劇場公開日 2017年3月31日

  • 予告編を見る

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命のレビュー・感想・評価

2.972
4%
28%
49%
15%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全72件中、1~20件目を表示

3.5大統領夫人の奇妙な選択

村山章さん
2017年4月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

ジャクリーン・ケネディという実在の人物がどんな思いで夫の暗殺とその事後処理に向かったのかは、正直映画を観たからと言ってわかった気にはなれない。が、物語としてこの映画には、こちらの価値観がざわつくような奇妙さがある。

ケネディ家という同時代の王朝のような家に嫁いだがために、彼女は大きな選択を迫られる。ケネディ暗殺に際して、大統領夫人やケネディ家の一員という看板を背負い続けるのか、それとも自らの人生を歩むのか?

史実ではジャクリーンは再婚し、キャリアウーマンとしても精力的に活動した。が、この映画でジャクリーンがたどり着いたのは、大統領だった夫とケネディ家の威信を守る責任感に見える。その使命にどれだけの価値があったのか、正直自分にはよくわからない。

単純な自分探しのお話ではない。現代における貴族制度や選民主義といったものへの考察が、この伝記映画をより興味深いものにしているのではないか。と、いまだに迷いながらこの文章を書いている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
村山章

4.0控え目なグレタ・ガーウィグが悲劇を緩和する

2017年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

知的

「フランシス・ハ」のガーウィグが大統領夫人をサポートする秘書を演じていて、実に良い。ポートマンが主役で、彼女に寄り添ってあれこれお世話をする立場なので、控え目なのは当然。それでも、ジャッキーが心細いときに「大丈夫」と励まし、「笑って」とアドバイスする。その笑顔の素敵なこと。つらく、やるせない悲劇の中で、ガーウィグの優しさ、愛らしさが救いだ。

もちろんポートマンも、ジャッキーの容姿や表情、なまり、吐息成分の多い話し方など、完コピ演技で奮闘している。ダーレン・アロノフスキー製作の影響か、「ブラック・スワン」を思わせるホラー風の演出も少し入ったり。

ケネディ大統領任期中と暗殺後の短い年月に絞って描いているが、ジャッキーはその後もギリシャの大富豪と再婚、さらに死別後はニューヨークで編集者として活躍するなど、波瀾万丈の人生を送った女性。彼女の生涯を鮮やかに描く映画もいつか見たい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

3.0チェンじゃないよ

としさん
2021年6月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2021年6月19日
映画 #ジャッキー/#ファーストレディ最後の使命 (2016年米チリ仏)鑑賞

#ジョン・F・ケネディ 大統領夫人 #ジャクリーン・ケネディ の視点から、夫の死後直後なのに、葬儀の仕切りや次期大統領の就任式やホワイトハウスからの退去やら対応に追われる日々を描く
#ナタリー・ポートマン

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

2.0楽しむためには、それなりの下調べが必要な作品です。

楽々さん
2021年5月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

知的

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
楽々

2.0フランス映画かな?くらい ネガティヴがすごい映画だった 勝手にすご...

にあさん
2020年10月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

フランス映画かな?くらい
ネガティヴがすごい映画だった

勝手にすごく美しくて聡く愛に溢れた
そういうイメージを持っていたから、
実際ああなること自体は仕方ないと思うけど
あまりに私だけ世界一不幸みたいな主張が
なんとも。

子供たちの学費のためになにもかも売らなきゃ
お金をなんとかしなきゃ、
みたいな、
実家もケネディ家も全然裕福なのに
なんだろ、そう言いたいだけなのか?みたいな。

夫が殺された、ことのショックが大きくて、
夫のため、子供のため、国民のため、
そう言いながらどれも抽象的というか
ぐっと心掴んだり、強く印象に残って引き込まれる
みたいながなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
にあ

2.0昼寝代には高いよ。

Aprilさん
2020年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

特に新しい暴露や情報があったとは言えない・・・。
面白くない訳でもないけど、盛り上がらない・・・。
隣のおばさんなんか、途中から眠りだし・・・、
おばさん、ポップコーンとジュース抱えてずっと寝ていました
昼寝にしては、高い料金だったなぁ・・・と横目で見ていました。

やっぱり、2039年にケネディの暗殺の情報が公開になるタイミングで
新たな暴露とかあったらかなり面白いんだろうと思う・・・。
でも、あと20年か・・・・。
かなり先だな・・・。

