しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
32%
56%
10%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

カナダの女性画家モード・ルイスと彼女の夫の半生を、「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンスと「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホークの共演で描いた人間ドラマ。カナダ東部の小さな町で叔母と暮らすモードは、買い物中に見かけた家政婦募集の広告を貼り出したエベレットに興味を抱き、彼が暮らす町外れの小屋に押しかける。子どもの頃から重度のリウマチを患っているモード。孤児院育ちで学もないエベレット。そんな2人の同居生活はトラブルの連続だったが、はみ出し者の2人は互いを認め合い、結婚する。そしてある時、魚の行商を営むエベレットの顧客であるサンドラが2人の家を訪れる。モードが部屋の壁に描いたニワトリの絵を見て、モードの絵の才能を見抜いたサンドラは、絵の制作を依頼。やがてモードの絵は評判を呼び、アメリカのニクソン大統領から依頼が来るまでになるが……。監督はドラマ「荊の城」を手がけたアシュリング・ウォルシュ。

2016年製作/116分/G/カナダ・アイルランド合作
原題:Maudie
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2016 Small Shack Productions Inc. / Painted House Films Inc. / Parallel Films (Maudie) Ltd.

映画レビュー

5.0ほんとに見て良かった

marさん
2020年4月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

萌える

ひとつひとつのシーンが、本当に美しい。
色彩やらの映像としてはもちろん、物語としての美しさというか。
「清貧」という言葉はあんまり好きじゃないけど、
足るを知る生活というか、この2人はすごく豊かに暮らしていたんだと思う。

さて映画としては、主演の2人がやっぱり素晴らしい。
サリー・ホーキンスは柔和ながらしっかりした芯の強さを感じさせてくれたし
安定のイーサン・ホークは武骨ながらどこか茶目っ気を表現していたように思う。

実話ベースだということがちょうどいいスパイスにもなっていて、
劇中で2回、そしてラストに入った実際の映像で1回、とめどなく涙が溢れてきた。
悲しいとか切ないとかじゃなく、こんなに素敵な2人が生きていたことが心の底から愛おしくて。

映画としての満足度はもう間違いなく100点満点。
夫婦で見るのにぴったりな作品だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
mar

5.0感動の実話!

うさぎさん
2020年4月19日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

悲しい

幸せ

カナダで有名な画家・モード・ルイスの
半生を綴った心温まる物語。
モードのしあわせの詰まった絵に、
モードとその夫エベレットの不器用な愛に癒されました!

重いリウマチを患うモードは、
家政婦を探すエベレットの元で、
住み込みの家政婦として働く。

モードの唯一の楽しみは、絵を描くこと。
家事の合間に、家の壁や窓に絵を描きます。

ある時、NYから来た女性が
一枚のポストカードを購入したことをきっかけに、
絵が飛ぶように売れ、一躍有名人に。

モードを支えるエベレット。
時折、感情を抑えきれず、当たることがあっても、
無骨で口下手なエベレットが紡ぎ出す言葉一つひとつに、
愛を感じます。

リウマチでうまく動かない手で筆を握り、
懸命に絵を描く姿は、まさに感動!
彼女の絵からは、生きる喜び、
エベレットとの幸せな毎日が伝わってきます。

エンディングで、実際の映像が流れ、
モード本人の笑顔を見たとき、見事なまでに演じきった「サリー・ホーキンス」に感銘を受けました。まさに、モードの笑顔そのものだったもの!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
うさぎ

4.0淡々と

2020年3月22日
iPhoneアプリから投稿

厳しい自然や暮らし。
幸せとは言い難い生い立ち。
そんな環境で淡々と描かれる不器用な2人の生き方に引き込まれた。
風景が素晴らしい。イギリスかと思ったらカナダだった。(笑)
サリー・ホーキンス、不思議な魅力がある人。
イーサン・ホークは無骨過ぎてかなり横暴だけど、最後は良かったなぁ。
エンディングの曲がすごく好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジャーニー

4.0とてもよかった

2019年12月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
古泉智浩
すべての映画レビューを見る(全85件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」以外にこんな作品をCheck-inしています。