オリエント急行殺人事件のレビュー・感想・評価

オリエント急行殺人事件

劇場公開日 2017年12月8日
343件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ブラナーらしい空間演出と名探偵の内面描写に酔いしれる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

英国を代表するミステリー文学の映画化となれば、多少なりとも垣根が高いように思えてならないが、しかしそこにケネス・ブラナーとジュディ・デンチという英国の伝統の継承者たちが顔を揃えているとなると、これは一見に価するものと身を乗り出さずにいられない。シドニー・ルメット版を紐解くと、まず冒頭にドンと、過去の事件の顛末が新聞記事で綴られていく。なるほど、これは後の謎解き部分が何の脈絡もなく突如浮上したように見えないための配慮といえよう。一方、ブラナー版は冒頭をポワロの人間性のイントロダクションに充てる。そのため、観る人によっては後半の謎解きが突拍子なく思えることもあるだろうが、筆者はむしろこちらの方にポワロの内面や卓越した推理力の源を感じ取ることができて親近感が湧いた。また、舞台人ブラナーらしく、食堂の縦並びからトンネル内の横並びへの空間移動や、急行への乗車、下車時の長回し撮影も見応えが感じられた。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年12月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ケネス・ブラナー、一時の迷走から見事カムバック

アメコミヒーローものの「マイティ・ソー」や、アクションスリラーの「エージェント:ライアン」を監督していた頃は、ブラナーの持ち味が出せていない、作品の選択を誤っているのではないかと感じたものだ。そこへ来て今回の「オリエント急行殺人事件」。英国を代表するミステリ作家アガサ・クリスティの代表作であり、シェイクスピア劇の舞台でも評価の高い名優ブラナーにとって、これほどやりがいのある題材もそうはなかっただろう。

果たして、ブラナーが名探偵ポアロを演じ監督も兼ねる企画に、ベテランから若手までスターがずらりと顔をそろえ、見事に再現された豪華な寝台列車内を舞台にアンサンブル演技を展開。格調高い映像に、意外なポアロのアクション場面で新味を出しつつ、これぞ王道の娯楽推理劇という逸品に仕上げた。ブラナー自身も含め、シニアな俳優たちは顔の皺まで味わい深く、こんな風に年を取りたいものだと思う。

AuVis
AuVisさん / 2017年12月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

まあまあ。

まあまあ。

oracion
oracionさん / 2018年12月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあ面白かった

最初の方はちょっと退屈だったけれど、まあまあ面白かったです☆。

hide1095
hide1095さん / 2018年12月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

列車の旅がしてみたくなった

まだ小さな子供の頃に、テレビで放映されていた この作品。
全く記憶に残っていないので、鑑賞。
劇場に観に行く予定だったけど、正直 行かなくて良かったかな…。

やっぱり、ストーリー的には古い印象が強い。
ケネス・ブラナーは 好きな監督(役者)なので、メッチャ期待してました。
その辺りは期待していた通り、ブラナー色の強い演出でしたね。
出演していた役者陣も豪華で 素晴らしかったですけど、今だと こう言う…ここまで強い繋がりのあるストーリーって余りないと思うから、チョッと違和感を感じてしまいました。
多分、自分の好みではないからかな?っと思います。

でも、古い映画は大好きですけどね!

m@yu-chan-nel
m@yu-chan-nelさん / 2018年11月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

俳優人と映像が豪華

犯人が早い段階で読めてしまったので中盤以降ちょっと退屈になってしまいました。
俳優人と映像の豪華さは観る価値有り。

光陽
光陽さん / 2018年10月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いまいち

結末を知っているので面白みが半減。ジョニーデップがラチェットとは?

あっちゃんのパパと
あっちゃんのパパとさん / 2018年10月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

優しさの間違いの推理結果

刺し傷の数と関係者の数。
不幸にして悲しい運命。
今回ばかりの、
優しき間違いの推理結果。

上みちる
上みちるさん / 2018年10月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

犯人は知っている。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

余りにも有名な作品。

今回、殺害された悪役はジョニーデップ。
何やら風貌から嫌な奴と言う臭いを放っていた。

密室のオリエント急行に殺人犯がいる!