個人的には、この映画寝不足の人は、行かない方がいいと思う

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
April

3.5不思議な映画

るんさん
2020年3月7日
iPhoneアプリから投稿

劇中に何度も流れ、エンディングでも流れる、悲しいような虚しいような不協和音の音楽が頭から離れません。

誰もが知るケネディ大統領暗殺事件。
その事件を大統領夫人の目線から描いており、おもしろい視点だと思いました。

大統領夫人を演じたナタリーポートマンが見事でした。
夫を亡くした直後は呆然としているが、その後夫の死を悲しんでいる暇もなく様々な対応に追われる。気持ちの整理がつかないまま、自分以外のすべての時間だけが進んでいってしまうという最愛の人を亡くした女性と、大統領夫人という立場の狭間でどうするべきか迷い苦しむ様子がとても印象的です。

悲劇的な事件を扱った映画ですが、大統領夫人の髪型、衣装の着こなし、またホワイトハウスのインテリアなど、上流階級の優雅な生活がみれて、映像としては全体的に美しいです。

カメラワークもズームアップで顔だけを撮って、表情を目で追いかけているように見せたり、パレードのシーンでは当時のテレビ画面の煩雑な映像で見せてリアリティを表現したり、さまざまな工夫が凝らされておりみていて飽きません。

題材、音楽、美術、カメラワーク含め、素晴らしい映画でした。

ただ、この映画は伝記映画であり、ハッピーエンドでもバッドエンドでもないので観終わった後不思議な気持ちになりました。感覚としては、初めに述べた不協和音の悲しげな音楽が与える印象とぴったりです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
るん

4.5【”JFKとLBJ” JFKの妻、ジャッキ―の夫の暗殺前後の姿を描いた作品。】

NOBUさん
2019年5月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

ー 今作は映画評価は低いが、私は非常に興味深く鑑賞。ー

・ジャッキーを演じたナタリー・ポートマンは勿論素晴らしかったし、ジャーナリストのインタビューに答える部分を軸に描いているのも良かった。

・ジャッキーの秘書を演じたグレタ・ガーウィグをこの作品で知った。

・未だに謎とされている、JFK暗殺前後が、良く分かる、歴史好きには、見応えある映画であった。

・JFK暗殺により、急遽大統領になったLBJのエア・フォースワンの中での就任式など印象に残る場面が多々あったなあ。

<今作鑑賞後、JFKの暗殺により、急遽大統領に就任したLBJの映画「LBJ ケネディの意志を継いだ男」を観たが、この映画を観ていたことで、当時の状況がより分かった作品。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

3.0うーむ

2018年10月27日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みきねこ

3.5まちがいなく見るのが大変な映画

2018年10月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

まちがいなく見るのが大変な映画。ずっと悲しいし、ずっと地味で単調。娯楽性いっさいないので、興味ない人はさけたほうがよい。
あとJFK関連は、もういいんじゃない、というのも多少ある。真相が語られる(2039年でしたか)そのあとで、また。
地味ながら、映像、ロケーション、美術にはかなり力を入れていると思われる。
終盤に静かに揺さぶる言葉とメッセージの多くが込められている。しかし、そこに辿り着く前に挫折(寝落ち)する人が多いと思われ。。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

2.0思っていた内容と違いました

2018年8月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

元ケネディ大統領が暗殺された時のジャクリーンの心境を描いた話でした。
もっと政治を掘り下げた内容を期待していたので残念です。退屈に思いました。
でもその中で、ジャクリーンの弱く脆く、それでも必死に生きていく姿…少女の頃と今のキャロライン氏の生き方を思うと苦しくもあり、強さを感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
☆ユウ☆

4.0シブい伝記映画

素子さん
2018年7月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

今作はタイトル通り、ケネディ夫人の伝記映画。夫のケネディ暗殺後、苦悩と孤独に苛まれるシーンが多く感傷的。夫人が壮大な葬式にこだわるなり、大規模なホワイトハウスを修復なり、共感できるかできないか分かれる政治的なことが印象的。大衆は強さを求める、強さを強調する必要があるのが本来ある政治、政治はまさにパフォーマンスであり、ジャッキ夫人にはとても行動力があり、その事が評価されているのだと思う。壮大な葬儀、埋葬にするのが自分の使命だと語ってもいたけど、ファーストレディとはまさにこのような行動力、決断力が必要なのでは無いかと思う。また、N・ポートマンの演技力が本当に高いなと感じ、1人でのシーンが多く、孤独さや現実の冷たさを象徴する、ポートマンの悲しい表情とかがとてもいいなと思ったら。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

