ブラック・ファイル 野心の代償

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ブラック・ファイル 野心の代償
4%
21%
53%
15%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アル・パチーノ、アンソニー・ホプキンスが初共演を果たし、「トランスフォーマー」シリーズのジョシュ・デュアメルが主人公の若手弁護士を演じるサスペンス作品。チャールズ・エイブラムス率いる弁護団は、全米に君臨する巨大製薬会社の薬害問題を追っていたが、その決定的な証拠をつかめずにいた。そんな中、野心家の弁護士ベン・ケイヒルは、美女エミリーとの出会いにより、機密の臨床ファイルの入手に成功する。しかし、そのことをきっかけに、ケイヒルの人生は、人々のさまざまな欲望が絡みあった、予想もつかない事態の数々へと巻き込まれていく。主人公ケイヒル役をデュアメル、ケイヒルが勤める弁護士事務所の代表チャールズ・エイブラムス役をパチーノ、巨大製薬会社の会長アーサー・デニング役をホプキンスがそれぞれ演じるほか、主人公ケイヒルを執拗に追う謎の殺し屋役でイ・ビョンホンが出演。監督は本作がデビュー作となるシンタロウ・シモサワ。

2016年製作/106分/G/アメリカ
原題:Misconduct
配給:松竹メディア事業部

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • デッド or キル
  • シャドウ・チェイサー
  • フィアー・インク
  • デザート・ストーム
  • デッド・ハンティング
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • ザ・ブラック・ベア
  • ヒューマン・レース
  • スペイン一家監禁事件
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2015 MIKE AND MARTY PRODUCTIONS LLC.ALL Rights Reserved.

映画レビュー

3.0主人公はさておき、二大俳優の”一瞬の”共演に注目

2017年1月30日
PCから投稿

目を見張るほどの豪華俳優がタペストリーを織りなしていく面白さはある。冒頭、とある誘拐事件の勃発が描かれるも、そのプロローグを開けると全く別人物の目線による物語が展開していくのも意外性があった。それがきちんと機能しているかどうかはさておき、時間を少しずつズラしながらその裏側で何が起こっているのかを焦らすように明らかにしていく作話法は脚本としては魅力的だ。しかし各々のピースがきちんとハマるかと思いきや、少しずつ甘さが目立ち始め、おそらく裏側で主人公と同じくらいエピソードを抱えているはずのイ・ビョンホンのキャラも活かされない。ホプキンスはシェークスピアを意識するかのような演技が続き、パチーノはまるで歌舞伎の見得を張りっぱなしの状態が続くので、その二大山脈を切り崩すのに主人公がジョシュ・デュアメルだとあまりに荷が重すぎたか。いろんなところにツッコミを入れたくなる。これらの綻びも含めて、心に余裕を持って臨めば意外と楽しめはするのだが。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ぐうたら

2.5元カノから製薬会社の機密情報を手に入れ名をあげようとする主人公。弁...

2019年10月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

元カノから製薬会社の機密情報を手に入れ名をあげようとする主人公。弁護士にしては考えが浅すぎやしないかな。と思ってしまった。やり手CEO×弁護士という構図からしてもう少し頭脳戦の展開を予想したけど、どっちかというと怨念とか痴情のもつれという言葉が似合うストーリー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お手紙食べるほうのヤギ

3.0推測すると、奥が深くなる

ケイトさん
2019年10月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

悲しい

怖い

難しい

途中で、誰にはめられたかわかるけど、推測しながら見られて面白かった。あと、イ・ビョンホンの役を、推測すると、奥が深いかも。死期が迫っているイ・ビョンホンの役柄が、主人公の奥さんのしたことも含め、自分が罪を被って死んでいった感あり。
有名すぎる二人が出ているせいで、主人公の存在感は薄め。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ケイト

1.5パチーノを使うなッ!?

2018年5月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

寝られる

どんでん返しに次ぐどんでん返しでラストのオチは大どんでん返し!?

パチーノは三度目の弁護士役に脇で収まるかと思いきやバン!って。

セリフでの説明描写がゲンナリするし伏線の回収も御都合主義的で主人公が逃げてからの展開が雑でしょう。

あっ!どんでん返しでは無いか!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全31件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ブラック・ファイル 野心の代償」以外にこんな作品をCheck-inしています。