居合わせた名探偵ポアロが事件を解決するのだが…
吹替で見たせいかポアロが草刈正雄にしか思えなくて違和感が残った。

ある事件が事の発端であり、事件関係者が乗り合わせるこの列車で1人の男が10箇所以上も刺されて死んだ。
乗客には皆アリバイがあり、殺害された男の元には脅迫状があった。悪どい仕事をしていたせいか多くの人から恨みをかっていたようだ。
部屋は密室…不審な人物を見たと言う証言や第2の殺人未遂まで起こった。

乗客一人ひとりから事情聴取し、2つの仮説を話すポアロ。

1つは、外部犯説

2つ目は、全員が共犯者。
乗客全員は皆繋がりがあり、怨みをはらす為の復讐劇であった。

真実は全て葬り去り皆心の傷を癒し再生の道を進む為、ポアロは仮説1を警察に報告しまた新たな依頼へと向かった。

eriee
erieeさん / 2018年10月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どうしても較べてしまう

アガサ・クリスティの有名なミステリーで、昔、シドニー・ルメット監督版を劇場で観て感激した覚えがある。
今回の監督は才人、ケネス・ブラナーで、オールスターキャストを踏襲している。
次回作はこの通りなのかな?

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年10月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シャーロック並みの推理力

名探偵ポアロの方を観た事があったので、結末は知っていました。だけど楽しめましたよ。シャーロック並みのポアロの推理が鋭い。一度オリエント急行に乗って旅行してみたいです。

サラ
サラさん / 2018年10月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんか中途半端

有名な小説。映画にするのは難しいわな。

@Jankichi@
@Jankichi@さん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一作目から43年

1作目に観たのが高校生の時。あれから43年…。アガサ・クリスティーの傑作ミステリー。

当時、初めて見るオリエント急行の絢爛豪華な車両の素晴らしさが印象的でした。
今回は、そうした驚きはあまり無かったかな。それに、結末を知っていので、やや人物説明で間延びして、眠気に誘われました😪

映画を観ているというより、舞台演劇のような感覚でした。
それでも、豪華俳優陣で固めたキャストは、見応えがありました。謎解きの場面は、最後の晩餐を擬えたのでしょうか…。

次は、ナイル殺人事件に結びつけるあたりはちょっとオシャレでしたね。

bunmei21
bunmei21さん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは予想外 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アガサ・クリスティとこの作品、名前だけは知ってた。中身はこれっきし知らなかったから、ラストの仕掛けには心底驚いた。今までに無かったトリック。これが何十年も前に作られたのか〜。いやむしろ、何十年も前に作られて話題になってしまったから、誰も真似できなかったのか。
2時間に満たない作品で、10何人もの登場人物、名前も境遇も覚えづらいせいで、ポアロの推理に付いていけない部分もあった。でもなるほど、ポアロからしても、ある意味自分からしても、これまでの常識が通じない真実だったからこそ、混乱した部分もあったのかな。
乗客全員容疑者どころか、乗客全員犯人か〜。一本取られました。
でもポアロ、最後は罪を見逃したのがまた意外。途中、いかなる殺人もあってはならないとか言ってたから、法律主義的な善悪のモノサシを持ってるものだと思ってたけど、そうではないのか。自分ならどうするかな〜。見た人の意見を聞いてみたい。
真実が正義を導くとは限らない、ってだけ覚えとこう。

はまち
はまちさん / 2018年9月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

知ってるからな

なんで今これを映画化したのかな なかなかのキャストなのにこれだけ集めるのなら違う作品ができるのではないかな なんせ内容がわかるのでどうしてもワクワク感はでない
ポアロのイメージが太めな人なのでちょっと入り込めない (瞳が綺麗でみとれたけど)
太めの神経質な人という感じがあるので 細身ならもう少し謎めいた感じの鋭さがあるような人がよかったのではないかな ポアロが綺麗すぎ ただ映像が綺麗でしかも豪華さは肌で感じれた

ta-toru
ta-toruさん / 2018年9月14日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