4.0鑑賞記録用

おぎゃさん
2018年6月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

大統領夫人として、女として、母として、色んな葛藤が入りまじってる感じがリアルでなんとなく共感できる部分もあって個人的には好き
あとナタリーポートマンの演技と華麗さがとても良かった!
歴史的背景を深く知らない方が楽しく見られたのかな??(わたしは詳しくない方)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おぎゃ

3.5ジャクリーン・ケネディ

2018年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

怖い

ケネディ暗殺後、葬儀からホワイトハウス退出までをジャッキーの視点で描いていく。
ナタリー・ポートマンの演技は秀逸で、あらゆる感情にあふれている。
リアルタイムで経験した私の記憶に残っている、鮮烈な映像が見事に再現されていた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.5退屈

acoさん
2018年5月1日
iPhoneアプリから投稿

退屈

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
aco

4.0歴史に刻む葬列

花子さん
2018年3月6日
Androidアプリから投稿

夫が目の前で銃殺されたとても正気ではいられない。
だからジャッキーが今にも心が壊れそうなのにファーストレディとして母として葬儀を全うしようとする姿は痛々しくも美しかった。
思わず闇は消えないけれど薄れていく事を願ってしまう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
花子

3.0演技力

2018年2月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

●2018年15本目(DVD鑑賞11本目)
ケネディ大統領が暗殺されたのはなんとなく知ってるけどほとんど無知です。
その時の夫人をナタリーが演じてますがやはり演技が上手いと思いました。夫を失いながらも気丈に生きる女性。強いですね。
内容はエンタメ性はなく正直面白くないですがナタリーの演技に対しての評価です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しゅんすけ13

3.0抑制された、品のあるドラマ

さん
2018年1月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

終始抑制が効いていて、それでも退屈を感じないのが良かった。

特殊な状況の中、狂気まではいかないが、ちょっと異様な雰囲気が漂ったりしてドキッとする。
それがホワイトハウスの中というのが効いていたのかもしれない。

ナタリー・ポートマンはアップが多すぎて、後半は食傷気味になったのが残念だったけど、微妙なトーンの違いを演じ分けていて良かったです。

品が良く物悲しいドラマでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
凪

2.5ファーストレディとして

はなさん
2017年10月31日
iPhoneアプリから投稿

ジャッキーが、ケネディを伝説の大統領にした
という理由が分かりづらかった。
ファーストレディとして表向きは凛としている姿と、舞台裏ではヘビースモーカーで繊細な姿が描写されていた。
謎多き事件。解明される日は来るのでしょうか。措置も勝手に注目しています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はな

3.0内助の功

近大さん
2017年10月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

知的

もはやハリウッド映画の一つのジャンルである“JFKモノ”。
これまで様々な切り口で作られてきたが、本作は夫人の視点から。
夫暗殺直後のジャクリーン・ケネディ夫人に迫る。

もうとにかく、ナタリー100%とでも言うべきか、全編ほぼ出ずっぱり。
ナタリー・ポートマンの演技に圧倒される。
実際の夫人を全く知らないので似てる似てないは言えないが、何だか容姿は似てないらしいが声色や仕草などは完コピしてるとか。
エレガントな衣装もさすがの着こなし。
慈愛に満ちた心優しき聖母像と言うより、夫の暗殺という悲劇に見舞われながらも気丈で芯の強い女性像。
一筋縄ではいかない、気迫すら感じた。
あの大統領にこの夫人あり。

記者のインタビューに答える回想形式で、暗殺直後から国葬までの4日間。
暗殺シーンや血の付いたドレス姿はリアルでドキュメンタリータッチではあるが、全体的に淡々と盛り上がりに欠け、少々退屈さは感じる。
でもその分、ナタリーの熱演と夫人の信念に集中出来る。
時期大統領もすぐ決まり、あれほど愛された夫は早々と過去の存在へ…。
夫という人物、大統領としての功績を後生に残す為、夫人は立派な国葬に全身全霊を傾ける。
JFK伝説の立役者、誰にも真似出来ない唯一無二の“内助の功”。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
近大
「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」の作品トップへ