劇場公開日 2018年7月27日

  • 予告編を見る

「本当の世界は法が規定する社会よりも広く深い」ウインド・リバー ローチさんの映画レビュー(感想・評価)

3.9206
24%
63%
12%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5本当の世界は法が規定する社会よりも広く深い

ローチさん
2018年12月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

テキサス出身のテイラー・シェリダンが描く世界は、リベラルなハリウッドが見つめにくいアメリカの姿が映し出されている。

『ボーダーライン』ではメキシコ国境の街がいかに危険にさらされているかを描いている。国境は麻薬戦争の最前線であり、麻薬から国を守るためには法の枠内では対処できない。法が通用しない世界で正義を執行する、という価値観は西部劇の典型だが、シェリダンの作品には常にこの価値観がある。アメリカはある種、国際紛争に対してもこうした態度で臨むことがあるが、アメリカは法では裁けない脅威に対して異様に敏感で、超法規的措置に走りやすい傾向がある。

本作の主人公もまた、法の枠内で片付かない悪を暴力で倒す男だ。それは正しくない、だがそうでもしないと片付かない問題もある。法の枠内では正しくないが、本当の世界は法が規定する社会よりも広く深い。

シェリダンは、本作を現代のフロンティア三部作の最後と位置づけているそうだが、フロンティアとは未開拓の地であり、そこには法はまだない。そこでは生ぬるい法に守られた社会のルールは時に通用しないのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
ローチ
「ウインド・リバー」のレビューを書く 「ウインド・リバー」のレビュー一覧へ(全206件)
「ウインド・リバー」の作品トップへ