THE PROMISE 君への誓い

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
THE PROMISE 君への誓い
THE PROMISE 君への誓い
19%
64%
13%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ホテル・ルワンダ」のテリー・ジョージ監督が、150万人が犠牲となったオスマン帝国によるアルメニア人大量虐殺事件を題材に、事件に翻弄された3人の男女を描いたヒューマンドラマ。オスマン帝国の小さな村に生まれ育ったアルメニア人青年ミカエル。医学を学ぶためにイスタンブールの大学に入学したミカエルはアルメニア人女性アナと出会い、互いに惹かれ合うが、アナにはアメリカ人ジャーナリストの恋人クリスの存在があった。第1次世界大戦とともにアルメニア人への弾圧がさらに強まる中、故郷の村に向かったミカエルはアルメニア人に対する虐殺を目撃する。一方のクリスはトルコの蛮行を世界に伝えるべく奔走し、アナもクリスと行動をともにする。ミカエル役に「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のオスカー・アイザック、アナ役に「イヴ・サンローラン」のシャルロット・ルボン、クリス役には「ダークナイト」3部作のクリスチャン・ベール。

2016年製作/134分/G/スペイン・アメリカ合作
原題:The Promise
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2016 THE PROMISE PRODUCCIONES AIE-SURVIVAL PICTURES,LLC. ALL Right Reserved.

映画レビュー

3.5クラシカルで実直なアプローチ。

村山章さん
2018年3月31日
PCから投稿

悲しい

興奮

知的

歴史上の大事件を三角関係のメロドラマに載せてフィクション化する。いささか時代遅れにも感じる非常にオーソドックスなアプローチを、とにかく実直にやり切っている。現実の悲惨さをこれでもかと突き付けられる現代にあってずいぶん悠長な語り口だなとも思いつつ、監督と俳優陣の真摯な姿勢のおかげで、クラシックの名画を観ているような錯覚に陥らせてくれる瞬間が何度も訪れた。

同じアルメニア人大虐殺を描いた『アララトの聖母』などど比べるとずいぶん単純化されている感は否めないが、これくらいソフトな飲み口でハードな現実を描く作品にはまた別の役割があるのだと思うのだ。食べやすくコーティングされているかも知れないが、しっかりとした芯のある力作だと感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
村山章

4.0盛り返しはなかなかのもの

2020年11月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

序盤からの三角関係ぽいラブロマンス風の展開のせいで終盤まで興味を持てなかったが、盛り返しはなかなかのものがあった。

村ごと惨殺されてからの逃亡劇からが本作の見どころ。そこまでは長いフリということになる。主人公は愛する人たちをほぼほぼ全て失う、その無慈悲なまでの喪失を描くための冗長なドラマだったわけである。

必要な構成なわけだが、ちょっと個人的に中盤までだるかったので絶賛は回避。それでも、意図がしっかり伝わる作品だし観て損はなかったかな。

それにしても贅沢なキャストの使い方である。。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

4.0愛は普遍

光陽さん
2020年10月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

大量虐殺。
人間って、なぜここまで残虐なことができてしまうのでしょうか。
演技であることを忘れるくらい迫真の演技に、観ていて辛くなりました。でも、どんなに苦難の時も、人の愛は普遍ですね。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 4 件)
光陽

4.5生き残るのが復讐! 虐殺されるアルメリア人の恐怖と戦い

さん
2020年10月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

オスカーアイザック扮するアルメニア人薬剤師ミカエルは、誇りを持って仕事をしていた。コンスタンティノープルで医療を学ぶ事が夢だった。アンジェラサラフィアン扮するマラルと婚約して、持参金を学費に充てようと考えた。ミカエルは、帝国医科大学へ進んだ。叔父の家で、シャルロットルポン扮する従姉妹の画家の卵アナと会った。ミカエルは、友と共に偶然あったアナとベリーダンスの店へ出かけた。アナは、10歳の時に母親が亡くなり、演奏家の父親とヨーロッパを回っていた。しかし、アナの父親は自殺していた。アナは、自分のルーツを確かめてやり直そうとしていた。1914年、オスマン帝国は参戦した。ミカエルは、アルメニア人なので癌と見なされ微妙であったが友の助けもあって医学生なので徴兵免除された。叔父は、アナとの結婚を勧めたが、ミカエルは婚約していると断ったがアナの魅力にアナと通じる様になった。そんな折、叔父が反逆罪で連れて行かれた。アルメニア人であるミカエルも労働現場へ連れて行かれた。果たしてミカエルには将来があるのか? そしてアナはどうなる? 生き残る事が復讐だと言うセリフもあった。オスマン帝国によるアルメニア人虐殺は150万人に及ぶようだ。そうは言っても人種差別の無い日本人には彼らの悲劇は分かりにくい話だね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
重
すべての映画レビューを見る(全30件)