月と雷
ホーム > 作品情報 > 映画「月と雷」
メニュー

月と雷

劇場公開日

解説

直木賞作家・角田光代の同名小説を「海を感じる時」の安藤尋監督のメガホンで映画化。子どもの頃に母が家出したため、普通の家庭を知らぬまま大人になった泰子。スーパーのレジ打ちの仕事をしながら、家と仕事場を往復する毎日を過ごしていた。婚約者もでき、亡くなった父が残してくれた持ち家で暮らす日々は、大きな喜びこそないが小さな不幸もない、穏やかな生活だ。泰子のそんな静かな日々が、父の愛人の息子・智が現れたことで、大きく揺らいでいく。泰子役を初音映莉子、智役を高良健吾、智の母親で泰子の父親の愛人だった直子役を草刈民代がそれぞれ演じる。

スタッフ

監督
原作
角田光代
脚本
本調有香
製作
間宮登良松
村田嘉邦
小笠原明男
小松賢志
高木徳昭
エグゼクティブプロデューサー
加藤和夫
村上比呂夫
プロデューサー
川崎岳
宮崎大
撮影
鈴木一博
照明
中西克之
録音
岩倉雅之
美術
林千奈
スタイリスト
小倉千乃
ヘアメイク
酒井夢月
編集
蛭田智子
音楽
大友良英
スチール
土屋久美子
助監督
石井晋一
協力プロデューサー
田坂公章
本島章雄

キャスト

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 スールキートス
上映時間 120分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全18件)
  • 主演女優・初音映莉子の魅力を再発見 安藤尋監督は成人映画出身というだけあって、濡れ場が重要な位置を占める作品が多い。ただ、近年の市川由衣主演「海を感じる時」、村川絵梨主演「花芯」は文芸調と官能シーンの相性が中途半端で乗り切れなかっ... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2017年9月30日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • 人生って不思議 主人公(初音映莉子)の父親が浮気、母親は主人公を残して家を出る。 次にやってきた女は男の子を連れていたが、結局家を出ていく。 父親は亡くなり、しばらくしてその男と出会う。 いろんな女の生き方があ... ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2018年11月1日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 文学作品 上映館が少なかったのでDVD鑑賞になってしまったが、原作を読んで楽しみにしていたが、映像化するとこんなものかという感じになってした、昔のATG感覚を思い出した。文学作品でエンタメ作品でないので仕... ...続きを読む

    kouhei1813 kouhei1813さん  2018年3月21日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

シン・ゴジラ 嘘を愛する女 桐島、部活やめるってよ 悪の教典
シン・ゴジラ 嘘を愛する女 桐島、部活やめるってよ 悪の教典
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「月と雷」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi