アランフエスの麗しき日々
ホーム > 作品情報 > 映画「アランフエスの麗しき日々」
メニュー

アランフエスの麗しき日々

劇場公開日

解説

ビム・ベンダースと長年の友人ペーター・ハントケの「ベルリン・天使の詩」以来5作目となるコラボレーション作品。ハントケの原作戯曲をベンダース初となる全編フランス語による会話劇として映画化。パリのシルエットが見える小高い丘の一軒家。涼しい風が木々を揺らすある夏の午後に、テラスでテーブルをはさんで語らう男と女。性的体験、子ども時代、夏の本質、そして男と女の違いなど……2人の対話は、時には激しい決闘のような言葉の応酬にも突入しながら、ふと訪れる長い静寂の時間を挟み、さまざまなテーマを縦断する。そして庭に向かって大きく開け放たれた扉の奥にある書斎には、タイプライターを前にした作家がひとり、庭を見つめながら座っていた。「ヒポクラテス」レダ・カテブと「愛のめぐりあい」ソフィー・セミンが語らう男女を、映画オリジナルのキャストである作家役をイェンス・ハルツが演じ、ミュージシャンのニック・ケイブがゲスト出演する。

作品データ

原題 Les beaux jours d'Aranjuez
製作年 2016年
製作国 フランス・ドイツ・ポルトガル合作
配給 オンリー・ハーツ
上映時間 97分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.6 2.6 (全6件)
  • 万人受けはしないが、ヴェンダース好きには見逃せない実験作 冒頭に映し出されるパリの街並みは、静止画かと思われるほど美しいが、その一方で若干の冷たさすら感じる。徐々にカメラは郊外へと移り、一軒の屋敷の庭先へ。タイプライターに向かって作家が紡ぎ出す「愛につ... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2017年12月31日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 難しい… 現代の喧騒から解放される夏の日々が、楽園に思えました。 ...続きを読む

    ヘチマ ヘチマさん  2018年3月1日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 面白さや楽しさは皆無 ゆったりとした映像と会話がほとんどを占める作品なので、はっきり言って退屈。受け身の姿勢だと、映画という名の拷問を受けているかのよう、言い過ぎかもしれないけれど…とにかく忍耐は要するわけで、それに... ...続きを読む

    SH SHさん  2018年1月26日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「アランフエスの麗しき日々」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi