コクウ

劇場公開日

コクウ
13%
74%
13%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「木屋町DARUMA」の榊英雄監督が、人気セクシーアイドルの戸田真琴を主演に迎えて撮りあげた人間ドラマ。昼間は平凡なOLとして働いている朋美。しかし夜になると、義父との忌まわしい記憶を打ち消すかのように派手な服装で繁華街をうろつき、身体を売った金で家族の借金を返済し続けていた。そんなある日、朋美は大学時代の先輩・潤と再会し、付き合いはじめる。やがて2人は結婚を決め、朋美の義父がいる実家へ一緒に挨拶に訪れるが……。ピンク映画制作会社・大蔵映画が一般劇場向けにR15+指定で製作した映画を集めた「OP PICTURES+ フェス 2017」(17年7月1~14日/東京・テアトル新宿)上映作品。

2017年製作/85分/R15+/日本
配給:オーピー映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2017 OP PICTURES

映画レビュー

4.0戸田真琴さんの新しい一歩

猫座長さん
2017年7月10日
iPhoneアプリから投稿

この人はコトバを紡ぐ天才だと思っていたけど、新しいAVではない演技もこれからとはいえ目線とか仕草とかはとても素敵でした。
舞台とか見てみたい。
監督が良かったのかシナリオが良かったのか?
救いのない方向に進む物語の中でも、女の人が常に美しく強く映るのは、グッときました。
新しい何かがまた生み出せるように応援したいです。
まずは興行の成功を!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
猫座長

3.04月20日の事

2017年6月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

『That movie left me with a bitter taste in my mouth』
この作品も、OPピクチャーズ+のテアトル上映前に、成人映画として観に行ったもの。
榊監督ということで大いに期待して観覧した作品。しかし相変わらずの上野オークラ劇場の異空間に、これじゃテアトル新宿に間借りするのは納得するわと大いに納得。とにかくこの劇場、おじいちゃん達がせわしない。上映中でも構わず常に場内を闊歩。お目当てはジョソコさん、たまに男が連れてくる女(多分、露出癖)。落ち着いてスクリーンを観れやしない。三本ワンセットだから、こっちもトイレにいく事もあるので、人のことはいえないがまぁ、とにかくセカセカ落ち着き無い連中と鑑賞(泣)
冒頭のセンテンスの通り、『胸糞』『後味悪い』『Bad end』作品である。
幾ら最中に濡れ場があっても咆吼がラストでは抜けもしないポルノである。しかしそれが榊流であり、だからこそこんな客層の悪い劇場でも足を運ぶ。それ程、この監督のマジックに引っかかってしまったからだ。
前半から恋人との甘い濡れ場までは、冗長すぎるので不安は否めなかったが、これは確かに丁寧なフリであり、計算された構成の落差の妙。オークラ映画では常連の俳優が出ているので、その演出の違いは明らかに別格。もう、榊監督はメジャーに進出すべき能力を備えている筈だ。
だからこそ思う、もっと格上の俳優をピックアップすべきじゃないかと。せっかくのアイデアを無駄にしないように、次回作は是非とも実力ある俳優を起用して欲しい。
ストーリー的には近親相姦故の人格形成の失敗、それに伴う破滅への行進といったプロットなのだろうけど、ここで注目すべきは所属会社の御曹司?的な男の魔の手からそれこそ身体を張って守るシングルマザーの同僚の薄幸さに胸が締め付けられる。サブキャラだろうが、これ程切なく、そして悲哀溢れる立場は、改めてその着眼点に畏れ入る。
テアトル新宿では、多分大幅な編集差し替えなんだろうけど、そんな忖度が無くなる日は何時なんだろうか・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いぱねま
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る