人生フルーツ

劇場公開日

人生フルーツ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ニュータウンの一角にある平屋で暮らす建築家夫婦を追ったドキュメンタリー。さまざまな社会問題を取り上げたドキュメンタリー作品を世に送り出している東海テレビによる劇場公開ドキュメンタリーの第10弾。自身が設計を任された名古屋近郊のベッドタウン、高蔵寺ニュータウンに夫婦で50年間暮らす90歳の夫・修一さんと、敷地内の雑木林で育てた野菜や果物で得意の料理を手がける87歳の妻・英子さんの津端夫婦。敗戦から高度成長期を経て、現在に至るまでの津端夫婦の生活から、日本人があきらめてしまった、本当の豊かさを見つめなおす。ナレーションを樹木希林が担当。2016年3月に放送され、第42回放送文化基金賞番組部門最優秀賞受賞したドキュメンタリー番組を劇場版として再編集した。

2016年製作/91分/G/日本
配給:東海テレビ放送

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
プロデューサー
阿武野勝彦
撮影
村田敦崇
音声
伊藤紀明
オーサリング
山口幹生
TK
須田麻記子
音響効果
久保田吉根
編集
奥田繁
音楽
村井秀清
音楽プロデューサー
岡田こずえ
ナレーション
樹木希林
全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)東海テレビ放送

映画レビュー

3.5老いるほど豊かに実る生き方。“団地映画”の要素も

AuVisさん
2016年12月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

幸せ

団地の一角、雑木林と菜園に囲まれた平屋。一見ちぐはぐな取り合わせのように思えるが、この配置には深い意味と歴史がある。

平屋の家主は、ここ名古屋近郊のニュータウンの計画に関わった建築家と、その妻。NT開発では理想がかなわず失われてしまった「里山のある暮らし」を取り戻そうと、建築家は土地を買い家を建てた。妻は多種多様な野菜と果物を手塩にかけて育て(作業は夫も本格的に手伝う)、手間を惜しまず丁寧に料理を作る。

90歳と87歳。老夫婦の素朴な人柄と、お互いを気づかいほぼ自給自足の生活を楽しむ姿が、ほほえましくうらやましい。さらに、自分の老後を思わずにいられない。こんなに豊かで実りある暮らしが果たしてできるのか、と。

昨年は「桜の樹の下」という、団地の独居老人たちを追った傑作ドキュメンタリーがあった。本作も、少し変わった切り口の団地映画として、滋味豊かな気づきと学びをもたらしてくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
AuVis

3.5現代版おとぎ話

ミカさん
2019年6月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幸せ

このご夫婦の暮らしと人柄を観ていると、おとぎ話を観ている感覚に陥ってしまいました。昔からずっと続いてきた当たり前の生活、自然に合わせて手作りをする、感謝する、人との繋がりを大切にする、そんな事ですらおとぎ話に見えてしまうほど大切なことから私自身離れてしまったのかとショックを受けてしまいました。

大切なことはそう多くはない。荷物を持ちすぎて疲れてしまった日本人へのメッセージの様にとれました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

5.0 【ある老夫婦の豊饒な日常を描いたドキュメンタリーの傑作】

NOBUさん
2019年5月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

幸せ

 設計士として名古屋近郊の高蔵寺ニュータウンの設計の中心だった方が、そのニュータウンの中に建てた自宅をベースに夫婦で5割程度(観た感じである)自給自足で暮らす姿を捉えたドキュメンタリー。

 自らが構想した理想通りにニュータウンは出来ず、ある信念の下その街に自宅を構えた夫婦の豊饒な日常を描いている。

 それにしても、東海テレビのドキュメンタリーのレベルの高さは知っていた積りだが、どうすればあのような崇高な画を撮ることを許されたのか。

 脱帽である。

 近年のドキュメンタリー作品の中では、特筆に値する傑作。

<2017年2月18日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

2.5つっぱることが人生の勲章

2019年2月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

幸せ

 名古屋郊外の高蔵寺ニュータウンのことは、学校の地図帳や資料集に載っていたことを記憶している。そのニュータウンのグランドデザインに携わり、自らもその町に住み続けている建築家とその奥様の姿を追うドキュメンタリーである。
 建築家が当初思い描いたコンセプトとはかけ離れた姿になって出来上がったニュータウンに彼はなぜ住み続けるのか。そこにあるのは社会への強い抵抗と拒絶である。
 映画は表面上、ご夫婦のロハスな生活が映し出される。もちろん、彼らは「ロハス」を求めているわけでも「スローライフ」を楽しんでいるわけでもない。他の選択肢などあり得ない強い決意がそこにはあるのだ。
 建築家は若い頃、高座海軍工廠で台湾から来た少年工たちと働いていた過去がある。たまたまこの正月、台湾の小説「自転車泥棒」を読み少年工の話を知る機会があったので、歴史的な視点から彼の人生を見つめることができた。
 また、仲の良かった少年工の消息が分かり、墓参りをするところは、台湾映画「スーパーシチズン 超級大国民」の主人公の姿と重ねずにはいられない。
 戦争や都市計画で裏切られ続けてきたこの建築家とその奥様の生き方を、安易に賞賛したり憧れることを、我々は慎まねばならない。
 光と風が通らない町で子供を育て、添加物が大量に入った食品を家族に食べさせている者に対する、強烈なプロテストが彼らの生き方なのだ。
 大量に物質と自然を消費することで保障される便利な生活に背を向け、長い時間と手間をかけて自然を育てるご夫婦の人生を観て、居心地の悪さを感じないとしたら、自らの姿が見えてなさすぎるのだ。あの家にTVなどなかったことに気付いているだろうか。下らないメディアに費やす時間など彼らにはないのだ。
 映画を観ている間ずっと、親に小言を言われているような気持ちだった。
 ご夫妻の人生の覚悟の強さに、なんとか少しでも近づいていきたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よしただ
すべての映画レビューを見る(全64件)