劇場公開日 2017年2月4日

  • 予告編を見る

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男のレビュー・感想・評価

3.319
8%
47%
42%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全19件を表示

3.5監督と俳優たちの執念が伝わってくる

2017年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

『ハンガーゲーム』第1作を成功に導いたゲイリー・ロス監督は、当然ながら続編を手がける資格も備えていたはずだが、当時の彼は「他のプロジェクトがある」としてあっさり退いた。今考えると「最優先したかったもの」がこの映画だったことがわかる。アメリカでもそれほど知られていない「ニュートン・ナイト」という人物を、自力で掘り起こすような覚悟で描き出した本作。その執念に、マシュー・マコノヒーの体現する“生き様”が重なり合うことで、一つの知られざるアメリカ史が完成するに至った。そこには底辺に這いつくばりながら人々が手を握り合い一つ一つの権利を訴え続けてきた姿が刻印されている。最初は戦場からの逃げ馬のように見えたマコノヒーが、徐々に自らの譲れない思い、どうしようもできない衝動に駆られ、人々を率い始めるその姿。南北戦争の裏側にあったもう一つの戦場、もう一つの戦いーーー。現代アメリカにもつながる歴史を多角的に理解する上で極めて重要な作品と言えよう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら

3.5“金持ちの戦争を貧乏人が戦う”

2019年7月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

“金持ちの戦争を貧乏人が戦う”

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kaoruudagawa

3.0自由を手にすることを決して諦めない男達の勇ましい物語

2018年8月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

実話の話です。
南北戦争の終わり、奴隷制度、人種差別。
最初の始まりはグロく、リアルな描写でした。
前文の事柄をなくし、自由を求めるために仲間を増やし、奪われながらも戦う。
重く、悔しく、勢力を感じる話でした。
今更ながら、白人による黒人の差別はいつから始まったのか、何故そんな優劣がつけられてしまったのか…疑問に思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
☆ユウ☆

3.5丁寧な作品

eigaさん
2018年3月7日
iPhoneアプリから投稿

断片的にしか黒人の迫害の歴史を知らない日本人にとってわかりやすく理解出来る映画。
一見の価値はあるかと。
淡々としていて、ドンパチ戦争物を観たい方にはあまりオススメ出来ません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
eiga

3.5人種差別の歴史

素子さん
2018年3月2日
iPhoneアプリから投稿

ストーリーは淡々としていて、わかりやすい。黒人差別の歴史がよくわかる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

4.0タイトルなし

lilyroseさん
2018年2月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

南北戦争時代の歴史実話
実在の白人男性ニュートン・ナイトの生涯と闘いを描いたもの
奴隷制度、人種差別、格差
先日観た🎥『ラビング』にも通じるところもあり
未だ根強く解決されていないアメリカの社会問題
見終わってからも考えさせられる映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lilyrose

4.0南北戦争

2018年2月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

南北戦争の南軍は、奴隷制を守るため大地主たちが引き起こした戦争だった。
南軍の兵士は貧しい人たちが多く、将校に反発していた。
そこで脱走兵をまとめ上げたのがニュートン・ナイト(マシュー・マコノヒー)。
北軍の勝利で終わった戦争のその後も丁寧に描かれ、アメリカの抱える矛盾がよくわかる。
それにしても白人による黒人差別の執念深さは理解出ない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.5南北戦争からレコンストラクション、実在の人物

2018年2月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

知的

戦争による人体破壊描写がオープニングに
その後犬を殺し犬を丸焼きにし豚の丸焼きも
縛り首の残酷な映像もあるためPG指定
搾取からの解放に黒人も白人もない、ということで北軍の話かと思いきやミシシッピ州の南軍の話だった。
マシューマコノヒーの魅力爆発
民主党と共和党の感じが今と真逆なのが驚き
KKKの勃興も描写されている

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

4.5ずっと記憶に刻まれる映画

そんぼさん
2017年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

知的

マシュー・マコノヒーは、「インターステラー」で有名かもしれない。
個人的には「ダラス・バイヤーズクラブ」のほうが印象的で好感をもっている。
それ以上に、この映画は印象深く、心に残る。
彼に祝福あれ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
そんぼ

3.5普通に実話

2017年4月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

実話ドラマなんだが、いい出来栄えから淡々と見れた。何か展開がハッキリし過ぎな感じ。もーちょっと生活感というかが、しっくりくるところあっても?ま、あくまでもあの頃は計り知れないか?じっくりと見れて良かった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
たかナナ

当たり前を作る為に

2017年4月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

自由のために農民と黒人をまとめて立ち上がった男の話

リンカーンよりも早く自由と平等を実践し、黒人と共に戦った英雄をマシュー・マコノヒーが熱演した本作。

我らがマコ兄(マシュー)のギラギラな目つきやカリスマ性が存分に発揮された作品でした。
助演のマハーシャラ・アリもオスカー受賞者なだけあっていい存在感でした。

歴史の勉強にもなったし、人間は根底の所で繋がっていて人種なんて関係ないのだなと考えさせられた。

南軍の非道さやKKK、戦後の政府の対応など、混沌の時代を常に戦って強く生きた男の姿はかっこいい。

ヒロインのググ・バサ・ロー(初めて見た)も美人でだ。
健気で優しいだけでなく、奴隷主に反抗するなど強い意志の有る姿が素晴らしかった。

黒人の自由と平等のために戦った組織のリーダーが白人なので、結局「白人が一番偉いんだ」的なメッセージ映画になってしまうのではないかと懸念したが、あまり白人白人していなかったし、アメリカの非道な行いもある程度逃げずに表現していたので好感がもてた。

