太陽の下で 真実の北朝鮮

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
太陽の下で 真実の北朝鮮
4%
34%
35%
23%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

北朝鮮政府によって演出された「庶民の日常生活」の裏側を暴き、当局による検閲を受ける前にフィルムを外部へ持ち出すなど、さまざまな危険を冒して完成したドキュメンタリー。模範労働者の両親とともに平壌で暮らす8才のジンミ一家を通し、ロシアの撮影スタッフが庶民の日常を切り取るドキュメンタリー撮影のはずが、北朝鮮側の監督のOKが出るまで一家は繰り返し演技を強いられた。高級な住まい、親の職業、クラスメイトとジンミの会話、そのすべてが理想の家族のイメージを作り上げるために北朝鮮政府が仕組んだシナリオだったのだ。スタッフは、「真実を暴く」ことに撮影の目的を切りかえ、カメラの録画スイッチを入れたまま、隠し撮りを敢行する。北朝鮮からの要請で、ロシア政府はモスクワ・ドキュメンタリー映画祭の会長を務めるビタリー・マンスキー監督への非難声明と上映禁止を発表。しかし、韓国、アメリカ、ドイツなど20都市以上で上映された。

2015年製作/110分/G/チェコ・ロシア・ドイツ・ラトビア・北朝鮮合作
原題:V paprscich slunce
配給:ハーク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5ドキュメンタリーを超えたフィクション装置

2017年2月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「アクション!」で演技が始まる。「カット」で終わる。だがその後のカメラを回しっぱなしにしておくといろんな映像が映りこんでしまうものだ。北朝鮮側としてはおそらく「イメージビデオ」的な位置付けで本作の製作を許可したのだろうが、しかしそれにしても、家庭内の家族団らんの食事シーンでいきなりフレームの外側から奇妙なおじさん(北朝鮮側の演出家)がふらりと入ってきたりするのだから、その異様さのインパクトは計り知れない。

事実に即した映像をドキュメンタリーと呼ぶならば、これらの「意図された虚構性」のもとに成立した映像を私たちはなんと呼ぶべきなのか。そうやって考えていると、いつしかこの映画、そしてこの国の国家像までもがまさに「劇映画」であり「フィクション」そのものであることに納得がいった。もっともこのフィクションは、カットがかかっても終わらない。そこに最大の怖さがあるわけだが。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら

1.5ウンザリしてくるね

2020年4月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

我々は報道を通じてそこそこ北朝鮮の裏側を知っている。金王朝の下、言論や行動の自由はなくすべてが嘘くさい、もとい、嘘以外がないということだ。
人民すべてが演技者であることを要求され、当局の演出家のイメージ通りにならないと何度もリテイク。これがダラーッと続くもんで観ていて飽きた。
いやはや、よくもこんな国が現在まで内乱も起きずに残っているもんだ。ドイツもベトナムも統一したのに、朝鮮半島は未だ化石である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さすまー

2.0空疎な劇場のドキュメンタリー

2018年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

「やらせ」の有様を描いた、ある意味では貴重なドキュメンタリーなのだが、それがかえって人々の素顔を教えてくれている。
しかし、最後の場面は考えさせられるものがあった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ブースカちゃん

3.5無事なんだろうか

さくこさん
2017年7月24日
iPhoneアプリから投稿

ドキュメンタリーの裏側をカメラで撮影していた

内容に関しては宣伝用の映像を伸ばしたような感じで
「まぁ北朝鮮だしなぁ」という見慣れた北朝鮮映像

ところどころ映る子どもたちの素の表情が可愛らしい

ひとつ心配なのは
北朝鮮にとっては都合の悪い舞台裏を写し続けたカメラに
何故気付かなかったのかと
主人公含め映っている人が処罰されなかったのかということ

無事でいて欲しいけど
あの国にいる限り無事じゃないよね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さくこ
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「太陽の下で 真実の北朝鮮」以外にこんな作品をCheck-inしています。