不能犯のレビュー・感想・評価

メニュー

不能犯

劇場公開日 2018年2月1日
167件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

それなりに楽しめるが…

話のタイプとしては「デス・ノート」に似ている。超自然的な方法で悪者を死に追いやるダークヒーロー。当然、警察は刑法での罪に問うことができない。アウトローの正義漢と考えると、日本人がこうした物語を好むのは鼠小僧や必殺仕置人とかの伝統があるからかかも。

この映画の主人公・宇相吹の場合は、マインドコントロールで相手に幻想・幻覚を見せて死に至らしめるのだが、そのバリエーションでなかなか楽しませる。でも「デス・ノート」に比べると、追う側と追われる側の命懸けの駆け引きが物足りない。それに、「デス・ノート」は能力の使い手が一人にとどまらないが、宇相吹の能力は唯一無二なので、話を複雑にできない限界もある。

松坂桃李は役の幅を積極的に広げていて、良い傾向だと思う。「ユリゴコロ」、それに未見だが「娼年」など、人間の暗い面を無理なく演じられるようになってきた印象だ。

AuVis
AuVisさん / 2018年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

仕事人

必殺仕事人にしても、ゴルゴ13にしても、殺し屋という職業は漫画、ドラマ、映画などにしか登場しないが、殺しの報酬は莫大な金額だ。電話ボックスの裏に誰かを殺して欲しいと書いた紙を貼っておくと、その願いが叶うという、都市伝説を実際に行うストーリー。宇相吹正(松阪桃李)はボランティアで殺しをやってるというのだから、これはもう『笑うセールスマン』か『地獄少女』かといったところ。しかも催眠術のようなマインドコントロールによって相手を殺すのだから、証拠も何も残らないという凄技だ。また、ブラックユーモア的に、殺してしまった後にも残酷な現実を依頼人が突き付けられるシニカルな面も描いてある。

 金融業者がスズメバチに襲われて殺され、町内会長が毒を飲んで殺され、女刑事が腕に少年の顔が浮かび上がってカミソリでリストカットしてしまうなど、全て幻覚を見せられ殺されてしまうのだ。依頼人は必ずと言っていいほど何らかのしっぺ返しを食らうのだが、殺されたのは実はいい人だったという無情な結果であっても宇相吹は何ら関知もしない。それぞれのエピソードが微妙に繋がり、あーあ、やっちゃったよ・・・的な面白さもあった。

 後半になると、刑事多田(沢尻エリカ)と宇相吹との対決が中心となっていくが、頻発する爆弾魔が絡んでくると、よくありがちなアクションとなってくる。せっかくのブラックさが薄らいで、俗っぽい映画になっていくのが残念なところ。また、彼女の未だに女王然とした演技も辟易してしまうのです。

 真剣に人を怨んで殺したいと思うのなら、必死で働いて金を貯めてそれなりの誠意を見せなきゃ面白くない。都市伝説を信じて、安易な気持ちで試してみたり、あろうことか殺し屋までもがボランティアという設定も子供だましすぎやしないか。コミックが原作だと、やはり人の命は軽いものですなぁ・・・

kossykossy
kossykossyさん / 2019年1月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何だこれ。

最初から最後まで不愉快で気持ち悪い。出てくる人みんなクソみたいな奴で誰にも共感できない。なぜあの能力を手に入れたのかも描かれていない。殺す方も殺される方もろくな奴はいないということか。星1は松坂桃李のイカれっぷり。

いつこ
いつこさん / 2018年12月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悪くはないですが、深くはない

漫画を見ずに、この映画を見ました。人間の脆さ、強さを伝えた作品です。伝えたいことを伝えるためのストーリーをいくつか並べた構成になっています。なので、それぞれのストーリーにあまりつながりがありません。ただ、こういう系統の話(人間の闇みたいなもの)は個人的に好きなので、結構楽しめました。松坂桃里の演技もよかったです

マスター
マスターさん / 2018年12月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

酷評だらけだが…

先入観無く鑑賞。
単に映画として観るには満足。
出来の批評はこっちへ置いておいて
高望みしなければモチーフは充分。

デスノートに似てるという声は多いけど
こういうパターンでもいいんじゃない?
これはこれで。

ツアステ侍
ツアステ侍さん / 2018年12月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

沢尻エリカの演技

沢尻エリカの演技が古臭いというか、わざとらしくて内容が入ってこない、どんな時も髪型とメイクがバッチリなのも違和感。bgmもダサいし、やたらと説明するシーンが多い。時間の無駄です。

コズモちゃん
コズモちゃんさん / 2018年12月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

愚かだね、人間は・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「不能犯」(白石晃士監督)から。
「やっぱり、この一言ですか?」と言われようが、
この作品を思い出すには、このフレーズが相応しい。
松坂桃李さん演ずる「思い込みやマインドコントロールで、
ターゲットを殺害する『不能犯』の男」が、殺害したあと、
その殺害を依頼した本人が嘆き悲しむシーンの後に呟く。
(実は私のメモだけでも、3回は記録に残っている(汗))
でも「なぜ、彼はこんなことをするのかな?」と思っていたら、
物語の中に、しっかり会話として残されている。
「あなたの目的はなに? 何なの?」の問いに
「人間のもろさと強さ、知りたいんです。
どちらが本当の人間の強さなのか」と答える。
強がっている人に限って、もろい面を持っている、
そのもろさを隠すために、強がって見せている、
だから、どちらがその人の本性なのか、知りたい、
ということなのだろうか?
どちらにしても、自分の欲の為に殺害を依頼するなんて
「愚かだね、人間は・・」。

shimo
shimoさん / 2018年11月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ちょっと残念・・・

これはマンガで読めばいいかな。
実写映像が漫画を超えられていない。
この脚本・演出だと、わざわざ映画で観る必要性が残念ながら僕には感じられませんでした。
沢尻エリカさんの刑事役、ハマっていないなぁ~。

光陽
光陽さん / 2018年10月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この 作品が 愚かだね…(笑)

この 作品が 愚かだね…(笑)

may be…
may be…さん / 2018年10月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャストでほとんどストーリーがわかってしまう。 なんで一人だけ催眠... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

キャストでほとんどストーリーがわかってしまう。

なんで一人だけ催眠術?にかからないのか。

まだ謎が残ってるから、テレビドラマとか映画シリーズ化が念頭にあるんだろうな。

tsucchi1989
tsucchi1989さん / 2018年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

みんなのレビュー間違いではないですか

いやいや、松坂桃李は良い役者になりましたね。
これはね、かれが人殺しだとみんな思うから、そんなお門違いのレビューになるわけですよ。
彼は、そもそも人間では無いのですよ。
だから、人間は愚かだとゆう訳ですよ。
神か悪魔か天使か、多分、死神とゆうところでしょうか。
彼は殺してませんよ。
人の心の中にある邪悪なものを引き出しているだけです。
死神はメタファーであり目印になるものなので、デスノートみたいに色々出てきたり、戦う事もないのです。
この役がつとまるのは彼くらいかもしれない。
死をニヒルに他人ごとのように扱う口調と態度は、松坂桃李の口の微妙なサインがよりこの作品を深くさせている。

アサシン
アサシンさん / 2018年10月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

漫画の実写化 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

松坂桃李の猫背と不気味な笑みが印象的。

ネットで噂の「電話ボックスの男」
とある電話ボックスに殺人依頼の紙を貼る。殺意が純粋で無い場合は依頼人も死ぬ。死因は殺害を立証できるものでは無い。
ルールに従い宇相吹正がマインドコントロールで殺害を実行。

そんな不可解な事件を追う刑事の多田と新人の百々瀬。

ターゲットに近づき目を見つめ暗示にかけ思いのままに操る宇相吹だが、刑事の多田に暗示は効かないらしい。

度々起こる爆発事件。
その犯人がかつて多田が更生させ職まで世話をしたタケルだと知り絶望する。タケルが病院と幼稚園に爆弾を仕掛けたと多田に話す。そこへ宇相吹が現れた。
タケルの職場の先輩から依頼を受けた宇相吹がタケルを殺しに来た。
一見すると爆弾魔を倒しに来たヒーローのように思える宇相吹。

結果的に百々瀬や幼稚園児に被害は無く宇相吹に助けられた様なものだ。

人の心の闇は深く怨み、呪いなど憎悪がネットの裏サイトに棲みつく昨今。
安易に死をつぶやくと取り返しのつかない事態になり兼ねない。

eriee
erieeさん / 2018年10月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愚かだね…今ひとつ

コミックが原作だそうで、皆さんもレビューしているように『デス・ノート』と似ていまが、ストーリーとしては、悪くはなかったと思います。

元々レビューも低かったようですが、セットや脇役がかなりB級で、リアル感や緊迫感が伝わらなかった。ハリウッドで、もっとダーク感を前面に押し出し、サスペンス・ホラー的な演出すれば面白くなりそう。

ラストシーンも、もう少し壮絶な最期を期待していましたが、消化不良でした。

松坂桃李は、得体の知れない役をよく演じて、いろんな役をこなせるようになりましたね。沢尻エリカの役が中途半端で、どうも入り込めなかった。

2時間枠のドラマかな…。

bunmei21
bunmei21さん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん

途中で止めよっ
思たけど最後まで見てしまった。
残念です。

愚かだね人間は。

コンブ
コンブさん / 2018年9月30日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

それなりに面白かった

松坂桃李君ただのイケメン俳優では無いね。
笑顔がゾワっとする。

沢尻エリカは嫌いじゃないけど、この役はイマイチ合って無い。本人の性格とは違うのかもしれないけど、もっと可愛らしい役の時の方が違和感が無い。

おこげ
おこげさん / 2018年9月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うそぶきサン 何処え

テレビシリーズ レンタル した σ(^_^)
から すると 🎬は マイルド な 印象だが
何か ラスト セツナスギテ 😢

うそぶきサン が かわいそうに なってきちまった😱

眸
さん / 2018年9月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんだこれ?

話もキャストもめちゃくちゃ。原作に忠実すぎるの?グリムスパンキーはカッコいい。

Zakis
Zakisさん / 2018年9月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どこを視点にするかで

面白いかつまらないかが、ハッキリと別れる
タダ刑事は敏腕にみえない
ウソブキがグロく演じても、なぜか怖さが繋がらない
マッケンユウと祥太朗の演技がもう少しみたかった

れこほた
れこほたさん / 2018年9月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いまいち心に残らない

あまり前情報を入れなかったので、不快でイヤミス的な内容だと勝手に思っていましたが・・どっちかと言うとホラーテイストで予想外でした。
のわりに、怖くはなく、松坂桃李の役はそこまで猟奇的でも残虐でもない。描写は少しグロテスクなところもありましたがΣ(私の中ではそうでもない)
変に正義感が垣間見え、完全な悪じゃない役どころが逆に残念にしているように感じました。
内容も、序盤の入りが良かったので期待しながら観ていましたが…思っていたよりも激しくなく、中途半端な終わりで微妙でした。

松坂桃李の演技は良く、過去作を観ても、もっとおかしくなれる役者だと思っているので、そこを生かしきれていなかったのかなーと、偉そうな感想を持ちました。
真剣佑の普通の演技がなかなか良かったですが、沢尻エリカはこういう役柄は合わない感じでした。
彼女自身は好きですけどね!

☆ユウ☆
☆ユウ☆さん / 2018年8月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マインドコントロールなのだけれど特撮の変身ものみたいな細胞ドギュゥ...

マインドコントロールなのだけれど特撮の変身ものみたいな細胞ドギュゥゥーンってなるカットいれるから最初のほうは目からなんか出てんのかと思った、原作は知らない。

かけられた本人しかその現象はみえていない。
その場に実際にはないモノが見えている通りに本人に効果が及ぶ。作中では爆弾が足元で爆発するマインドコントロールで、実際にはない爆風で焼けたように死んだりもする。

警察のいる目の前でもやるのだが本人以外は見えずで立証不可能だから不能犯。
沢尻エリカ刑事だけ思考の類似でマインドコントロールが効かないという設定。キレイ過ぎて刑事ぽくない。寿司屋シーンはビールのCMかと思った。松坂桃李はこの笑い方といいハマり役だと思った。
普通に楽しめました。

yonda?
yonda?さん / 2018年8月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

167件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi