「クラシカルで実直なアプローチ。」THE PROMISE 君への誓い バッハ。さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

THE PROMISE 君への誓い

劇場公開日 2018年2月3日
全19件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

クラシカルで実直なアプローチ。

歴史上の大事件を三角関係のメロドラマに載せてフィクション化する。いささか時代遅れにも感じる非常にオーソドックスなアプローチを、とにかく実直にやり切っている。現実の悲惨さをこれでもかと突き付けられる現代にあってずいぶん悠長な語り口だなとも思いつつ、監督と俳優陣の真摯な姿勢のおかげで、クラシックの名画を観ているような錯覚に陥らせてくれる瞬間が何度も訪れた。

同じアルメニア人大虐殺を描いた『アララトの聖母』などど比べるとずいぶん単純化されている感は否めないが、これくらいソフトな飲み口でハードな現実を描く作品にはまた別の役割があるのだと思うのだ。食べやすくコーティングされているかも知れないが、しっかりとした芯のある力作だと感じた。

バッハ。
さん / 2018年3月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi