しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
ホーム > 作品情報 > 映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」
メニュー

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

劇場公開日

解説

カナダの女性画家モード・ルイスと彼女の夫の半生を、「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンスと「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホークの共演で描いた人間ドラマ。カナダ東部の小さな町で叔母と暮らすモードは、買い物中に見かけた家政婦募集の広告を貼り出したエベレットに興味を抱き、彼が暮らす町外れの小屋に押しかける。子どもの頃から重度のリウマチを患っているモード。孤児院育ちで学もないエベレット。そんな2人の同居生活はトラブルの連続だったが、はみ出し者の2人は互いを認め合い、結婚する。そしてある時、魚の行商を営むエベレットの顧客であるサンドラが2人の家を訪れる。モードが部屋の壁に描いたニワトリの絵を見て、モードの絵の才能を見抜いたサンドラは、絵の制作を依頼。やがてモードの絵は評判を呼び、アメリカのニクソン大統領から依頼が来るまでになるが……。監督はドラマ「荊の城」を手がけたアシュリング・ウォルシュ。

作品データ

原題 Maudie
製作年 2016年
製作国 カナダ・アイルランド合作
配給 松竹
上映時間 116分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

いま一番、映画.comが《“大切な人”と一緒に見てほしい映画》オスカーノミネート実力派2人が紡ぐ、つつましくも温かい“夫婦のきずな”カナダで最も有名な画家のシンプルな生き方が「本当の幸せ」を……
カナダの風景や動物をかわいらしく、鮮やかに描いた画家モード・ルイスの人生をつづる

カナダを代表する画家と、彼女を支えた夫の姿を描いた愛の物語「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」が、3月3日から公開される。絵を描き、愛に生き、共に歩んだ夫婦の旅路を美しくつづった、心温まる一作。つつましくも寄り添って生きる...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全68件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi