劇場公開日 2018年3月3日

  • 予告編を見る

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスのレビュー・感想・評価

3.9100
32%
56%
10%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全100件中、1~20件目を表示

4.0極貧だが上を望まず不平も吐かない自然な生き様に胸が震える

ezuさん
2021年11月8日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

悲しい

幸せ

電気も引いてないカナダの片田舎。モード・ルイスは不自由な体だが兄に住む家を売られ、叔母に預けられているが死産した経験を持つ。魚の行商を営むエベレット・ルイスの求人掲示板に応じ、家を飛び出したルイスは彼の家政婦として働くことになったが、孤児のルイスは人の使い方が分からずおろおろするばかり。
「ベッドは1つしかないから雑魚寝をしろ」と共同生活が始まる。しかし彼女は人の噂なんか全然気にしないむしろ面白がる性格で、暇を見ては壁や板切れに絵の具を塗りつけて花や人の絵を描いて行く。
極貧だが上を望まず不平も吐かない自然な生き様に胸が震える。
絵の好きな人はプラス1星付けるだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ezu

4.0お互いに欠落してしまっている性格を受け入れ認め合うには多くの時間が必要なのだろう。

Haruさん
2021年11月1日
PCから投稿

どことなく埃っぽい風景。絵にすれば樹々たちの清々しさが観る者の心を存分に癒してくれるだろうに。しかし映画の出だしでは淀んだ川に投げ込まれた子猫のような気分にさせられてしまった。

モード・ルイスという画家を知らなかった。
物語が進んでいくうちにイーサン・ホークはどんな声や目線で彼女の言葉にできぬ哀しみを受け入れるのだろうか・・・そんなことばかり、気になって仕方なかった。演技者としてのセリフや立居振舞に関心を寄せていた。ところが、モードに怒りをぶつけてしまったシーン辺りから、そんな演技への興味はなくなってしまった。そして、僕はいつのまにかこの映画のエンドロールが流れる直前のシーンはどんな形で流されるのだろう?そんな興味でいっぱいになってしまった。

そう、どんな人間にも怒りは訪れる。でも、怒りは自分自身に盛る毒薬に他ならない。
この世のすべては変わり続けている。今、怒りを発せられたとしても笑顔を忘れたわけではないのだ。心身の病も自然の摂理と受け止め受け入れ「それは、仕方のないことなのだ。」と笑いながらうなずく瞬間がいかに大切なのかを思い知らされてしまった。
些細な、退屈きわまる同じことを繰り返す日々。いや、そうじゃないんだよ。窓の外はいつもいっも変化に充ち溢れている訳で、その変化を心耳や心眼で丁寧に感じ取ることが大切なのだ。
生きていくと言うことは汚れていくことなんだから、汚れるのが嫌であれば死ぬしかないのだ。

仕合せを実感する瞬間は誰にでもある。
しっかりと目を見開き心を静めてジッとしていないと感じ取れないよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Haru

1.0実際のご夫婦の姿と映画の内容(少々DV気味、時代が時代なので許されるの?)に違和感

toitoitoiさん
2021年10月28日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
toitoitoi

4.0『俺を捨てるな』ときめく....

21世紀さん
2021年10月17日
スマートフォンから投稿

序盤はモードに対してあたりが強すぎるエレベットがちょっと嫌だったのですが、徐々に分かりあってくる2人の掛け合いが心地よくなってきました。

エレベットの『俺を捨てるな』に対して『私はあなたと暮らすのが幸せ』と返すシーンがとっても素敵でした。イーサン・ホークが本当に渋かっこいい....。

自然に囲まれて、小さな家で大切な人と慎ましくも豊かにくらす2人の生活は本当に輝いて見えました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
21世紀

4.5こういうしあわせっていい

osincoさん
2021年6月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
osinco

3.0旦那の出会った当時の粗暴さであったりがけっこう引いたんだけど、純粋...

2021年3月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

旦那の出会った当時の粗暴さであったりがけっこう引いたんだけど、純粋な愛情物語ってとらえられるものなんでしょうか。私はこれ制作者がこうあってほしいっていう理想をすごく反映してる物語な気がする。見る人によってこの夫婦の捉え方ってずいぶん変わると思うし、私は悲しい話に思えました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お手紙食べるほうのヤギ

4.0言わずとも聞こえる『愛している』

ポールさん
2021年3月10日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

悲しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ポール

4.5素敵な映画

2021年3月6日
iPhoneアプリから投稿

大切なパートナーと出会えた時、人は幸せと感じるのかもしれない。

暗めな色合いの映像なのに、二人のやり取りがとても暖かくて全く違う視え方がした。

イーサンホークの無骨な優しさがかっこよかった。
サリーホーキンスの表情も素敵だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
河又 隆志