当時の年代を醸し出していて雰囲気がいい

本とはまた違う面白さがありました。(個人的にもうちょっと描いて欲しい部分が省かれているのは残念な気もしましたが、そこは多目に見て)
キャストが素晴らしく、それだけで観て良かったと思いました。
ただ、ポアロの印象が想像と違っていたので、少し堅い感じはしましたが…。
思っていたよりずっと静かで派手さはなかったです。
その年代の雰囲気をちゃんと表現されているようで、知らない時代でも情景が分かりやすかったです。

☆ユウ☆
☆ユウ☆さん / 2018年8月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ミシェル・ファイファーがうまい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

スターウォーズのレイの人とか、007のMの人とか、ペネロペ・クルスとか、ジョニー・デップとか、有名な人がたくさん出ている。

探偵ポアロが行き着いた結論は、どちらも信じ難い、究極の二択。
「マフィアが雪山からやってきて、電車に乗り込んで殺人をした後、すぐに窓から電車を降りて、雪山に帰って行った」
「乗客と車掌の全員がグルで、全員で殺して、全員でポアロを騙している」

寝台列車の部屋を上から俯瞰して覗きながら進む展開が良かった。
アガサ・クリスティの有名な作品だけど、過程を楽しんで観れた。

結局はミシェル・ファイファーが全部持って行った。これで本当に59歳なの?

次はナイル殺人事件ですか??やるの?

@Fxxk4ever
@Fxxk4everさん / 2018年8月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像とカメラワークは好きですよ。

トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行にて起きた殺人を名探偵ポワロが解決するアガサ・クリスティー原作の有名作品を映画化。
私的にアガサ・クリスティーだからと言っての興味は無く、この作品がどれ程映像化されたかも知りませんので、初心者目線でのレビューとなります。

第1印象は「地味にお金かかっているな」と。
俳優陣にお金がかかっているのは百も承知ですが、作品を映像化するカメラワーク、撮影技術の為にお金を費やしているな。と。

カメラワークは好きでした。一対一対話のシーンでは二台の固定カメラしか使わない。
事件発覚及び死体検診シーンなど上からの視点での撮影。
ポワロが通路を歩く際の列車外からのワンカット撮影。

マイナス点は今時のVFXで列車脱線などさせてしまった映像。それとポワロのアクション。合わないなぁと。
(そもそもオリエント急行の外のシーンに違和感。なんで外まで机を持って行き事情聴取?)

物語内容的には「そうなりますか!刺し傷の理由も納得」で初見にはまずまず楽しめた。

個人的質問。
他の作品でも見られる「全員容疑者!!」的な物語ってこの作品が元ネタなんでしょうか?
あと、原作でも犯人探し中は列車は止まっているの?
淡々と動いていた方が個人的には嬉しかったのだが。

ネタバレを知らなかっただけあり、普通に楽しめましたよ。しかし、もっと列車内で物事が動けば楽しめたかも。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2018年8月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

圧巻のラスト

中盤はポアロによる尋問が続き、ウトウトした。
が、終盤からラストにかけての盛り上がりは圧巻。

原作は未読。
完全に想定をひっくり返され、
思わず涙するラストは、原作の見事さを物語っている。
ここにいるのは皆傷ついた人達、殺人者はいない。
偏狭な正義感に凝り固まった杉下右京には到底言えない、
人間ポアロの言葉は心に染みた。

みみず
みみずさん / 2018年8月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ポアロがカッコイイ

子供の頃、名探偵の中でポアロが一番嫌いだったのは、太ってて髭を生やした嫌味なオッサンだったからだけど、今回のケネス・ブラナー版ポアロはカッコよかった。

推理映画に特化した74年版に対して、本作はキャラクターの心情や倫理観に重きを置いていて見応えがあった。

青空ぷらす
青空ぷらすさん / 2018年7月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

343件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi