モーガン プロトタイプ L-9

解説

「ブレードランナー」のリドリー・スコット製作のもと、息子のルーク・スコットが長編初メガホンをとり、暴走した人工生命体の脅威を描いたSFアクションスリラー。シンセクト社の研究施設で開発が進められていた人工生命体の試作品L-9「モーガン」が、突如として研究者を襲い大怪我を負わせた。事態を調査するため、危機管理コンサルタントのリー・ウェザーズと心理評価の専門家シャピロ博士が現地に派遣される。しかし、調査の最中にモーガンが再び混乱しはじめてしまい……。リー役を「オデッセイ」のケイト・マーラ、シャピロ博士役を「サイドウェイ」のポール・ジアマッティがそれぞれ演じた。

2016年製作/92分/アメリカ
原題:Morgan

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

2.0リドリーエイリアンシリーズ好きならネタが途中分かってしまう。

2020年8月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 1件)
共感した! 4件)
巫女雷男

4.0アクションが良かった

2020年5月1日
iPhoneアプリから投稿

アクションが良かった
モーガン可愛いくてかっこいい
最高じゃん

コメントする (0件)
共感した! 0件)
はる

4.0戦闘モードへのギアチェンジがすごい

2020年4月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 リドリー・スコットがずっと追い求めている創造主と被造物(creature)との関係を描いた物語であることは、映画の紹介にすでに書かれている。僕もこのテーマに興味があって、最近のプロメテウス、エイリアン: コヴェナント、ブレードランナー2049も全部大好き。ルーク・スコットはパパに監督のポジションをおねだりしたのかな。

 人間は創造主としては、まだ未熟だから被造物(creature)が人間を神として崇めることを促すすべを知らない。人工生命体であるモーガンに対しては、我が子のように接してしまっている。でも、しょうがないよね。アニャ・テイラーのくりっとしたかわいい目をみたら、目尻が下がってしまうよ。

 モーガンはあの可愛さがあるから暴力性がより際立って面白い。慈しみの眼差しから唐突に戦闘モードへギアチェンジするから、もうびっくり。暴力の後は、あの・テイラーのあどけない顔にもどるから、周りは騙されちゃうよ。

 ラストは、ちょっと物足りかなと思っていたら、一捻りあってよかった。

 それはそうと中国語の会話の伏線はどうなったんだろう。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
bion

4.0コンパクトな内容(^-^)

2020年1月20日
スマートフォンから投稿

楽しい

面白かったです! ケイト・マーラが綺麗でした! 主演が違ったら感想も違ったかもしれませんが(笑)

コメントする (0件)
共感した! 0件)
映画は生き甲斐
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る