渋川清彦&飯塚健監督の“同郷タッグ”で送る「榎田貿易堂」予告編が完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月19日 > 渋川清彦&飯塚健監督の“同郷タッグ”で送る「榎田貿易堂」予告編が完成
メニュー

渋川清彦&飯塚健監督の“同郷タッグ”で送る「榎田貿易堂」予告編が完成

2018年4月19日 12:00

「榎田貿易堂」予告編が完成「榎田貿易堂」

「榎田貿易堂」予告編が完成
(C)2017 映画「榎田貿易堂」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 群馬県渋川市を舞台に、同市出身の渋川清彦が主演、飯塚健監督がメガホンをとった「榎田貿易堂」の予告編が完成した。

高校卒業後上京するものの成果を得られず39歳で帰郷し、なんとなくリサイクルショップ「榎田貿易堂」を開業したバツ2の主人公・榎田洋二郎(渋川)と、周囲に集まるアルバイトの千秋伊藤沙莉)、清春森岡龍)、顔なじみの常連客ヨーコ(余貴美子)や丈(滝藤賢一)といった、ひとクセある人々が織り成す日々を描いたヒューマンドラマ。「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」「大人ドロップ」などで知られる飯塚監督が故郷の魅力を映画で伝えたいと手がけ、同郷の渋川を主演に、渋川市の協力を得て市街地や伊香保温泉などで撮影した。

予告編は、千秋が電話を取り「はい、榎田貿易堂です」と応答するシーンから始まる。「扱う品はゴミ以外。何でも来いが信条さ」とタバコを吸う榎田の飄々(ひょうひょう)とした表情や、清春や丈も交えてジャンケンで盛り上がるシーン、リズミカルにベルを叩く千秋や、ヨーコが嗚咽をもらすシーンなど、ユーモラスなシーンが満載。また、笑いだけでなく、登場人物それぞれの心に秘めた葛藤が垣間見える場面も盛り込まれている。

榎田貿易堂」は6月9日から、東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi