パシフィック・ウォー
ホーム > 作品情報 > 映画「パシフィック・ウォー」
メニュー

パシフィック・ウォー

劇場公開日

解説

ニコラス・ケイジが太平洋戦争末期に戦争終結の極秘任務を命じられた実在の巡洋艦艦長を演じる戦争アクション。1945年、アメリカ軍は太平洋戦争を終結させるため、マクベイ艦長率いる巡洋艦インディアナポリス号に、原子爆弾の輸送という極秘任務を与える。日本軍との激しい戦いを潜り抜け、なんとか目的地であるテニアン島に到着した一行は、任務を終えた安堵感の中、次の目的地へと出発。しかし、日本軍の潜水艦が発射した魚雷が直撃し、インディアナポリス号は沈没してしまう。太平洋を漂流するはめになり、飢えとのどの渇き、さらに獰猛なサメの襲撃により、兵士たちが次々と命を落としていくなか、1人でも多くの兵士を家族の元へ返そうと分とするマクベイだったが……。監督は「レッド・スカイ」のマリオ・バン・ピーブルズ 。

作品データ

原題 USS Indianapolis: Men of Courage
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 クロックワークス
上映時間 129分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全14件)
  • まるで『タイタニック』と『ジョーズ』 ネタバレ! 大日本帝国艦隊と潜水艦イ58。潜水艦から発射された魚雷によってインディアナポリスは轟沈するのだが、その前に人間魚雷回天の特攻シーンもあった。マクベイ艦長(ケイジ)は殊の外この回天を畏れ、狙われた... ...続きを読む

    kossykossy kossykossyさん  2018年11月14日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 史実に基づく映画として見応えあり タイトルは原題の直訳のほうが良かったかも 重い史実の元にドキュメンタリー風の映画として、重厚で見応えがありました。 なお、史実を語っている映画なので、日本語タイトルは原題に沿って「巡洋艦インディアナポリス・男たちの勇気」の方が良かったか... ...続きを読む

    orang orangさん  2018年10月28日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ラストに違和感 ネタバレ! 映像のチープさはさておきそれ以上に脚本なのか、監督なのか日本の描き方が雑過ぎる(少なくとも日本人は使ってくれてるけど)気になったのが日本潜水艦の艦長が思いっきり結婚指輪をはめてる事。捨て身の軍人... ...続きを読む

    サンマルセ サンマルセさん  2018年2月20日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「パシフィック・ウォー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi