午後8時の訪問者

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
午後8時の訪問者
9%
46%
33%
8%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ロゼッタ」「ある子供」でパルムドールを受賞し、カンヌ国際映画祭の常連として知られるベルギーのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟監督作品。ある日の夜、診療受付時間を過ぎた診療所のドアベルが鳴るが、若き女医のジェニーはそのベルに応じなかった。しかし翌日、身元不明の少女の遺体が診療所近くで見つかり、その少女が助けを求める姿が診療所の監視カメラに収められていた。少女はなぜ診療所のドアホンを押し、助けを求めていたのか。少女の死は事故なのか、事件なのか。そして、ジェニーはなぜドアホンに応じなかったのか。さまざまな疑問が渦巻く中、ジェニーは医師である自身の良心や正義について葛藤する。主人公のジェニー役を「スザンヌ」のアデル・エネルが演じ、ジェレミー・レニエ、オリビエ・グルメ、ファブリツィオ・ロンジョーネらダルデンヌ兄弟作品の常連俳優たちが脇を固める。

2016年製作/106分/G/ベルギー・フランス合作
原題:La fille inconnue
配給:ビターズ・エンド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • エヴァリー
  • 桜金造の怪談 実録!死ぬほど怖い話
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
  • ハードコア
  • デッド・ハーツ
  • フリーキッシュ 絶望都市
  • ABC・オブ・デス2
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)LES FILMS DU FLEUVE - ARCHIPEL 35 - SAVAGE FILM – FRANCE 2 CINEMA - VOO et Be tv - RTBF (Television belge)

映画レビュー

4.0異色のハードボイルド。

2017年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

シロウト探偵物というジャンルがあるが、まさかダルデンヌ兄弟がジャンル物にここまで接近してくるとは思いもよらなかった。もちろんダルデンヌらしい現実の社会問題への告発や警鐘は込められているのだが、まず医者であるヒロインが、患者の脈拍の変化から「何か知ってるわね!」と切り込んでいく捜査の仕方が新鮮で面白い。

もうひとつ感じたのは『チャイナタウン』でも『ロンググッドバイ』でも何を引き合いに出してもいいが、これが正統派のハードボイルドミステリーであるということ。

推理にはさほど重きを置かず、あくまでも主人公があっちにフラフラこっちにフラフラと動き回るうちに、怪しい人物が次々と現れ、やがて真相にたどり着く硬質な迷宮めぐり。孤独な暮らしをしているらしいこと以外背景がわからないヒロイン像も、ゴツゴツとしたハードボイルドの触感にぴったりだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バッハ。

3.5一介の市民の目線で紡ぐダルテンヌ流サスペンス

2017年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

人生は“もしもこうしていたなら”という後悔で満ちている。本作のヒロインである女医のジェニーも「あの時、ドアを開けなかったこと」にとらわれ続け、遺体となって発見された少女の名前を知ろうと、事件の渦中へと飛び込んで行くことに。名匠ダルテンヌ兄弟の手にかかると、かくも警察などの捜査関係者とは全く違う一人の女性の視点で事件の追究が展開され、また彼女が出会う人々の証言からは、その地に根ざした貧困や移民、犯罪、医療、または親子や家族間の関係性といった様々な様相が垣間見えてくる。その誰もがそれぞれのレベルの「あの時こうしていたら」という思いを抱えて生きていることも印象深い。初めは事件に首をつっこむヒロインの行動が衝動的なもののように思えるのだが、それは106分を通じて「なぜ彼女はこの診療所に居続けるのか」といった命題への答えにも成り得る。本作は周囲を解き明かすことでやがて自分自身の使命感や胸の内にたどり着く映画とも言えるのだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら

1.0女医に腹立つ

アラタさん
2020年4月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

この人の性格が好きになれない。
本当にイラつくくらいの正義感全開。
暗いストーリーが続き、何も得せず、
後悔しました。
全ての人が表情が無く、何も伝わらない。
フランス映画が合わない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アラタ

3.0やっぱり苦手かなぁぁ……

2020年2月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

フランス映画って基本苦手なんだけど、作品としては良かったです。

ドアベルを無視したことで少女が死んでしまったんだと自責の念に駆られた女医が、無縁仏にならない様に 少女の痕跡を辿りながら少女の名前を知ると同時に 事件にも迫って行く。

そして、少女を救えなかっただけではなく、自分の言動によって医師を諦めると言い始めた研修医のことも、なんとか救いたいと彼女なりに一所懸命彼にアプローチして行く姿も良かった。

ただ、やっぱり雰囲気が…雰囲気が苦手で、観終わった後…疲れた(笑)。
スッキリしない部分もあるし、少々消化不良気味なのは否めない。

BGMもなく、基本台詞も少なく、無表情で向き合うシーンが多かったり…。
あの「間」が疲れた(笑)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
m@yu-chan-nel
すべての映画レビューを見る(全56件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る