ハンティング・パーク

劇場公開日

ハンティング・パーク
5%
9%
27%
23%
36%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

殺人トラップだらけの公園に閉じ込められた人々の恐怖を描いたサバイバルスリラー。銀行強盗犯の人質となり、車で山奥へ連れて来られたビビアン。しかし謎の男に狙撃されて強盗犯は死亡し、ビビアンも薬を嗅がされて気絶してしまう。目を覚ました彼女は、自分が鉄柵で囲まれた広大な敷地内に閉じ込められていることに気づく。そこは殺人鬼が拉致してきた人たちを様々な殺人トラップで狩って楽しむ、恐怖の虐殺公園だった。ガスマスク姿の殺人鬼に人々が惨殺されていく中、逃げ惑うビビアンはさらに恐ろしい光景を目の当たりにする。主人公ビビアン役に「ラスト・エクソシズム」のアシュリー・ベル、殺人鬼役に「コンプライアンス 服従の心理」のパット・ヒーリー。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。

2016年製作/81分/アメリカ
原題:Carnage Park
配給:AMGエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ディスコード
  • ポゼッション(2012)
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • サンドラ・ジュリアンの催淫吸血鬼
  • ブラック・サバス 恐怖!三つの顔
  • 怪談新耳袋 怪奇 ツキモノ
  • 怪談新耳袋 怪奇 ノゾミ
  • 心霊
  • 心霊2
  • 心霊スペシャル
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2016 DESERT PLAYGROUND, ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

1.0.

2019年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
瀬雨伊府 琴

2.5ちょっと狙いすぎ?

2018年5月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

殺人鬼の理由なんて無いに等しいですが、映像をねらいすぎて追う追われる単純なスリリングさが損なわれた感じが…

惜しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カタヤマ

4.0こんな公園、絶対足を踏み入れたくない…。

ガーコさん
2017年8月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

絶対フィクションだと思っていたのに、まさかの実話…。

誘拐されたヴィヴィアンが、公園内を逃げ惑います。

得体の知れないガスマスクを付けた異常者に追いかけられる姿にハラハラドキドキしました。

まさか、こんな恐ろしい状況にあうとは夢にも思ってなかったことでしょう…。

24人もの命を犠牲にした犯人は、結局捕まらずにどこかに潜んでいるようです。

バトルロワイアルのような感じかと思いきや、ヴィヴィアンの勇敢な姿をひたすら見続けて、最後は犯人の目的が謎のまま終わるのでした…。

結構グロいので、グチャグチャが苦手な人は要注意です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ガーコ

0.5理解出来ない恐怖。常軌を逸した狂気の沙汰。

2017年2月11日
PCから投稿

怖い

単純

興奮

【賛否両論チェック】
賛:敷地に入った者を殺す犯人の毒牙にかかり、凄惨な現場に巻き込まれてしまった主人公の恐怖が、異様な雰囲気の中で伝わってくる。
否:惨殺シーンが続くので、苦手な人は絶対に観られない。BGMもかなり違和感がある。

 強盗の人質となったのも束の間、強盗と共に紛れ込んでしまった、“敷地に入った者を惨殺する異常者”の土地で、おぞましい殺りくに直面する主人公の恐怖が、妙に明るいBGMの中で描かれるのが、逆に不気味です。
 ただ犯人の詳細なバックグラウンドは分からないので、ただただ後味の悪さが残る印象です。
 惨殺シーンもかなり多いので、スプラッターが大丈夫な人は是非。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画コーディネーター・門倉カド
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る