ジャッキー ファーストレディ 最後の使命

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ジャッキー ファーストレディ 最後の使命
5%
29%
48%
14%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ナタリー・ポートマンがジョン・F・ケネディ元大統領夫人ジャクリーン・ケネディを演じ、ケネディ大統領暗殺事件をファーストレディの視点から描いた伝記ドラマ。1963年11月22日、テキサス州ダラスを訪れたケネディ大統領が、オープンカーでのパレード中に何者かに射撃され命を落とした。目の前で夫を殺害された妻ジャクリーンは悲しむ間も与えられず、葬儀の取り仕切りや代わりに昇格する副大統領の大統領就任式への出席、ホワイトハウスからの退去など様々な対応に追われることに。その一方で事件直後から夫が「過去の人」として扱われることに憤りを感じた彼女は、夫が築き上げたものを単なる過去にはさせないという決意を胸に、ファーストレディとして最後の使命を果たそうとする。共演に「17歳の肖像」のピーター・サースガード、「フランシス・ハ」のグレタ・ガーウィグ。「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督が製作を手がけ、アカデミー外国語映画賞候補作「NO」のチリ人監督パブロ・ララインがメガホンをとった。

2016年製作/99分/G/アメリカ・チリ・フランス合作
原題:Jackie
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第74回 ゴールデングローブ賞(2017年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) ナタリー・ポートマン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2016 Jackie Productions Limited

映画レビュー

3.5大統領夫人の奇妙な選択

2017年4月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

ジャクリーン・ケネディという実在の人物がどんな思いで夫の暗殺とその事後処理に向かったのかは、正直映画を観たからと言ってわかった気にはなれない。が、物語としてこの映画には、こちらの価値観がざわつくような奇妙さがある。

ケネディ家という同時代の王朝のような家に嫁いだがために、彼女は大きな選択を迫られる。ケネディ暗殺に際して、大統領夫人やケネディ家の一員という看板を背負い続けるのか、それとも自らの人生を歩むのか?

史実ではジャクリーンは再婚し、キャリアウーマンとしても精力的に活動した。が、この映画でジャクリーンがたどり着いたのは、大統領だった夫とケネディ家の威信を守る責任感に見える。その使命にどれだけの価値があったのか、正直自分にはよくわからない。

単純な自分探しのお話ではない。現代における貴族制度や選民主義といったものへの考察が、この伝記映画をより興味深いものにしているのではないか。と、いまだに迷いながらこの文章を書いている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バッハ。

4.0控え目なグレタ・ガーウィグが悲劇を緩和する

AuVisさん
2017年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

知的

「フランシス・ハ」のガーウィグが大統領夫人をサポートする秘書を演じていて、実に良い。ポートマンが主役で、彼女に寄り添ってあれこれお世話をする立場なので、控え目なのは当然。それでも、ジャッキーが心細いときに「大丈夫」と励まし、「笑って」とアドバイスする。その笑顔の素敵なこと。つらく、やるせない悲劇の中で、ガーウィグの優しさ、愛らしさが救いだ。

もちろんポートマンも、ジャッキーの容姿や表情、なまり、吐息成分の多い話し方など、完コピ演技で奮闘している。ダーレン・アロノフスキー製作の影響か、「ブラック・スワン」を思わせるホラー風の演出も少し入ったり。

ケネディ大統領任期中と暗殺後の短い年月に絞って描いているが、ジャッキーはその後もギリシャの大富豪と再婚、さらに死別後はニューヨークで編集者として活躍するなど、波瀾万丈の人生を送った女性。彼女の生涯を鮮やかに描く映画もいつか見たい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
AuVis

2.0昼寝代には高いよ。

Aprilさん
2020年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

特に新しい暴露や情報があったとは言えない・・・。
面白くない訳でもないけど、盛り上がらない・・・。
隣のおばさんなんか、途中から眠りだし・・・、
おばさん、ポップコーンとジュース抱えてずっと寝ていました
昼寝にしては、高い料金だったなぁ・・・と横目で見ていました。

やっぱり、2039年にケネディの暗殺の情報が公開になるタイミングで
新たな暴露とかあったらかなり面白いんだろうと思う・・・。
でも、あと20年か・・・・。
かなり先だな・・・。

個人的には、この映画寝不足の人は、行かない方がいいと思う

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
April

3.5不思議な映画

るんさん
2020年3月7日
iPhoneアプリから投稿

劇中に何度も流れ、エンディングでも流れる、悲しいような虚しいような不協和音の音楽が頭から離れません。

誰もが知るケネディ大統領暗殺事件。
その事件を大統領夫人の目線から描いており、おもしろい視点だと思いました。

大統領夫人を演じたナタリーポートマンが見事でした。
夫を亡くした直後は呆然としているが、その後夫の死を悲しんでいる暇もなく様々な対応に追われる。気持ちの整理がつかないまま、自分以外のすべての時間だけが進んでいってしまうという最愛の人を亡くした女性と、大統領夫人という立場の狭間でどうするべきか迷い苦しむ様子がとても印象的です。

悲劇的な事件を扱った映画ですが、大統領夫人の髪型、衣装の着こなし、またホワイトハウスのインテリアなど、上流階級の優雅な生活がみれて、映像としては全体的に美しいです。

カメラワークもズームアップで顔だけを撮って、表情を目で追いかけているように見せたり、パレードのシーンでは当時のテレビ画面の煩雑な映像で見せてリアリティを表現したり、さまざまな工夫が凝らされておりみていて飽きません。

題材、音楽、美術、カメラワーク含め、素晴らしい映画でした。

ただ、この映画は伝記映画であり、ハッピーエンドでもバッドエンドでもないので観終わった後不思議な気持ちになりました。感覚としては、初めに述べた不協和音の悲しげな音楽が与える印象とぴったりです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
るん
すべての映画レビューを見る(全70件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」以外にこんな作品をCheck-inしています。