フェンス

  • AmazonVideoで今すぐ見る
フェンス

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

オスカー俳優デンゼル・ワシントンの3作目となる長編映画監督作。アメリカの劇作家オーガスト・ウィルソンによる、ピューリッツァー賞などを受賞した名作戯曲「フェンス」を、10年にリバイバル上演された舞台版で主演し、トニー賞主演男優賞を受賞したワシントンが、自らのメガホンで映画化。ワシントンは監督のほか製作、主演も兼ね、舞台版でもワシントンと共演したビオラ・デイビスが妻役を務めている。1950年代の米ピッツバーグを舞台に、元プロ野球選手でいまはゴミ収集員として働くトロイと妻ローズ、そしてその息子たちと、アメリカに生きる黒人家族の人生や関係を描く。第89回アカデミー賞で作品賞をはじめ4部門でノミネートされ、ビオラ・デイビスが助演女優賞を受賞した。

2016年製作/139分/アメリカ
原題:Fences

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第74回 ゴールデングローブ賞(2017年)

受賞

最優秀助演女優賞 ビオラ・デイビス

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) デンゼル・ワシントン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2016, 2017 Paramount Pictures.

映画レビュー

5.0“壁”

きりんさん
2019年8月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

最近借りた映画はアメリカ映画の「フェンス」。
元々は舞台用の作品で、主演のデンゼル・ワシントンとビオラ・デイビスがそのまま映画でも主役を演じます。
DVDの映像特典を見ると、舞台も映画もそっくりの狭い裏庭!

気づいたことを何点か、
息子ライオンズを中心に・・・

①下町で老いていく父親トロイを先妻の息子が毎月一度訪ねて来て金の無心をしますねー。
あの息子ライオンズ、“無心をするやっかいな息子”をわざと自ら演じることで あの息子は父親を訪う口実を作っているのだと思います。加えて月1で自分を罵倒させることで老いた父親を発奮させている。あの様子が実に感動的で終始胸を打たれました。

もしかしたら彼はお金には困っていなかったでしょう。借りる必要はなかったのでしょう。でも彼は罵られながら金を無心し、必ず金を返すために実家のドアを開けるのです。

息子ライオンズは叩かれても叩かれてもへこたれることなく父親に会い続ける巨大な人間。だって、がっつり四つに組んで父親の生育歴の独白を聞いて、受けとめてやった事があったじゃないですか。
大きくてものすごく強い存在だと思います。

彼は父親の劣等感を決して越えないように自分をセーブしている。
そして継母や弟たち、そして障害のある叔父や父の親友を問安して励ますのです、温かい眼差しです。そういう役どころですね。

願わくは父トロイはライオンズの演奏を聴きに行って欲しかったなぁ。残念。

狭い裏庭で繰り広げられる家族の愛憎のストーリーでした。
目的もわからないまま父親は他者を拒む隔ての中垣=フェンスを作りはじめ、工事は無様に未完成のまま父は倒れる。
そして屈折した父のフェンスの効力の及ばない空の高殿が一家の上に広がって話は終わる。

フェンスを越えてトロイを訪ねて来てくれる人々があれだけいてくれたのになー。結局トロイはフェンスの外に出られなかったのだね。

で、
②僕にとって今訪ねて行くべき人は誰だろうか。足の向かなかった、しかし心のどこかに引っかかっていて、でもそのまま投げ出してあった肉親・友がいるだろう。
それを僕は考える。
僕の心のフェンスを。

③あの割れガラスの窓は何を象徴していたのかな?

===========

ビオラ・デイビス、大好きです。「最後の初恋」でダイアン・レインの親友として好演しています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きりん

3.0舞台劇っぽい!喋りっぱなしのデンゼル・ワシントン。

kossyさん
2018年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 トロイ(ワシントン)10代の頃は盗みばかりして、当時の妻を養うつもりだったが、やがて刑務所へ。そこで野球を覚えて、もう少しでメジャーリーグへとなったときに人種差別を身をもって知る。野球を諦めてからはゴミ収集車の係員として生計を立てていたが、ギリギリの生活の中にあって、元妻の息子でミュージシャンのライオンズ(ラッセル・ホーンズビー)がたかりにくる。わずか10ドル。

 今の妻ローズとは20年近くも暮らしていて、その間の息子コーリー(ジョヴァン・アデポ)もフットボール選手として活躍している。しかし、スポーツ選手になったところで黒人差別があるに違いないと、地道な職業に就かせたかったトロイ。やがて、追い出される格好になったコーリーは海兵隊になった。

 とにかく何でも野球に絡ませて会話をするトロイ。フェンスを作ろうとするも、かなりのんびりだった。侵入者を防ぐという意味よりも、家から外に出さないという意味合いが強かったのに、結局はコーリーは出て行ってしまった。

 刑務所時代からの友人ボノ(ヘンダーソン)や妻ローズ(デイヴィス)、そして戦争で頭がおかしくなった弟ゲイブ(ミケルティ・ウィリアムソン)などの役者が全てうまい。浮気して子どもが出来たと知って、怒りまくるローズなんてのも特によかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

4.0日本人には難しい

2018年7月4日
iPhoneアプリから投稿

サヘル・ローズという女優さんを知っていますか?
何年か前に爆笑問題さんの番組でおかしなダジャレを連発する綺麗な人だな〜〜と気になってました
そして彼女のことを知るにつれとんでもなく苦労したのだと知りそれでもあの明るさに心惹かれています。
私は日本人 平和な時代の日本人です
被災者、難民、外人などなど自分と少しでも違う事をつつき笑い者にしたりする最近の流行りにはのれません

ましてやアメリカなどの移民の国ではどうしたって避けられないのが事実
多数が笑えば少数の涙は無視されなかったことにされる
今のバラエティーも「いじる」と言っていい風に言ってるけどどうだろうか?
それが本当にみんなが笑顔になるというのなら私は見たくない
他のやり方が出来ない芸のない人々なのだな〜〜ってね

映画の話のはずが……

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カルヴェロ1952ll

3.5アメリカを知ってれば入り込める

2018年2月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サンマルセ
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る