榎田貿易堂

劇場公開日

  • 予告編を見る
榎田貿易堂
14%
38%
17%
6%
25%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

群馬県渋川市出身の渋川清彦と飯塚健監督がタッグを組み、同市を舞台に人生を再出発させようとする人びとを描いたヒューマンコメディ。高校卒業後、上京しても成果を得られず39歳で故郷の群馬県渋川市に戻ってきた榎田洋二郎は、「なんとなく勘で」リサイクルショップ・榎田貿易堂をオープンさせた。「扱う品はゴミ以外。何でも来い」が信条のこの店には、アルバイトの千秋、清春、顔なじみの常連客ヨーコ、丈と、ひとクセある人びとが集い、それぞれが小さな秘密を抱えつつ穏やかな毎日を過ごしていた。ある夏の日、店の看板の一部が突然落下する。その状況に呆然としながら「何か、凄い事が、起きる予兆」とつぶやいた洋二郎の言葉通り、その日を境に彼らが抱える悩みや問題が少しずつ動き出した。「お盆の弟」「下衆の愛」の渋川が主人公の洋二郎を演じるほか、伊藤沙莉、森岡龍、余貴美子、滝藤賢一、片岡礼子、根岸季衣らが出演。

2017年製作/110分/R15+/日本
配給:アルゴ・ピクチャーズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2017 映画「榎田貿易堂」製作委員会

映画レビュー

3.0地方のゆる〜い映画

2020年5月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

渋川出身の渋川清彦を主演にして渋川出身の飯塚健監督が渋川を舞台に撮ったゆるい作品です。しかも二人出身高校も渋川高校です。総合プロデューサーの狩野善則は隣の前橋市出身。早い話群馬の映画です。
まあ地域密着道楽作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トシくん

3.5あまり詳しくは語れないケッサクな話

2018年12月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

大らかに性を語り過ぎだよ珍宝館。マイナー上等な潔さが最高。意識していなかったけど、飯塚作品、結構見てた。開けっぴろげな性描写へのスタンスのルーツが珍宝館だったとは!冗談です。

伊藤沙莉の「アクはあるのに何をやってもハマる演技」だけで乗り切れる前半。いや、伊藤沙莉良いです。でもタバコは吸えないんでしょうね。全然吸い込んでないところが、逆に微笑ましかった。珍宝館での顛末もフフフフフでね。

物語は「このままではいけない」と思いつつも何をすれば良いのか分からず、榎田貿易堂でヌルい生活を送っていた人達が、少しずつ前に向かって歩き出す話。

なんて事無い話なんですが妙にハマる。メインキャスト5人の魅力。オトナのコメディ。脱力して楽しめる小さい設定。小気味よいセリフの応酬。ナイスな佳作でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
bloodtrail

4.0人生にリハーサルはないんだよ

栗太郎さん
2018年9月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

軽妙なセリフのやりとりが続き、飄々とした榎田(渋川清彦)が巻き起こすコメディものかと思いきや、なんともソフトタッチな人情話だった。いい歳した大人が何人も集まってぐうたらに日銭を稼いでいるように見えて、あんがいと核心をつく金言をぽろっぽろっとこぼす。もしかしたら言ってる本人はその言葉の深さに気付かずにつぶやいているだけなのかも知れないような軽さで。考えようによっては、この店「榎田貿易堂」は、ちょっと人生につまずいている大人にとってのリハビリ施設の役割も担っているんだろうな。もちろん、榎田も集まってくる仲間もそんなことなんて考えてもいやしないが。

役者は、みんないい。渋川や滝藤はいつもの味を出しているし、森岡も伊藤も若いくせに安定感抜群の渋み。大作とはいえないけど、このクオリティの映画は邦画市場に欠かせないもの。いい仕事をした映画だと感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
栗太郎

3.5一見退屈でフラットな笑いの生活中にふと今の自分を見返してこのままで...

uzumotiさん
2018年9月2日
iPhoneアプリから投稿

一見退屈でフラットな笑いの生活中にふと今の自分を見返してこのままでいいのかな?と思う所がリアルでした。渋川さんの飄々としていて掴めない榎田が素敵。
ただ下ネタが多すぎちゃん!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
uzumoti
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る