太陽の下で 真実の北朝鮮

劇場公開日

太陽の下で 真実の北朝鮮

解説

北朝鮮政府によって演出された「庶民の日常生活」の裏側を暴き、当局による検閲を受ける前にフィルムを外部へ持ち出すなど、さまざまな危険を冒して完成したドキュメンタリー。模範労働者の両親とともに平壌で暮らす8才のジンミ一家を通し、ロシアの撮影スタッフが庶民の日常を切り取るドキュメンタリー撮影のはずが、北朝鮮側の監督のOKが出るまで一家は繰り返し演技を強いられた。高級な住まい、親の職業、クラスメイトとジンミの会話、そのすべてが理想の家族のイメージを作り上げるために北朝鮮政府が仕組んだシナリオだったのだ。スタッフは、「真実を暴く」ことに撮影の目的を切りかえ、カメラの録画スイッチを入れたまま、隠し撮りを敢行する。北朝鮮からの要請で、ロシア政府はモスクワ・ドキュメンタリー映画祭の会長を務めるビタリー・マンスキー監督への非難声明と上映禁止を発表。しかし、韓国、アメリカ、ドイツなど20都市以上で上映された。

2015年製作/110分/G/チェコ・ロシア・ドイツ・ラトビア・北朝鮮合作
原題:V paprscich slunce
配給:ハーク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5ドキュメンタリーを超えたフィクション装置

2017年2月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「アクション!」で演技が始まる。「カット」で終わる。だがその後のカメラを回しっぱなしにしておくといろんな映像が映りこんでしまうものだ。北朝鮮側としてはおそらく「イメージビデオ」的な位置付けで本作の製作を許可したのだろうが、しかしそれにしても、家庭内の家族団らんの食事シーンでいきなりフレームの外側から奇妙なおじさん(北朝鮮側の演出家)がふらりと入ってきたりするのだから、その異様さのインパクトは計り知れない。

事実に即した映像をドキュメンタリーと呼ぶならば、これらの「意図された虚構性」のもとに成立した映像を私たちはなんと呼ぶべきなのか。そうやって考えていると、いつしかこの映画、そしてこの国の国家像までもがまさに「劇映画」であり「フィクション」そのものであることに納得がいった。もっともこのフィクションは、カットがかかっても終わらない。そこに最大の怖さがあるわけだが。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

3.0日本をこんな国にしてはならない。

マサシさん
2022年6月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサシ

2.0それでも太陽の下で?!

2021年10月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

単純

萌える

内容は、北朝鮮の中で作る映画内映画。終始寒そうな印象が強い。創作物が全て意図したエゴの産物であるように、音楽の情動性を高める様なヴァイオリンを使用していた事が映画の方向性を示唆しているのだなと感じた。国民全員がタレントでタレントである事がこの国でのサバイバルなのだ。戦中の日本も似た様なものだ。どちらが良いとは言えないが、最後の主役の子供の涙にはタレントに染まりきれない悔しさと情け無さが溢れ出した様に思えてならない。壁も白で雪が積もり氷が張る中太陽の下で温かさを感じれる日が来るのだろうか?!それでも挙手はウルトラマンっぽくて気に入った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コバヤシマル

4.0 一度行ってるので、シェルター用の長い地下鉄など懐かしい。  教室...

えみりさん
2021年8月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、VOD

 一度行ってるので、シェルター用の長い地下鉄など懐かしい。
 教室での挙手のしかたが可笑しい。学校はこんな教育だと、思考力、批判力は生まれないなー。
 子どもはキムチが嫌いなんだろうか。
 ピョンヤンだから、階層の高い人たちが住んでる。食事も豪華。
 地下鉄の駅とか結構お金かけて細部作ってる。確か、大理石とかよく取れるんだったか。
 映画は、主席ら好きだったし。巨大な映画スタジオに行った。
 リアリズムやドキュメンタリーという概念がない。メイキングの部分こそがドキュメンタリーなのだ。メイキングのときは、あの張り上げた声でもないし。
 通訳の人と話したことがあるけど、ウイットがあり、賢かった。
 パフォーマンスの日常のせいか。
 満面の笑みは作り笑いなのがわかる。
 勲章の数の多さが滑稽で、軍人の話は全くお馬鹿でしかない。寝かかっている少女を撮り続けるのは意地悪だが、あまりに演説が馬鹿馬鹿しいから、その気持ちはわかる。
 私は、共和国を悪く言う気持ちはない。アメリカに敵対している今の状況も理解する。それでも、主体性のない今のあり方は、私ならこの社会に住みたくないと思わせるものではあった。
 まだ戦時体制で軍事国家であることが言説からわかる。
 私もジンミみたいな優秀な子で、いろいろな役割をさせられたから思い出す。
 この映像は結局、共和国ではどういう扱いになっているのか気になる。
 何でジンミちゃん、最後、泣いてるん? 質問したからか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
えみり
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「太陽の下で 真実の北朝鮮」以外にこんな作品をCheck-inしています。