4.0しみじみ泣けました

SpicaMさん
2020年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
SpicaM

3.0沁みた

Yoichiroさん
2020年12月19日
Androidアプリから投稿

サンドラがいい人で良かった。不器用だけどちゃんとモードを愛してるエベレット、その愛をしっかり受け止めてるモードが描く優しい絵。イイね、沁みました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yoichiro

5.0途中からボロ泣きし続けた自宅鑑賞の日曜日。

2020年12月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

アカン。こりゃアカン。なんで、こんなに泣かすんや、呪わしい。と、途中でタオルを取りに行きましたがな。遠慮なくボロボロ行けるんは、おうちで一人で観てるからでしょうね。

ドアを開ければ全てが見渡せる小さな家。階段で成長する名前も判らない植物。壁を飛び回る大きな蝶々。寒々とした風景の中、細い二本のワダチを残す手押し車で進む、二人だけの道。

娘を遠くから眺めるだけしかできない哀しさと、それを受け止めてくれる人。あなたが全てだと言える人が隣にいる幸せ。

宝物は、「誰にも好かれない者同士」を引き合わせてくれた、30年前の求人広告。

もう駄目です。これは駄目です。サリー・ホーキンス、イーサン・ホークともに、絶演の中の絶演。

良かった。ものすごく!

今日は邦画2本の予定でしたが、なんか気が進まなくてキャンセル。自宅鑑賞3本に切り替えて良かった。自宅鑑賞は、基本、感想文は書かないんですが、これは、どうしても書きたくなりました。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 8 件)
bloodtrail

5.0いい映画を観た

yuriさん
2020年11月30日
スマートフォンから投稿

幸せ

暗い始まりだったけど、ふたりの愛が育まれるのと同時にこの映画の良さがこちらの心にもじわじわと染み込んできて、最後は深い愛に深く感動する自分がいた。

運命の人、って、さがして見つけるものじゃないのかもしれない
目の前の人と誠実に思いやりをもって向き合っていたら、愛が生まれ、それを大事に育んでいく、昔は愛とか結婚ってそういうものだったのかもしれない

モードの絵がどれも温かくて、それは愛されていたこと、愛する人がそばにいる幸せが絵から滲みでているのだなと思った。

イーサンホークはええ感じに歳をかさねたなぁ。
モードが乗ってる手押し車をエベレットが押して歩くところがとてもすき。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
yuri

4.0お前は最高の女房。

2020年11月24日
スマートフォンから投稿

悲しい

幸せ

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』鑑賞。

*主演*
サリー・ホーキンス
イーサン・ホーク

*感想*
僕は、モード・ルイスさんのことを存知なかったのですが、この作品を見てから物凄く興味を持ちました。
前半は、個人的には不快感しかなかったです。邪魔者扱いされ、帰る場所もなく、孤独だった彼女が、孤児院育ちのエベレットの元で家政婦として働くようになる。

イーサン・ホークが演じるエベレットの第一印象は、めちゃめちゃ感じが悪いです。(^^;
オレ様感があって、見てて不愉快。まぁ~自分の家だし、仕方ないかw

彼女が絵を売るようになってからお互いがギクシャクして、何度か喧嘩をする時もあります。
しかし、物語が進むにつれ、次第にモードを認めるようになってから、持病を抱える彼女を一生懸命に必死で支える所がめちゃめちゃカッコ良かった。

「お前は最高の女房。」

このエベレットの台詞がガツーンと来ます。

男性の僕でもかっけぇ~って思いましたw
そして、感動しました。
サリー・ホーキンスとイーサン・ホークの演技力が素晴らしかったです!

エンドロール直前にご本人が登場しました。

絵がとても可愛かったです。(^^)

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ひろっぴ

5.0私の2020年最高の映画です。 始まって数分で「これは絶対に好きな...

DECO-TEさん
2020年11月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

萌える

私の2020年最高の映画です。
始まって数分で「これは絶対に好きなやつ!」とわかり、それからは「終わらないで」と願いながら観て、最後にしゃくりあげるほど涙が止まらなくなりました。

これは「人を愛すること」についての映画です。

孤児院を出て、友人も作らず魚や薪を売りながら寡黙に暮らす男性と、手足が不自由な上に借金まみれの兄のおかげで実家もなくし、叔母の家で肩身狭く暮らす女性。そんな二人が出会うことで始まる物語。

全然器用じゃない、いろんなことができない、持たない二人が出会って、唯一の伴侶を大切にしたからこそ、得がたい幸せを手に入れたんです。モードを追い出した叔母が、晩年に「家族の中で、あなただけが幸せを手に入れた」と話すのには考えさせられます。

インテリアは、もうスタイルとかではなく、本物のシャビーです(笑)。
シャビーは古ぼけた、とか、着古した、という意味ですが、モードが初めて入ったエベレットの家は全体的にグレーで、埃っぽくて、オンボロです。

