ローサは密告された

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ローサは密告された
19%
52%
23%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フィリピンのインディペンデント映画界を代表する俊英ブリランテ・メンドーサ監督が、東南アジア最大といわれるマニラのスラム街で懸命に生きる女性とその家族を描いたドラマ。4人の子どもを持つローサは、マニラのスラム街で小さなコンビニエンスストアを経営し、地元の人々からも好かれている。彼女と夫のネストールは家計の足しにするため少量の麻薬を扱っていたが、そのことが警察に見つかり逮捕されてしまう。ローサの子どもたちは腐敗した警察から両親を取り戻すべく奔走するが……。メンドーサ監督作「サービス」にも出演したベテラン女優ジャクリン・ホセがローサ役を演じ、2016年・第69回カンヌ国際映画祭で女優賞を獲得した。

2016年製作/110分/フィリピン
原題:Ma' Rosa
配給:ビターズ・エンド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)

受賞

コンペティション部門
女優賞 ジャクリン・ホセ

出品

コンペティション部門
出品作品 ブリランテ・メンドーサ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

映画レビュー

5.0欧米メディアの報道ではうかがい知れないフィリピンの闇

ローチさん
2017年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

麻薬のはびこり、警官の腐敗が状態化したフィリピンのスラムの実態をリアルに切り取る作品。フィリピンで麻薬と言えば、ドゥテルテ大統領が、撲滅のための過激な政策が、欧米諸国から問題視されているが、この作品はドゥテルテ政権誕生以前のスラムの現実を描いている。

雑貨屋を営む、ごく普通の貧しい家庭が生活費のために麻薬を売っている。ある日妻のローサが逮捕され、釈放に高額の保釈金か他の売人を密告するよう強要される。そうして密告が連鎖していき、地域の信頼は崩壊。警官は押収した麻薬を横流し。この人々に救いはあるのか。一筋縄ではいきそうになり、社会が腐敗していく連鎖がドキュメンタリータッチで紡がれる。

主役のジャクリン・ホセがフィリピン人として初のカンヌ女優賞に輝いたが、そのリアルな佇まいが素晴らしい。ケン・ローやダルデンヌ監督などの作品が好きな人にオススメ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ローチ

2.0盛り上がりに欠ける

2019年9月21日
iPhoneアプリから投稿

話が単調だった。残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

4.0フィリピンのスラム街お母さん

2019年8月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

これが実態(ドゥテルテ政権以前)か
手持ちカメラで後をついていくスタイル
照明なし
サリサリストアを営む。でかいスーパーが仕入先。
アイス(覚醒剤)も売ってる
子沢山
20万ペソの賄賂要求
ローサが売人ジョマールを密告した
売人にも20万ペソ
署長にも上納金
上級警部にご注進したら殺された⁉かと思ったやん。
てか売人も警官?
奥さん読んで賄賂請求
あと5万
息子2人と娘来た
正規逮捕じゃないから記録がねえ
やばい、売った売人が怒ってる
子供らが金集めに奔走
次男はおっさんに体売る
ティルデ伯母さんも文句言いながら金出してくれた
ローサはボンボンに密告された
長男のTV危うく
体売っても、と思ったら前からの付き合い?
3人で一日集めてなんぼになったかな
46,000
惜しい
残り稼ぐためローサが出ていく
パキスタン人みたいな質屋
小銭まで取るのか!
屋台の串もの
移動屋台の物売りは家が無いって事なんだろうか
またそこからやり直さなきゃ、って終わり方なんだろうか

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

4.5フィリピンの今

2019年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

主人公は貧乏ながらも三人の子供を育てている母親、夫はヤク中寸前、生活のためにヤクの売人もやっている。
そして密告により、夫と二人が逮捕されてしまう。
警察は賄賂目的が見え見え、金策のために子供たちは奔走する。
フィリピンの現実が胸にぐさりと刺さり、主人公一家の行く末に思いをはせてしまう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る