不能犯のレビュー・感想・評価

メニュー

不能犯

劇場公開日 2018年2月1日
145件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

それなりに楽しめるが…

話のタイプとしては「デス・ノート」に似ている。超自然的な方法で悪者を死に追いやるダークヒーロー。当然、警察は刑法での罪に問うことができない。アウトローの正義漢と考えると、日本人がこうした物語を好むのは鼠小僧や必殺仕置人とかの伝統があるからかかも。

この映画の主人公・宇相吹の場合は、マインドコントロールで相手に幻想・幻覚を見せて死に至らしめるのだが、そのバリエーションでなかなか楽しませる。でも「デス・ノート」に比べると、追う側と追われる側の命懸けの駆け引きが物足りない。それに、「デス・ノート」は能力の使い手が一人にとどまらないが、宇相吹の能力は唯一無二なので、話を複雑にできない限界もある。

松坂桃李は役の幅を積極的に広げていて、良い傾向だと思う。「ユリゴコロ」、それに未見だが「娼年」など、人間の暗い面を無理なく演じられるようになってきた印象だ。

AuVis
AuVisさん / 2018年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

松坂桃李は良かった

ちょっとDEATHNOTEに似てたかな。

松坂桃李のイってる感が出てて良かったんだけど
沢尻エリカの女刑事が全然にあってなかった

ちょっと残念

テラスハウスのてっちゃんだいぶん演技上手くなってたような…

mami
mamiさん / 2018年8月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

DVDで鑑賞

原作もテレビも観たことがありませんが、個人的には凄く面白かった。
内容も解りやすくてのめり込んで鑑賞できます。
オススメです!

あんこ
あんこさん / 2018年8月15日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どうしたら面白くなるか。

なんてことを考えながら見ていた。が何も思いつかないのでこれでいいかと納得。もう少し人を騙すところの技術が見えれば良いのだろうが。

harisuke
harisukeさん / 2018年8月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

松坂桃李目当て。

原作未読

桃李くん目当てで観たけど、うーん…?
とりあえずしっくり来ない。

目的も特に明かされず、
沢尻エリカ扮する刑事との絡みも
イマイチ…。

あとマインドコントロールするときの
映像も酔いそう。

ちゃーりー
ちゃーりーさん / 2018年8月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愚かだねぇ脚本が、とは言いたくないけど ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

DVDで鑑賞。
いちいちセリフが不自然。
「おい、新人」って今どきいくらなんでも…
なんでもセリフで説明しすぎかな。
犯人に向かって「ちくしょー」って小梅太夫もびっくりです。
とある方の「そういうこと…」ってセリフも、うーん。
ありえない設定のオンパレード。
催眠術(?)かけるときのCGがチープ。
(最後のシーンでは謎の豪華演出。パチンコの激アツリーチじゃないんだから)
たくさんの人が簡単に死んでいきます。
安田顕さんも不本意だと思います、あんな死に方。

漫画が原作だと観終わったあとに知りました。
30分くらいのオムニバス形式ならすごく良さそう。
ちょっと詰め込みすぎて悪い意味でのインフレが起きてます。

私自身としてはツッコミどころがたくさんあるなって印象で、ふつうに楽しく鑑賞できました。
俳優陣も豪華で、小林稔侍さんの役すごいよかったです。
松坂桃李さんの迫真の演技がどうか報われますように。

JB
JBさん / 2018年8月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑ゥあくま ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

同名コミックを映画化したサスペンス・ミステリー。
奇抜な設定がなかなか面白い。

不可解な変死事件が多発。現場で度々目撃される黒スーツの男。
その男・宇相吹は、マインド・コントロールで人を死に至らしめる能力の持ち主だった…!

思い込みや幻覚などマインド・コントロールで人の心を操り、事故や自殺に見せかけて殺す。
そんな事、出来るんかい! 超能力かSFじゃん!…とツッコミたくなるが、そうとは限らない。
いつぞや『相棒』でこんな犯行があったのを見てて思い出した。
相手の目を隠し、首に切り傷を付け、そこから水を垂らし続け、血が延々と流れ出ていると思わせる。その“思い込み”によってショック死。
戦慄の実験や実例も報告されているという。
さらに質が悪い事に、これらは立証不可能。
確かにそれらを処罰する法律は無い。
絶対捕まらないと言うより、絶対捕まえられない男。

しかしこの宇相吹、サイコパスな愉快犯という訳ではない。
依頼があり、それを請け負う。
その依頼者というのが…、
世の人々たち。
アイツに死んで欲しい。アイツを殺して。…
世の中に満ちた歪み、憎悪…。
依頼は後を絶たない。
宇相吹のマインド・コントロールは背中のひと押しかもしれないが、きっかけは人の心の闇。
しかもその殺害依頼は、100%純粋じゃないと自分に跳ね返ってくる。
相手が死に、それを喜んだのも束の間、相手の真意を知り全てが誤解で、激しく悔やみ、自ら命を絶つ者がほとんど。
皆、自ら堕ちて行ったのだ。
立証不可能の犯行を劇中で“不能犯”と呼んでいる。
不能犯とは宇相吹の事より寧ろ、相手の死を望んだ哀しき人々の事なのかもしれない。

神出鬼没。不敵な冷笑と不気味な佇まい。
松坂桃李のダークな演技。
憎々しいと言うより、スマートで、何処か不思議な魅力を感じさせる。
彼を追う“男前”な女刑事に、沢尻エリカ。こういうハンサム・ウーマンな役柄は様になっている。
実力派が織り成す幾つかの事件。中でも、芦名星と真野恵里菜のある姉妹の事件は最も哀しい。

監督はホラーに手腕を奮う白石晃士。
サスペンス・ミステリーではあるが、所々のグロ描写やホラー風の演出はこの監督ならでは。
また、富貴晴美のオカルトチックな音楽が不穏なムードを盛り上げている。

なかなか面白かったが、難点も多かった。
まず、沢尻演じる多田には宇相吹のマインド・コントロールは利かない。何か彼女にもそれを跳ね返す能力があるのかと思いきや、特に何もナシ。ただ利かないってだけ。何故????
不可解な事件と哀しい人間模様はいいが、後半、多田と彼女が関わるある人物の本性が明らかになるのは衝撃の展開ではあるが、ちと蛇足。
また、不穏な雰囲気はいいが、全体的にテンポや緊迫感ももう一味欲しかった。
不能犯の男と女刑事の白黒付く攻防の結末を期待してる人にも最後は肩透かし。
採点は3・5でも良かったんだけど、ちょっとそれらが引っ掛かったので、3に。

まあでも、本作はエンタメ的な面白味より、単純に割り切れない人の善悪だろう。
宇相吹は自分の犯行を止めたいのならば、殺せと挑発する。
多田は非常手段として彼を殺して事件解決を誓うが…、実際彼を殺せる絶好の機会の場になった時、殺せなかった。
それでいいのだ。それが当たり前なのだ。それが人間なのだ。
本当に相手の死を望む人間などそうそう居やしない。
宇相吹に殺害依頼をし、破滅の道に堕ちて行った者たちも…。
しかし、そうではないほんの一部…。
悪しき心の闇に、毒を以て毒を制す。
だから宇相吹はこうも呼ばれている。
“ダーク・ヒーロー”と。

宇相吹は決してダーク・ヒーローなんかではない。
人の心を惑わせ、狂わせる、悪魔か何かのような存在。
彼は、ただの特殊な能力を持った人間か。人の心の闇が産んだ化身か。それとも、彼の登場シーンに必ずかかるオカルトチックな音楽や「愚かだね、人間は」という台詞から本当に…。
人の心の闇が消えない限り、この黒スーツの男は我々の前に現れる。

近大
近大さん / 2018年7月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

面白いのかつまんないのか狭間 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

設定は面白いけど、人ではない天使?
原作は読まずにこちらから先に拝見しました。
出てる人が豪華で驚きました。
沢尻エリカさんの演技がクセが強くて
ちょっといちいち気にかかってしまいました。
松坂桃李さんは、あの爽やか感から一変
本当に感情のないまるで悪魔のような顔つきに
すごい演技力を感じました。
設定自体は好きでしたが、なんだかスッキリしない感じ。
面白いんだけど、つまんない。なんだろう。
何かが物足りたい気持ちになる映画でした。
前半は、あーーなるほどね!こーゆーシステムなんだ!
って理解が出来ていけば行くほど面白いって感覚に襲われましたが、後半がなんだかそんなにオオ!!とらならない感じでした。

爆発物の間宮祥太朗さんはサブキャラかと思ったらなかなかメインでしたね。
けど爆弾置いたのはこいつだろなってすぐわかりました。

んーー、見てもいいし、見なくてもいいくらいの面白さでした。

よしこ
よしこさん / 2018年7月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まぁそれなり

まぁそれなりに楽しめたが、イマイチ感情移入出来なかった。デスノート的なパターン

Takashi
Takashiさん / 2018年7月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

半端ない能力

不純な殺意って何なのか?殺人を依頼した人が全て不幸になるわけでも無さそうだ。人の弱さにつけこんでマインドコントロールするなら、沢尻エリカにも効いて然るべきな気がする。
対極に置くなら、100%人の為に生きている人、殺意や怒りといった負の感情を持たない人の方がしっくり来る。
正義や真実を貫く姿勢は悪や虚偽に対抗出来るのか?

トタ助
トタ助さん / 2018年7月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

勿体ない。。

松坂桃李が良い仕事してます。
あの綺麗な顔での不気味な笑みは迫力ありました。
沢尻エリカとの対決が中途半端だし、宇相吹とは何者なのかもう少し掘り下げて欲しかったな…

フラニー
フラニーさん / 2018年7月21日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これはコメディ映画なのか?

演出が酷すぎてサスペンスというよりコメディにしか思えなかった

おさみん
おさみんさん / 2018年7月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正直観る価値がないです

役者が揃っていて面白い作品だと思って観てみた。演技が微妙で展開の流れもあまりにもつまらない。過去みた邦画で一番つまらなかった。設定がくだらなさ過ぎで映像の撮り方も終わりまでつまらない。
単調で病んでてネガティブが好きな人にはこの作品を見ても。一般的なランキングにある作品としてみると時間が勿体無いです。

ないと
ないとさん / 2018年7月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

松坂桃李の魅力

思い込みで人を殺す男、宇相吹正。殺人を請け負う彼は人間を見極めるため次々と犯行に及び…。
同名漫画の実写化作品。原作の短編を繋ぎ合せたような内容で物語の着地点もまとまっていない印象だが、松坂桃李の魅力が半端なく、黒スーツ桃李くんやべえって思いながらずっと観てました。

shotgun
shotgunさん / 2018年7月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

地獄男?

「復讐バラエティ」と制作者が語ったアニメ「地獄少女」が重なる。話の展開が早く、難しくもバカらしくもないので、退屈はしなかった。ただ女優陣の表情が皆ひきつっているように見えて、もう少し落ち着いた人を使うと映画全体が引き締まるかな~と思った。

さーばる18
さーばる18さん / 2018年7月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本当に悪いのは、どっちなのかと思いました。

殺しの依頼で、殺したい相手をマインドコントロールすることができる宇相吹。
しかし、依頼人が純粋の気持ちでなかったら依頼した本人も死んでしまう。
マインドコントロールが効かない多田は、宇相吹を捕まえようとしますが、捕まえられないという内容でした。
話の中身は、いいなと思いました。
マインドコントロールという相手を思い通りに動かして、殺すというのは、新鮮な気がしました。
この話は、本当悪いのは、依頼した本人なのか、殺された人なのか、考えさせられました。
憎いと思っていた相手が、本当は周りの人には、言えない真実があったので。
話の前半は、面白かったです。次々に殺人が起こり、ハラハラしました。
しかし、後半は残念でした。宇相吹と多田の決着もモヤモヤでしたので。
松坂桃李さんの演技が、よかったです。役に似合っていました。

やっすー
やっすーさん / 2018年7月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

NetflixやTVの質のドラマを観たい訳じゃないんだよね。

催眠術みたいなものを相手にかけて、殺してしまう不能犯の物語。

不能犯という設定自体は面白いのだが、いかんせん原作漫画に頼り過ぎの様な演出で安っぽくなってしまっている。間接的に操れるようになる等の点は、藤原竜也主演の「デスノート」や「MONSTERS」に似ている。

また、映画館で観る様なお金がかかっている映像でも無く、別にNetflixやTVのドラマ並みの映像。
(配給がショウゲートなので仕方ないと言われればそれまで。)

内容もサブストーリーの寄せ集めの様な感じで、必ず依頼者へのどんでん返しあり。
どの方向に進めたいのやら、時間引き伸ばししたいだけなのやら、、、、

これなら映画で無く連続ドラマの方が向いているのでは無いか?

最近、色んな所が映画に参入してますが、映画館で上映する様なクオリティーまで達していない気がします。
話題性ばかり。
夢も発見も撮影技術もありゃしない。

昔からの映画館好き、映画好きには残念でなりません。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2018年7月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD、VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白いのかな

設定的には面白いのかな?
とにかく役者が下手過ぎて、学芸会を見ているよう。小林稔侍が可哀想。刑事役なんか1人も刑事に見えない。キャスティングも重要だと初めて感じた。

c0797
c0797さん / 2018年6月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

【黑電影】不能犯。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

  你有想像過自己人生告終的那一刻嗎?

  人類這種生物,真是愚蠢啊。

  人們總是希望世界依照自己所想的來運行,無論工作生活感情或前途,自私是現代社會愈來愈必然的模式,因為如果不這樣做,別人只會搶在前頭把機會奪走,一旦有了利益糾紛,負面情緒就來了,有意無意的累積最後造成無法挽回的局面,殺意也就慢慢湧現。

  人如果想殺人的時候,該怎麼辦?

  人才不愚蠢,多田刑警堅持這個信念,她認為沒有任何人是沒有救的,所以她從以前在少年課的時候就卯盡全力希望能協助少年犯重新回歸社會,她明白唯有執法者不放棄希望,犯罪者才能重拾希望,因此,只要少年犯表露悔意,她都會協助到底,就像川端建留,無論他以前犯過什麼錯,現在還是可以在日式料理店好好做個吧台廚師。

  人本來就有強大的可塑性,過去罪孽只是因為他們還沒遇到願意認真以對的人而已。多田如此認為,而且堅信不疑。

  人確實有無比可塑性,不過,面對極度惡劣的傢伙,多田依然清楚本著職責,她必須強力捍衛正義,如那個傳言中的電話亭男人,如果那則都市傳說是真的,宇相吹正就更不能原諒了,他以殺害他人為樂,雖然他認為自己只是想要弄清楚人類的本質、而且他沒有出手傷人,哪有定罪的理由與可能呢?

  人們犯下的罪可不是非有具體化證據才算是有罪,很多時候,光有犯罪意圖便足以認定是否為兇手,雖然現行法律還跟不上這層心思,也因此,宇相吹被警方冠上「不能犯」(Impossibility Defense)的稱號,他確實是兇手,但當前警方還掌握不了他犯罪的確實證據,既然沒法證明,他就不能算是罪犯。

  人類的愚蠢,在於執著。

  人生太多時候會碰到難以承受或理解的狀況了,如果只剩除掉那個眼中釘才能活得自在的方法,很多人可能都會選擇如此,只是,畢竟大家生活在一個有法有規的社會,別說法律了,就拿道德這一關來說,殺人得要付出極大代價也是很正常的認知,宇相吹知道這是一般人的枷鎖,於是他提供一個可以規避刑罰的方式,他能處理各種殺人委託,前提是殺意得要純粹。

  人活著就已經很痛苦了,想殺人還得殺意純粹?這是什麼歪理?

  人們生活在嚴謹的社會規範底下本來就不能犯罪,只是生活中就是會有讓人過不去的時刻,說起來,人真是相當負面的生物,惡念一旦產生就只會逐漸瀰漫擴大,當殺意愈來愈具體,就再也不能回過頭去不予理會,想用希望殺死惡意那樣童話般的心念根本是天方夜譚,不是每個人都有多田刑警那樣的正義心懷,也不是每個人都有不被自己潛意識控制的決心,哪怕以催眠術害人的傢伙恐怕只是憑著安慰劑效應而已。

  人吶、真的愚昧。

  人偏偏除了愚昧,還有更多足以殺死人的好奇心;以原著漫畫改編而來的「不能犯」在電影版上映前已經先有共五話的先遣劇,一至四話每集三十分鐘、第五話七分鐘左右,都是為了電影版而鋪陳的內容,雖然沒看前面五話不會影響電影版的觀影感,卻都跟電影版中的幾位角色有所互動牽連,以看慣日劇的人來說,「不能犯」的結構還是比較近似日劇,松坂桃李飾演的宇相吹正是個用眼神導引劇情的角色,劇情中的生生死死都逃不過他眼下,跟原著漫畫不同的多田與百百瀨,當然是為了增加看頭而來的改編,卻也讓澤尻英龍華走出當年羅曼死以後的新生。

  人不僅有好奇心,更喜歡在電影裡發掘眼睛一亮的畫面,由堀田茜飾演的護士竟成為我印象最深刻的畫面,說起來自己都覺得好笑,不過,只能用眼睛欣賞,應該也算是不能犯的罪或醉吧?

柳時雨
柳時雨さん / 2018年5月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

単純に面白い

原作未読で見ました。予告が面白そうだったのですごく期待してたけどちょっと裏切られた感。頭脳戦ものかなーとか思ってた。
松坂桃李くんがかっこよかったというか、かっこよかったですすごく妖麗w感想は中2臭いけどサスペンスホラー?みたいな感じでした〜家族で見たけど少し気まずいシーンありました、、、

最後のシーンのハラハラ感はよかったです。
あと主題歌はこの映画にぴったりだと思う!
映画館で見たときはおもしろかったけどその後原作読んだら全然違う設定がありすぎてちょっと衝撃、、比べるものじゃないけど私は原作の方がいいかな、、、

ねねこ
ねねこさん / 2018年5月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

145件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi