CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第2章

劇場公開日

CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第2章
6%
29%
49%
10%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

石ノ森章太郎の未完の名作「サイボーグ009」をフル3DCGアニメーションで新たに描く「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」全3章の第2章。人類の歴史を陰から操る異能者たち「ブレスト」が再び動き出したことにより、009こと島村ジョーをはじめとした9人のサイボーグ戦士たちが、新たな戦いに身を投じていく姿を描く完全オリジナルストーリーが展開。「攻殻機動隊 S.A.C.」「東のエデン」などで人気を博し、2012年に劇場アニメ「009 RE:CYBORG」を手がけた神山健治が総監督。「東のエデン」「009 RE:CYBORG」で演出、「蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ」で助監督などを務めてきた柿本広大が初監督を務める。

2016年製作/92分/G/日本
配給:東宝映像事業部

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

総監督
監督
柿本広大
原作
石ノ森章太郎
脚本
神山健治
檜垣亮
砂山蔵澄
土城温美
製作
石森プロ
Production I.G
企画
石川光久
根林芳充
プロデューサー
森下勝司
早川昴志
櫻井圭記
アニメーションプロデューサー
小林雅士
キャラクターデザイン
齋藤将嗣
メカニックデザイン
田嶋秀樹
神宮司訓之
竹内敦志
プロップデザイン
伊津野妙子
コンセプトアート
白石誠
CGスーパーバイザー
三上康博
CGディレクター
鈴木健介
西口智哉
キャラクターモデリングスーパーバイザー
宮嶋克佳
セット・プロップモデリングスーパーバイザー
小高忠男
エフェクトスーパーバイザー
吉澤大志
ライティング&コンポジットスーパーバイザー
唐澤収
モーショングラフィックスーパーバイザー
関根聡一郎
編集
三浦亜矢子
音響監督
岩浪美和
音楽
池頼広
主題歌
MONKEY MAJIK
アニメーション制作
シグナル・エムディ
OLM Digital
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2016「CYBORG009」製作委員会

映画レビュー

4.5やはり、誰がために戦う!

2017年8月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

サイボーグ009は、ヒーローの原点!やはり、かっこいい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
青い閃光

2.0感想

xexossさん
2016年12月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

萌える

知的

話の展開が軽い感じがします。共同戦線を取るところとか。話の先の展開も読めました。CG、音響、などは無難な感じがしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
xexoss

2.0CGが・・・ね

2016年12月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

第1章は退屈でしたが、第2章は少し楽しめました。
ちょっと悲しくなるCGにも慣れました。
作画は良いと思うので、やはりCGがネックかな。
第3章で巻き返すことを期待しましょう!と言っても、同時期の制作だから、期待出来ないかな・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はるっち

3.0動き出した陰謀。加速し始める戦いの行方。

2016年12月11日
PCから投稿

怖い

興奮

知的

【賛否両論チェック】
賛:おたずね者にされてしまったサイボーグ達が、最強の敵を相手に、どう対峙するきっかけを掴もうとするのか、その行方にハラハラさせられる。〝自らの存在意義”という普遍的な問いも印象的。
否:前作の知識はあった方がイイ。展開の割りにやや緊迫感が欠ける演出が気になるか。

 一応冒頭で、第1章のあらすじは解説してくれますが、やはり予め観ておいた方が良さそうではあります。世界を裏で牛耳る異能者“ブレスド”によって、おたずね者にされてしまったサイボーグ達が、いかにブレスドと対峙しようとするのか、注目です。
 また同時に、自分達の存在意義が霞んでしまった009が、
「自分が本当は何を望んでいるのか?」
という問いに自問自答し、苦しみぬいた末に答えを見出していく姿も印象的です。
 ただフルCGのせいか、内容や展開は非常に危機迫っているはずなのに、やや緊迫感が伝わってこない感もあって、少し気になるところではあります。
 良くも悪くも、完全に前作からの鑑賞者向けの作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画コーディネーター・門倉カド
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「サイボーグ009」シリーズ関連作品