でもそれが味になってる、といいましょうか、いくらボロボロでもインテリア好きにはそれで十分。色あせた壁の飾り棚のブルーとか、カントリースタイルのプレスバックキッチンチェアとか、三角屋根のお家とか、もう宝の宝庫に見えます。

でも家の中で見つけたグリーンのペンキで、モードは色あせたブルーの飾り棚を最初に塗り替えます。エベレットに怒られて、壁に木を描きます。目を背けながらしめた鶏の絵を壁に描きます。そんなふうに家が少しずつカラフルに、やさしいモチーフにあふれていく中で、二人の関係もカラフルになっていくんです。

二人の対象的な演技がすばらしい。何度でも観たい、けど何度でも泣いてしまうな。本当はこんなに愛せる人が見つかって幸せな人生だったね、と喜ぶ話なんだけど、最後はやはり泣いてしまう。すばらしい映画でした。amazon prime やってて、よかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
DECO-TE

5.0少しでいい、ってことを教えてくれる。

きりんさん
2020年8月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「絵筆があればいい。あと窓が好き」。

モードとエベレットの二人三脚の半生は、見る先々から筋書きが判ってしまうほどまっすぐで、素朴で、単純。

ストーリーも伏線も判っているのに こんなに魂にじんわり沁みて熱いものがこみ上げるのは何故なんだろう?

思ったよ、
僕らが思っている以上に、実は僕たちの人生も美しいのだ、って。

弱さや欠けよりも、(つい自分の弱さに目が囚われてしまうけれど)、自分の人生は、この世界の中で、そしてこの季節の中で、本当は美しく生きておれていたんだと、
そう教えてもらえた。

・・・・・・・・・・・・・

DVD特典のスタッフの述懐は、珠玉。
脚本、監督、役者が作り出した奇跡です。
イーサン・ホークもサリー・ホーキンスも、彼ら役者の真摯な学びの姿勢はたいしたものだ。

'60年代風のフォーク調のサウンドトラックも余韻たっぷりでした。

誰か、大切な友だちに紹介したい一品です。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
きりん

5.0ほんとに見て良かった

marさん
2020年4月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

萌える

ひとつひとつのシーンが、本当に美しい。
色彩やらの映像としてはもちろん、物語としての美しさというか。
「清貧」という言葉はあんまり好きじゃないけど、
足るを知る生活というか、この2人はすごく豊かに暮らしていたんだと思う。

さて映画としては、主演の2人がやっぱり素晴らしい。
サリー・ホーキンスは柔和ながらしっかりした芯の強さを感じさせてくれたし
安定のイーサン・ホークは武骨ながらどこか茶目っ気を表現していたように思う。

実話ベースだということがちょうどいいスパイスにもなっていて、
劇中で2回、そしてラストに入った実際の映像で1回、とめどなく涙が溢れてきた。
悲しいとか切ないとかじゃなく、こんなに素敵な2人が生きていたことが心の底から愛おしくて。

映画としての満足度はもう間違いなく100点満点。
夫婦で見るのにぴったりな作品だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
mar

5.0感動の実話!

うさぎさん
2020年4月19日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

悲しい

幸せ

カナダで有名な画家・モード・ルイスの
半生を綴った心温まる物語。
モードのしあわせの詰まった絵に、
モードとその夫エベレットの不器用な愛に癒されました!

重いリウマチを患うモードは、
家政婦を探すエベレットの元で、
住み込みの家政婦として働く。

モードの唯一の楽しみは、絵を描くこと。
家事の合間に、家の壁や窓に絵を描きます。

ある時、NYから来た女性が
一枚のポストカードを購入したことをきっかけに、
絵が飛ぶように売れ、一躍有名人に。

モードを支えるエベレット。
時折、感情を抑えきれず、当たることがあっても、
無骨で口下手なエベレットが紡ぎ出す言葉一つひとつに、
愛を感じます。

リウマチでうまく動かない手で筆を握り、
懸命に絵を描く姿は、まさに感動!
彼女の絵からは、生きる喜び、
エベレットとの幸せな毎日が伝わってきます。

エンディングで、実際の映像が流れ、
モード本人の笑顔を見たとき、見事なまでに演じきった「サリー・ホーキンス」に感銘を受けました。まさに、モードの笑顔そのものだったもの!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
うさぎ

4.0淡々と

2020年3月22日
iPhoneアプリから投稿

厳しい自然や暮らし。
幸せとは言い難い生い立ち。
そんな環境で淡々と描かれる不器用な2人の生き方に引き込まれた。
風景が素晴らしい。イギリスかと思ったらカナダだった。(笑)
サリー・ホーキンス、不思議な魅力がある人。
イーサン・ホークは無骨過ぎてかなり横暴だけど、最後は良かったなぁ。
エンディングの曲がすごく好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ジャーニー

4.0とてもよかった

2019年12月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
吉泉知彦

4.5アカデミー賞ノミネート作品

medyさん
2019年12月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
medy
「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」の作品トップへ