ぼくの名前はズッキーニ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ぼくの名前はズッキーニ
27%
54%
16%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

母親を亡くし孤児院に入れられた少年が周囲の人々との関わりの中で成長していく姿を描き、第89回アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネートされたスイス製ストップモーションアニメ。アルコール依存症の母親と2人きりで暮らす9歳の少年ズッキーニ。ある日、ズッキーニの過失によって母親が死んでしまう。親切な警察官に保護されて孤児院で暮らすことになった彼は、新たな環境の中で自分の居場所を見つけるべく悪戦苦闘する。フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭で長編部門の最高賞にあたるクリスタル賞と観客賞をダブル受賞。日本では、東京アニメアワードフェスティバル2017の長編コンペティション部門に出品・上映され、優秀賞を受賞している(映画祭上映時タイトル「ズッキーニと呼ばれて」)。

2016年製作/66分/G/スイス・フランス合作
原題:Ma vie de Courgette
配給:ビターズ・エンド、ミラクルヴォイス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

ノミネート

長編アニメーション賞  

第74回 ゴールデングローブ賞(2017年)

ノミネート

最優秀長編アニメーション映画賞  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25

(C)RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

映画レビュー

5.0実在感たっぷりの素敵な施設ライフ

ローチさん
2018年2月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

幸せ

デフォルメされたキャラの人形によるストップモーションアニメだが、非常に強い実在感がある。まず画面に奥行きがある。絵やCGのアニメーションと違い、それは本物の奥行きなのだが、奥行きの重要性みたいなものを実感した。照明の設計も上手い。

物語が極めて実際的な、児童養護施設に関する物語なので、このリアリティは欠かせかった。そもそもこうしたアニメーションでは語ることの難しいと思われる題材だが、見事なリアリティを構築している。

児童養護施設の取り上げ方も素晴らしい。親元を離れるのは悲劇であるが、施設で暮らすこと悲劇でなかく、幸せな体験として描いている。描かれるのは悲劇ではなく、素敵な施設ライフなのだ。

児童養護施設出身の漫画家、りさりさんの『きみとうたった愛のうた』や『いつか見た青い空』を思い出した。施設は悲劇の象徴や愛を亡くした子どもの行き場ではない。そこには愛もあれば、楽しい思い出もたくさんある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ローチ

4.5優しいアニメ

13さん
2020年5月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幸せ

アマプラで前知識なしで鑑賞
愛を知らない子供たちが愛を知る物語
ズッキーニも周りの子もみんな心優しくてみ終わった後は温かい気持ちになれる
あと吹き替え版の声優を見て驚いた、とても自然でした

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
13

3.5おしゃれクレイアニメ

2020年4月21日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャーニー

4.5

ミカさん
2020年3月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

幸せ

悲しみ、愛しさ、喜び、怒り、思いやり、卑しさ。人間が持つ全ての感情を散りばめつつ、優しさで包んだ温もりのある作品でした。子供達には、周りの大人達の愛情が絶対に必要。警察官のレイモンもポール先生もロージーも、彼らは皆んなズッキーニ達が夢見る大人達の象徴で、だから私もズッキーニ達を悲しませない様な大人にならなきゃと思いました。見ていてあげないと気にかけないとダメですね。産まれたばかりの赤ちゃんを囲んだラストシーンの子供達の無邪気な質問には涙しました。親に聞いてみたかったんだよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ
すべての映画レビューを見る(全45件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る