューマやコヨーテなどの肉食動物←ハンター
という対比も良かった。
超至近距離の銃撃戦など緊迫感もあり、とにかく簡単に良い悪いで分けられない、複雑な心境の余韻が残る良い映画でした。

主人公コリーのかっこいいこと。
あんなかっこいい主人公久しぶりでした。
自分は裁きを加える立場ではないと言いつつも、自分の過去の苦悩を抱え、(復讐とはちょっと違いますが、)相手に同じ痛みを味わせるのには痺れました。
終始重く苦しく悲しい映画ですが、ジェーンにクロコダイル(いや、それはアリゲーター)のぬいぐるみをお土産に渡すセンスの良さに笑わせられた。
本当、シリアスなシーンの直後に「笑わせないで。」
ケイシーとの再会とかベンのその後とかもう少し描いて欲しい部分もあったけど、蛇足になりそうなのでこれで充分ですかね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
唐揚げ

4.0見て良かったです!

2021年4月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

興奮

予想していたよりかなり面白かったです。
深刻なテーマが根底にあるから、面白いと言うべきではないかもしれませんが、
CG多用偏向のハリウッド映画に辟易していたせいか、自然の厳しさとネイティブ・アメリカンが生きていくことの難しさを背景にしたサスペンスに新鮮味を感じられました。
エリザベス・オルセンはグラマーで童顔だけど、こういうハードなアクション作品にもピッタリだった(防寒着に着替える時のTバックのセクシーなお尻💕がほんの一瞬しか見えなくて残念だったので星1つ減らしましたが・・・)し、ジェレミー・レナーも寡黙なハンターで中々渋い魅力。
今まであまり人気の理由が分からなかったけど、ナルホドと納得しました!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジリオロッソ

4.0考えさせられる映画

2021年3月21日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とらちゃんだ

5.0これもかなり面白かった

守銭奴さん
2021年3月16日
スマートフォンから投稿

やはりアメリカ映画はレンジが深い裾野が広いというか
まだまだ、いろんな発想をしてくる
マンガアニメの実写化ばかり、あるいは人気作家の映画化とか、完全に守りに入ってる日本映画とは違う
(個人的には、もう死に体だよ日本映画一体だれが悪いんだ頭に来る)

で、この映画も意外性が光る 寒い地域に追いやられたネイティブの人たち、その寒さの想像を越えたすさまじさ なんか考えさせられた アメリカにもそんなに寒いとこあるのね

主人公は仕事人みたいだ、確実に悪をさばいていく

あーでもみてだいぶたつから、ストーリーがあまり思い出せない
もっいかいみよう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
守銭奴

4.0わかりやすい ストーリー、楽しめた。

2021年2月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

サスペンスとしては、単純でわかりやすかった。最後は事件が解決して良かった。 ネイティブアメリカンの問題と絡めているようだが、深く理解できていない。後日、勉強しないと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
優翔太郎

4.5ずっしり社会派、美しい自然、良質な語り口

2021年2月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

田舎、大自然、閉塞感、死、生きる。

色々考えさせもするが、まったく退屈にならない。

最強のハンターがかっこよくてエンタメとしても良き。でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ともひろ

2.5普通でした。 TVの再現VTRとかっぽい雰囲気。 ホーンって感じ。

マグーさん
2021年2月24日
PCから投稿

普通でした。
TVの再現VTRとかっぽい雰囲気。
ホーンって感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マグー

3.5映像これでいいのですか?

2021年2月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

全体的に…そこまで特筆する欠点の見つからないボチボチ楽しめる作品ではあり、ました。しかしそれは映像に我慢できればの話です。これ本当に映画ですか? ブレイキングバッドの方がよほどパワーのある映像だったように感じますが…全部再現ドラマのようで集中を削がれました。それは画質のみならず、画角やアングルなど様々な点でめちゃくちゃ安っぽかったです。
ストーリーは支離滅裂ながらも、多くを語らないことでリアリティと感じる締まった展開に感じます。全ての登場人物の思考や行動や辻褄を語らないのはむしろ現実の無慈悲さを強調しているようで、惹かれました。
もう少し主人公のクールさに頼らなくても良いかなとも感じましたが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Rewind That

4.0サスペンス映画やと思って見たら感想は違った! この映画のレビューを...

2021年2月14日
iPhoneアプリから投稿

サスペンス映画やと思って見たら感想は違った!

この映画のレビューを書かれている他の人達があげている、「先住民がどう」とか、「法律がどう」とかの観点は僕にはまだない。

それを踏まえると恥ずかしい気もするが、僕にはこの映画は現代社会で起きる「ハードな出来事」に対して賢く、逞しく、そして周りの人達に優しくしながら向き合う、カウボーイでありハンターである男の渋い物語に思えた。

やっぱり男はタフでないと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Daichi Kitakata

3.53.8点どんぴしゃり

asaさん
2021年2月2日
PCから投稿

いつも映画を見終わったらレビューを書く
その時、うーん4点かな、いや3.8点だなと思ったら
ドンピシャでしたね。

いい映画でした。
いつのまにか引き込まれていて、WandaVisionのやつでてるーってなってました。
なにより先住民族という新しい要素もあったり、ハンターがでてきたり、美しい自然だったり
なんか新要素多すぎて良き映画でしたね。

肝心のサスペンス部分もよかったんじゃないでしょうか。
主人公もちゃんとかっこいいし、はらはらするし

あの出来損ないの兄貴の「感情がいかってしまう」シーンも良きでしたね
彼はきっといい大人になるんだろうなーって思いました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa

4.0強い

2021年1月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
toukyoutonbi
「ウインド・リバー」の作品トップへ