この作品を見る前に「未来を花束にして」を見てしまっていたので、南北戦争時に奴隷解放とか自由平等を掲げて戦ったものの、女性に対する権利はまた別だったんだよな思った。
男たちは命がけで戦ったが、その自由には女性の権利は含まれてなかったと思うと、ちょっと複雑な気持ちがする。

エンドテロップに入る時にニュートン・ナイト本人の写真が出てくるが、なんとも強い目をした人だなと思ったと同時に幾多の修羅場を超えた狂気の目だと感じたのは自分だけだろうか。ちょっと怖かった。

冒頭の戦場のシーンも大迫力とゴア描写で戦争の悲惨さを強く訴えているし全体的にメッセージ性の強い作品だ。
アメリカにこんな人物がいたと知れたので勉強になった作品。
万人に勧めるような作品ではないが、知識として見ておいてもいいかも知れない。

劇中セリフより

「神の子は物じゃない」

「神の名において皆、平等」であるらしい。
神の名におかなくても平等だと思うけれど、いつの世も不満を糧に戦う者が歴史を作ってきたのだろうなと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フリント

4.0ミシシッピーは

cocky6974さん
2017年2月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ミシシッピーは変われないのね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cocky6974

3.5ニュートン・ナイトが勇ましい

KBさん
2017年2月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

命をかけて自由を追い求める、ニュートン・ナイトの姿に勇ましさを覚えます。
鉄、土埃、血生臭さ、様々なにおいが嗅覚を刺激しそうなリアルさが印象的な作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KB

2.0歴史の教科書を読む感覚

2017年2月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

単純

寝られる

一昔前のオスカー狙ってます的な古臭い映画の撮り方で至って淡々と話は進み歴史的な説明は役者の演技や物語で説明せずに基本的には文字での演出法。

主人公の葛藤や苦悩などは感じないしハラハラする場面展開も無く気付いたら黒人側に立つ白人の物語に落ち着いている。

史実を忠実に描いているのだろうが見せ場などは一切皆無で戦場でのシーンも少なくて退屈になる。

M・マコノヒーの対比で裁判のシーンが出てくるけれど知らない俳優過ぎてチョット名のある俳優さんを起用してくれないと。

ニュートン・ナイトを知れたのは良かったし勉強にもなったが物語に演出描写と起伏が足りない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

3.0自由のために立ち上がった勇姿。淡々と語られる奴隷解放の現実。

2017年2月8日
PCから投稿

悲しい

難しい

寝られる

【賛否両論チェック】
賛:脱走兵となり、同じように迫害される者達のために立ち上がる主人公の姿が、雄々しくて圧倒される。解放宣言だけではなくならない、奴隷差別の実態も浮き彫りになる。
否:ストーリーそのものは、自伝のように淡々と進むので、興味がないと眠くなりそう。損壊した遺体のシーン等、グロいシーンが結構あるので、苦手な人には向かないかも。

 南北戦争最中の南軍から脱走し、追われる身となった主人公が、同じように虐げられていた黒人奴隷達や、搾取され続けていた農民達と力を合わせ、自らの自由のために反旗を翻す姿に、痛々しさ以上の雄々しさを感じさせてくれます。こんな人物が歴史の中に埋もれさせられていたことに、驚かされます。
 同時に、理不尽に人間の本質を奪うだけの戦争の虚しさや、解放宣言だけでは変わらなかった黒人差別の実態等も赤裸々に描かれ、世界が変わることの難しさを改めて痛感させられます。
「金持ちの戦争を、貧乏人が戦う。」
というニュートンの言葉や、彼の子孫の辿る運命の端々に、それが滲み出ているようです。
 展開そのものは、まるで自伝をなぞるようにかなり淡々と進むので、思わず眠くなってしまうかも知れませんが、忘れてはいけない人々の戦いの記憶を、是非ご覧になってみて下さい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画コーディネーター・門倉カド

3.0アメリカがどんな国かがわかる作品

しゅんさん
2017年2月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

「建国以来、移民に開かれてきた国」、「自由と公正、正義を普遍的価値として認める国」。
トランプ大統領を非難する際に掲げられるこれらの言葉が、いかに歴史的事実と解離しているかを再認識させてくれる作品。
トランプが異端なのではなくて、差別と排除、暴力はアメリカの「業」のようなもので、ある意味、トランプは「よみがえり」なんだよね。

そんなグロテスクな事実をリアルに見せつけるこの作品を観て、アメリカのWASP達は、どんな風に感じるんだろう?
それが、観賞後の率直な疑問でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しゅん

2.5史実

Bacchusさん
2017年2月5日
フィーチャーフォンから投稿

悲しい

興奮

知らなかった史実。
人種差別問題の根深さ、くだらなさを思い知らされる。

南北戦争の時代にあった紛れもない戦いのひとつで、史実であるから仕方ないけれど、大きな起伏がある物語ではないし、少し長くて冗長気味なのは残念。

息子の裁判の様子が差し込まれ、南北戦争の時代だけで終わらせてなかったのは良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bacchus

4.0こんな歴史があったなんて!

2017年2月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

人種差別が激しい時代に、リンカーンより早く、かつ根源的なところで立ち上がったグループがいたという歴史は知らなかった。
今も白人キリスト者優越を信じている差別意識が根深い(ように見える)アメリカ。今一度考えて欲しいテーマだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こばりん

3.0全体的に暗い

2017年1月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

暗い実話をもとにしているため、雰囲気はかなり暗い
闘いに勝った時の音楽とかも決して嬉しい感じではない。
でも、暗いのは実話を忠実に再現しているわけだから好感がもてる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョーカー
「ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男」の作品トップへ