ぼくの名前はズッキーニ
ホーム > 作品情報 > 映画「ぼくの名前はズッキーニ」
メニュー

ぼくの名前はズッキーニ

劇場公開日

解説

母親を亡くし孤児院に入れられた少年が周囲の人々との関わりの中で成長していく姿を描き、第89回アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネートされたスイス製ストップモーションアニメ。アルコール依存症の母親と2人きりで暮らす9歳の少年ズッキーニ。ある日、ズッキーニの過失によって母親が死んでしまう。親切な警察官に保護されて孤児院で暮らすことになった彼は、新たな環境の中で自分の居場所を見つけるべく悪戦苦闘する。フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭で長編部門の最高賞にあたるクリスタル賞と観客賞をダブル受賞。日本では、東京アニメアワードフェスティバル2017の長編コンペティション部門に出品・上映され、優秀賞を受賞している(映画祭上映時タイトル「ズッキーニと呼ばれて」)。

キャスト(声の出演)

作品データ

原題 Ma vie de Courgette
製作年 2016年
製作国 スイス・フランス合作
配給 ビターズ・エンド、ミラクルヴォイス
上映時間 66分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

ノミネート
長編アニメーション賞  

第74回 ゴールデングローブ賞(2017年)

ノミネート
最優秀長編アニメーション映画賞  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

宮崎アニメにも通じる“寓話性とリアルな社会的視点の合体”
ぼくの名前はズッキーニの映画評論・批評

まるでこちらに何かを訴えかけるかのように、大きく見開いたまん丸な瞳の人形たち。とてもシンプルな作りなのに、いや、シンプルであればあるほど、その表情は観る者の想像力を刺激し、多彩で奥深く、この上なく人間的でチャーミングに見えてくる。一度...ぼくの名前はズッキーニの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全31件)
  • 実在感たっぷりの素敵な施設ライフ デフォルメされたキャラの人形によるストップモーションアニメだが、非常に強い実在感がある。まず画面に奥行きがある。絵やCGのアニメーションと違い、それは本物の奥行きなのだが、奥行きの重要性みたいな... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2018年2月26日  評価:5.0
    このレビューに共感した/3
  • ・顔と体のバランスも、色も、動きもステキだ ・イカした子どもとイカ... ・顔と体のバランスも、色も、動きもステキだ ・イカした子どもとイカした大人がいる施設 ・最初に遠出した夜が笑っちゃうぐらい楽しい ・シモンがナイス ・ほんとよかったー ...続きを読む

    小鳩組 小鳩組さん  2018年6月28日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 感覚的に、すごく通じるものがある。 ほんとに、、、よかったです。一つ一つの動作、光、目の動きに引き込まれました!! クレイアニメ(手作りの粘土のモデリングの質感を残しているので)は数見てませんが、身体的な感覚とか、間とか、おかしみ... ...続きを読む

    earthpin earthpinさん  2018年6月24日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ぼくの名前はズッキーニ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi